CONTENTS

オーダーシャツ未経験のあなたへ|FABRIC TOKYOが魅力を解説

今まで既製品のシャツを着用してサイズ感が合わなかった事や、自分の好きなデザインになかなか出会わない。そういったご経験ってありませんか?

ただ、いざオーダーシャツを作ろうとしてもどこのブランドで作ったらいいかわからないと悩まれている方も多いと思います。

そこで今回は、初めてオーダーシャツを作る皆さんもわかりやすいようにオーダーシャツのメリット、生地の印象の違いを紹介したいと思います。

オーダーシャツってどんなメリットがあるの?

体型に合わせて適正なフィット感を得られる

あなたは、今着用しているシャツに満足していますか?

胸周りが大きくて体が大きく見えてたり袖丈が長くてスーツの袖からシャツが大きくはみ出てしまう経験はありませんか?

このようなご経験がある方はオーダーシャツによって悩みが解消されるかもしれません。

FABRIC TOKYOのオーダーシャツはややゆったり目のスタンダートサイズとすっきり見せたいスリムサイズの2種類からからお好みで決めることができます。

2種類から選べるので、見た目も着心地もその人の体型にあわせた一着をご提案できます。

種類が豊富にあるカスタマイズについて

色柄は満足していても襟の形やカフスの形が気になることがありますよね。

このような場合もオーダーシャツではお好きなデザインを自分で選んでカスタマイズする事が可能です。

襟の形は全部で9種類、ボタンダウ ンやホリゾンタルなど人気のある襟の形もあります。

カフスの形も6種類あり、その他にも、胸ポケット、ネーム刺繍、ボタンの変更、前立ての変更など様々なカスタマイズがあり、着用シーンによって変更する事が出来ます。

オーダーシャツは細かなところまで自分の好みに近づけられるので、特別感のある1着になります。


FABRIC TOKYOスタッフが紹介するオススメ生地紹介

6 (5)

アイロンがけ不要のイージーケア

NON IRON CP 8,000円(税込)〜

コットンとポリエステルの混紡素材で、アイロンなしでもシワがほとんど目立ちません。 オーダーならではのフィット感とお手入れのしやすさを両方お求めの方にオススメです。 高い機能性とお求め安さからビジネスマンからの支持No1の生地となっています。

7 (5)  

肌触りがよく、着心地がいい綿100%シャツ

BASIC 10,000円(税込)〜

綿100%なので独特のしなやかさがあり、着心地がとても良い素材です。 アイロンがけが必要なのでご自身でアイロンをかけていただくか、クリーニング店の利用を推奨します。

8 (4)

お手入れのしやすさと、肌触りの良さを兼ね合わせた綿100%シャツ

EASY CARE 12,000円(税込)〜

美しい光沢と滑らかな肌触りが特徴です。 形態安定加工を施し、アイロンがけが非常に楽です。ビジネスの場面でも、フォーマルシーンでも兼用したい方におすすめです。


FABRIC TOKYOをご利用いただいた感想を紹介

・丁寧に説明していただき、対応もとても良かった。 なかなか自分に合うサイズのシャツがなかったので、こう言った形でオーダーメイドで作成していただくのはありがたい。インターネットで注文もでき、非常に便利。今度スーツも作成を検討。

・生地の種類も多く、特徴や柄も様々で、店員さんも丁寧に説明してくれました。サンプル生地もネットから頼め、長く着れる一着を今度作ってみようと思いました。

・ゆったり採寸してもらい、選べるので良いが、実物がないのでカラーを見れないのが不満

FABRIC TOKYO Google Map口コミより

スタッフに対するの感想

・初めて来店しましたが、スタッフの方も非常に親切で、採寸も納得できるものでした。 先ずは、実際の店舗に足を運んで体験していただきたいです。これからお世話になります。

・接客がとても丁寧だった。トレーニングをしており人と体型が違ったがそれでも最適なサイズを一緒に探して下さった。店舗で無理に買わせるような事もなく好印象であった。

ブランドのサービスとしても他社のセミオーダーより自分の体にフィットするジャケットスーツを購入出来るためオススメ。

・おそらく新人のスタッフさんだったかと思うのですが、丁寧に採寸していただきました。 ただ、他にも先輩スタッフが2名ほどいましたが、あまり気にかける様子もなかったのでそこが少し気になりました。


まとめ

この記事を読む前と読んだ後でオーダーシャツをより身近に感じる事が出来たのではないでしょうか。

オーダーシャツを着用して印象を今以上に良く見せていきませんか?気になった方は是非お近くのFABRIC TOKYOの店舗にお越し下さい。

text by 北川大介(事業推進グループ コーディネーター)