【シーン別】もう迷わない!スーツのおしゃれな着こなしとコーディネートを紹介

この記事は約10分で読めます
目次

誠実な印象を与えたい商談や会議。かたやオフィス内ではカジュアルにコーデするなど、シーンに合わせたスーツの着こなしはビジネスパーソンにとって重要です。

また、結婚式や二次会、パーティー、デートなど、特別な日のスーツスタイルもおしゃれに着こなしたいですよね。

今回はシーン別のスーツのおしゃれな着こなし方と実際のコーディネート例をご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

1.【ビジネスシーン】スーツの着こなし方

ビジネスにはさまざまなシーンがあります。なかでも商談や会議では、スーツの着こなし次第で相手に与える印象を左右することもありますので、慎重に選ぶ必要があります。

まずは、商談や会議などにも通用するスーツとシャツの着こなし方、おすすめコーディネートを紹介します。

1-1.スーツカラーはダーク系を選ぶ

商談や会議では、清潔感や好印象を与えるダークカラーのスーツを選びましょう。たとえば、知的で爽やかな「ダークネイビー」や上品で優しい印象の「チャコールグレー」がおすすめです。

dressing01

dressing02

また、シャープな印象の黒のスーツは、どのようなシーンにも適しているので一着は用意しておくと便利ですよ。

dressing03

スーツの柄は、定番のソリッド(無地)や個性を主張しすぎないピンストライプ、シャドーストライプなどがおすすめです。

dressing04

(左)シャドーストライプ (右)ピンストライプ

 

【MEMO】
・シャドーストライプ:一見、無地に見えるほど控えめなストライプ。角度や光の当たり方によってストライプが浮き出るのが特徴

・ピンストライプ:針(ピン)のように細い点が連なって直線を構成しているストライプ。シャドーストライプ同様、ストライプのなかでも控えめな印象

ダークカラーやストライプのスーツについて詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

関連記事
ネイビースーツを格好よく着こなすたった4つの方法!ネクタイや靴はどう合わせる?

【グレースーツ】着こなし方でこんなにおしゃれになるって知ってましたか?

ストライプスーツに合わせるシャツやネクタイの正解は?明日からマネできるテクニックを紹介

1-2.シャツの色やネクタイ選びにもこだわる

スーツの色柄だけでなく、合わせるシャツやネクタイ選びも大切なポイント。シャツの色は、ベーシックな白の他、爽やかなサックスブルーもおすすめです。

dressing05

ネクタイはシンプルなソリッドや、レジメンタル(ストライプ)、小紋柄などがおすすめ。誠実さや落ち着いた印象を与えられます。

【MEMO】
・ソリッドタイ:無地のネクタイのこと。無地ではあるものの、織柄によって印象が異なるのが特徴。ワインレッドやネイビー、ブラウンのソリッドタイであればどんなスーツにもマッチします

 

・レジメンタルタイ:斜めストライプが施されたネクタイのこと。ビジネスでは、太い線と細い線の組み合わせが合わせやすくておすすめです

 

・小紋柄:多数の小さな模様が特徴のネクタイ。胸元に変化を与える効果があり、スーツの色に合わせると統一感が出ます

 

クールビズやリモートワークなどにより、ビジネススタイルのカジュアル化が進んでいます。シーンによっては、ノーネクタイでもOKという企業も少なくありません。オフィスワークやリモートワークでは、ノーネクタイの着こなしにもぜひ挑戦してみてくださいね。

ノーネクタイの着こなしについて詳しく知りたい人は「ノーネクタイはどう着こなす?ビジネスシーンにおすすめのコーデ6選も紹介!」も参考にしてください。

1-3.ビジネスシーンで王道!ダークネイビースーツコーデ

dressing06

幅広いシーンで活躍するダークネイビースーツは質感にこだわるのがポイント。やや光沢感がある上質な風合いのスーツに、イエロー系のネクタイでアクティブさをプラス。

ブルー系の爽やかなシャツを合わせれば、シャープで凛とした印象も演出できます。上品なネイビー系でまとめながらも、さりげなく個性を取り入れた間違いのない着こなしです。

dressing07

dressing08

dressing09

2.【ビジネスカジュアル】スーツの着こなし方

より自由度の高いビジネスカジュアルのスーツをおしゃれに着こなすには、着用感や季節感にこだわるのがポイント。幅広いコーディネートができるビジネスカジュアルの着こなし方について紹介します。

2-1.季節感のあるスーツスタイルを選ぶ

自由度の高いコーディネートを楽しめるビジネスカジュアル。ジャケットとパンツで違う色や素材を組み合わせることも可能です。季節や気温、天候に合わせてスーツの素材やカラーを選びましょう。

dressing10

【MEMO】
<ビジネスカジュアル>季節に合った着こなし方
・春:ライトグレーやベージュ、ピンク系など全体的に明るいトーンでまとめる
・夏:夏向けの涼しいカラーや素材を使用したアイテムを選ぶ
・秋:色味を全体的にトーンダウンする(ブラウン、グレー系など)
・冬:暖かみのある素材、インナーにニットやベストを合わせる

2-2.ジャケットのインナーにはポロシャツやTシャツを合わせてもOK

ビジネスカジュアルなら、ジャケットのインナーはシャツに限らず着用感のいいポロシャツやTシャツがおすすめです。襟のあるポロシャツなら、ジャケットを脱いでもきちんと感をキープできます。

Tシャツは、ジャケットインでも様になるようにジャストサイズを選びましょう。

dressing12

ポロシャツやTシャツはタックイン(パンツの中に裾を入れて着る)だときちんとした印象に、タックアウト(パンツの外に裾を出して着る)だとラフな着こなしができます。

dressing13

dressing11

dressing14

ジャケットのインナーの選び方について詳しく知りたい方は、「「ジャケットのインナーはこの4種類!すぐにマネできるおしゃれコーデ10選も紹介」」も参考にしてください。

2-3.季節に合わせて快適なものを!爽やかセットアップコーデ

dressing15

暑い季節は、夏らしいトーンのベージュを選べば涼し気で爽やかな印象に。撥水に優れた素材を採用しているので、湿度が高い雨の日でも心地よく着用できます。

インナーには、明るいブルーのTシャツを合わせて個性的に。白色のTシャツもあれば、スタイリングの幅が広がります。汗ジミ防止加工が施されたTシャツを選べば夏の汗対策も万全です。

ビジネス使いではTシャツはタックインがおすすめ。レザーのベルトと靴を合わせて誠実な印象を演出しましょう。ベージュのパンツはチノパン見えするので、休日にも使いまわせます。

dressing16

dressing17

dressing18

3.【結婚式】スーツの着こなし方

結婚式と一口にいっても、どんな結婚式に参列するのかによって、選ぶスーツも着こなし方も異なります。参列する立場や会場の雰囲気など、シーンによって適したスーツを選びましょう。ここでは、結婚式でのスーツの選び方や着こなし方を紹介します。

3-1.フォーマルな結婚式にはブラックスーツがおすすめ

親族の結婚式などフォーマル度の高い結婚式にはブラックスーツがおすすめ。色味は、ビジネススーツの黒よりも深い「漆黒」です。

dressing19

ブラックスーツは、セミフォーマルな装いとして冠婚葬祭に着用するスーツですが、工夫次第でさまざまなシーンで応用できます。難易度は高めですが、若者を中心にインナーやネクタイをアレンジして、ビジネスやカジュアルなパーティーシーンでも上手に着こなす人が増えています。

ブラックスーツのドレスコードについて詳しく知りたい人は「ドレスコードとは?NGポイントも含めて初心者にも分かりやすく解説!【メンズ編】」も参考にしてください。

3-2.ブラックスーツに合わせるべきアイテムをチェック

親族の結婚式に列席する場合、ブラックスーツに合わせるシャツは白無地が基本ですが、シャツを淡いブルーやピンク系にすることで、二次会やパーティーでも程よい抜け感を演出できます。

ブラックスーツに合わせるネクタイは、冠婚葬祭用のシルバーやグレーが無難です。二次会やパーティーでは、ブルーシャツにネイビーのネクタイを合わせるなどアレンジするのもおすすめ。チーフは、ネクタイのカラーに合わせるとまとまり感が出ます。

dressing20

ブラックスーツに合わせる靴は黒が基本です。つま先に一本の線が入った「ストレートチップ」や、線が入っていない「プレーントゥ」を選びましょう。ベルトや靴下も黒が基本です。白い靴下は、スーツスタイルではNGなので避けましょう。

結婚式の靴下のマナーについて詳しく知りたい方は、「結婚式の靴下にもマナーが!3つの正解とNGポイントとは?」も参考にしてください。

3-3.結婚式で着こなしたいブラックスーツコーデ

dressing21

ブラックスーツは、あらゆる冠婚葬祭に着用できる便利なアイテム。ブラックスーツの黒は、特別深い黒なので他のスーツでは代替できません。また、フォーマルなシーンでは、装いが相手への敬意という意味合いもあるので、ブラックスーツを選んで正しい着こなしをしたいもの。

ブラックスーツに合わせるシャツはホワイトブロードなら間違いなし。格式の高い式場や親族として列席するなら、光沢のあるシルバーグレーのネクタイがおすすめです。

dressing22

dressing23

dressing24

4.【結婚式の二次会&パーティー】スーツの着こなし方

続いては、結婚式の二次会やパーティーにおすすめのスーツの着こなしやアイテムの合わせ方について紹介します。

4-1.定番のダークカラースーツは素材感で差をつける

セミフォーマルな位置づけの結婚式の二次会は、ダークネイビーやチャコールグレーなどの「ダークスーツ」が定番です。仕事で着用するスーツとちょっと違う特別感を出すなら、光沢のあるスーツでエレガントさを演出するのもおすすめです。

dressing25

結婚式の二次会の服装について詳しく知りたい人は「結婚式二次会の服装の正解は?会場別マナーとおすすめコーデ9選【男性編】」も参考にしてください。

4-2.さりげなく小物を取り入れて華やかさをプラス

結婚式の二次会やパーティーでは、さりげなく小物を取り入れて華やかさをプラスしましょう。フォーマル感が強い白やシルバーのネクタイよりは、ブルーやピンク、イエロー系など色味のあるネクタイがおすすめ。

dressing29

チーフの色は、ネクタイの色に合わせることで、まとまりのある洗練された印象になります。カフスボタンなどのアクセサリー類は、シンプルなデザインを選んでハイセンスにまとめましょう。

結婚式のチーフについては「「結婚式にポケットチーフは必要?素材別の特徴や折り方・入れ方を紹介!」」で詳しく紹介しています。合わせてご確認ください。

4-3.光沢のあるスーツでエレガントかつ特別感のあるコーデ

dressing26

結婚式やパーティーなどで特別感を出したい時は、少し目立つスーツがおすすめ。シルクの光沢が上品でエレガントなパープルグリーンのスリーピースをチョイス。

シャツはシンプルなホワイトの無地を選べば間違いなし。おしゃれな印象のペイズリー柄のネクタイでアクセントをプラスすれば、存在感のある着こなしで周囲の目を引くはずです。
dressing27

dressing28

5.まとめ

スーツスタイルはシーンに合ったアイテムを選び、それぞれに合った着こなしをすることが大切です。

FABRIC TOKYOでは、ビジネスや結婚式、ビジカジスタイルにぴったりなスーツのオーダーを承っています。自分の体にぴったり合ったスーツを仕立て、おしゃれに着こなしてくださいね。

この記事を監修した人: 瀧田 真弓(FABRIC TOKYO池袋店)

KEYWORDS

二次会ブラックスーツコーディネートインナージャケットポロシャツストライプネクタイTシャツ結婚式
シェア ツイート LINEで送る