セミオーダースーツとは?メリットや作る時のポイントについても解説

この記事は約7分で読めます

この記事を監修した人永見 駿介(FABRIC TOKYO秋葉原店)

こんにちは!コーディネーターの永見です!洋服はサイズ感が命。お好みやライフスタイルに合わせたサイズの提案には自信があります。ぜひ気軽に相談にいらしてみてください。また、趣味は海外旅行なので、行って良かった国などのお話ができたら嬉しいです。

目次

「オーダースーツは値段が高くて手が届かない」と敬遠している人もいるのではないでしょうか。

オーダースーツには大きく分けて「フルオーダー」と「セミオーダー」の2種類があり、なかでもオーダー初心者におすすめなのがセミオーダーです。セミオーダースーツなら予算を抑えつつクオリティの高いジャストフィットのスーツを手軽に作れます。

仕事でスーツを必須とする人も多く、着用頻度も高いため、お気に入りの1着を手に入れたいですよね。今回は、セミオーダースーツの特徴やメリット・デメリット、オーダーする時のチェックポイントを紹介します。

1.セミオーダースーツとは

同じオーダースーツでも、「フルオーダースーツ」と「セミオーダースーツ」とでは仕立ての方法が異なります。フルオーダースーツとの違いやセミオーダースーツの仕組みをチェックしてみましょう。

1-1.オーダースーツには3種類の方法がある

semiorder-suit01

オーダースーツは、一からスーツを作り上げる「フルオーダー」と、仕立てのプロセスが簡略化された「セミオーダー」に分かれます。セミオーダーはさらに、「パターンオーダー」と「イージーオーダー」に細分されます。

フルオーダースーツは、デザインや体型に合わせて一から仕立てる方法です。採寸後に仮縫製を行うためきめ細かな体型補正が可能ですが、採寸から完成まで1~2ヶ月、値段は20万〜100万円以上が目安になります。

一方セミオーダースーツは、ベースとなるスーツをもとにサイズを微調整して仕上げる方法です。仮縫製を行わない分、仕立てのプロセスが少ないため、フルオーダーよりも短納期・低価格でオーダーできます。パターンオーダーとイージーオーダーによっても異なりますが、納期は2〜4週間、値段は2万〜20万円くらいが相場です。

フルオーダースーツは上級者向け、セミオーダースーツは初〜中級者向けのオーダー方法と言えます。

1-2.「イージーオーダー」と「パターンオーダー」との違い

semiorder-suit02
イージーオーダーとパターンオーダーでは、スーツのフィット感に差が生じるだけでなく、選択できるカスタマイズの数が異なります。

「イージーオーダースーツ」は、体型に合う型紙から採寸結果に応じた微調整を施して仕立てます。肩幅はもちろん、腕の長さや着丈などを細かく調整できるため、自分の体型にフィットしたスーツを手に入れられます。ボタンや裏地などのディテールも、好みに合わせてカスタマイズできるのがメリットです。

semiorder-suit03

一方「パターンオーダースーツ」は、自分の体型に近いサンプルスーツを試着した上で採寸結果や好みを反映させていきます。既製品のスーツよりは細かく体型を調整できますが、イージーオーダースーツと比べると調整できるパーツが限られます。

カスタマイズの選択肢も限られますがオーダースーツのなかでは最も値段が安いので、値段重視の人にはパターンオーダーがおすすめです。

2.セミオーダースーツのメリット

セミオーダースーツは自分の体型に合わせて仕立てるので、既製品のスーツにはないフィット感を手に入れられます。着心地も良く、長時間着ていても疲れにくいのもビジネスパーソンには魅力です。セミオーダースーツの主なメリットを3つ紹介します。

2-1.ジャストフィットのスーツを作れる

semiorder-suit04

自分の体型にジャストフィットのスーツを作れるのは、セミオーダースーツの大きなメリットです。なかでも「イージーオーダー」なら、既製品のスーツでは調整が難しい肩幅やバスト、ウエストなどの細かな体型補正にも対応できます。

シルエットがきれいに映るだけでなく、長時間着ていても疲れにくいのもビジネスパーソンにとっては重要なポイント。幅広い選択肢から自由にアレンジして好みの一着を仕立てられるので、スーツへの愛着が高まり、結果として既製品のスーツより長く着用できるのもイージーオーダーのメリットです。

2-2.フルオーダーに比べて低価格

semiorder-suit05

セミオーダースーツはフルオーダーと比べて低価格で、既製品のスーツに近い価格を設定しているショップもあります。スーツの買い換えを機に既製品のスーツからセミオーダースーツへ乗り換える人も増えています。

なかでも「イージーオーダー」は、体型補正の幅やカスタマイズの選択肢が豊富なので、値段と品質を両立したい人におすすめです。体型補正があまり必要なく、値段を最優先させたい場合は、「パターンオーダー」を検討してみてくださいね。

2-3.フルオーダーに比べて納期が短い

semiorder-suit06

フルオーダースーツより短期間で仕上がるのもセミオーダースーツのメリット。

フルオーダーの場合は「型紙作り」と「仮縫い」が工程に含まれるため、店舗に何度か足を運ぶ必要があり、スーツが完成するまでに1~2ヶ月ほど要します。しかし、セミオーダーは2~4週間ほどで仕上がり、できあがったスーツを自宅に届けてもらえば店舗に足を運ぶのは採寸時の1回だけです。

「パターンオーダー」だと2週間前後で仕上がる場合もあるため、急いでスーツを作りたい人はパターンオーダーがおすすめです。

3.セミオーダースーツのデメリット

セミオーダースーツは自分の体型と好みに合わせて仕立てられる反面、フルオーダースーツと比べると補正できるパーツが限られる可能性があります。

また、量販店で販売されているスーツと比べた時に、値段の高さが気になるかもしれません。セミオーダースーツのデメリットについても確認してみましょう。

3-1.フルオーダーほどの細かい体型補正は難しい

semiorder-suit07

セミオーダーは一から作るフルオーダーほど細かな体型補正はできません。

特に「パターンオーダー」の場合は、補正できる部分がかなり限られます。補正方法によっては、着心地の良さが実現する代わりにシルエットのきれいさが損なわれることも……。

ある程度の体型補正はパターンオーダーでも叶いますが、値段を抑えつつ、よりフィットしたスーツを仕立てたい人は「イージーオーダー」を選ぶようにしてくださいね。

3-2.量販店で買うよりも価格が高い場合が多い

semiorder-suit08

セミオーダースーツは量販店で販売されているスーツと比べると価格が高くなりがちです。パターンオーダーは2~5万円前後、イージーオーダーは4~20万円前後が相場といわれています。

しかし最近では、量販店のスーツと値段がほとんど変わらないセミオーダースーツも多く存在します。量販店とほぼ同じ値段でジャストフィットのスーツを仕立てられ、さらにはカスタマイズも選べるセミオーダースーツの人気が高まっています。

4.セミオーダースーツを作る時のチェックポイント

せっかくセミオーダースーツを作るなら、着心地だけでなく生地にもこだわりたいもの。担当者の対応やアフターサービスの内容も、スーツを長く着続けるためにチェックしておきたい大切なポイントです。

4-1.生地の取り扱いは豊富か

semiorder-suit09

自分好みのスーツを手に入れたいなら、生地を豊富に取り扱っているお店を選ぶのがポイントの一つ。素材はもちろん、色柄や光の当たり具合でスーツの印象が変わるため、さまざまな生地を見比べることをおすすめします。

実際の仕立てで使う生地が展示されていれば、スーツを着た時の姿をイメージしやすいでしょう。最新の流行を取り入れたい人は、2月または8月ごろに店舗に行けば新しい生地に出会える可能性が高まりますよ。

4-2.的確なアドバイスができる担当者がいるか

semiorder-suit10

店舗の担当者と相性が合うかどうかも、自分に合ったスーツを作るためには大切なポイントです。

スーツの完成イメージや着用シーンなどを細かくヒアリングした上で複数の選択肢を提案してくれる担当者なら、信頼がおけるといえるでしょう。

ビジネスウェアのオーダー専門店「FABRIC TOKYO」では、“Fit Your Life”をコンセプトに、サイズだけでなく生き方や価値観にフィットするオーダースーツをご提案させていただきます。

semiorder-suit11

4-3.アフターサービスは充実しているか

semiorder-suit12

オーダースーツといっても、実際の着心地がイメージと異なることも珍しくありません。その場合、サイズのお直しをお願いすることになります。

スーツショップごとに無料お直しの保証期間が異なるため、スーツをオーダーする前に、お直しに対応してくれる期間や条件など、アフターサービスの内容も確認しておきましょう。

FABRIC TOKYOではお届けから50日間なら1回まで無料でお直しさせていただきます。「はじめてのオーダーでサイズが合うかどうか不安……」という人は、FABRIC TOKYOも検討してみてくださいね。

5.まとめ

セミオーダースーツは生地やサイズを自由に選べるので、お気に入りの1着が見つかりやすいのが魅力です。既製品のスーツよりは値段が高いものもありますが着心地は優れており、シルエットもきれいに映るためセミオーダースーツのコスパは高いといえます。

FABRIC TOKYOはセミオーダーのなかでも「イージーオーダー」を採用しています。お店で採寸を済ませればネットで購入できるので、スーツを買うごとにお店へ足を運ぶ手間も省けます。

値段は税込39,800円からで、20~30代のお客さまにも多くお越しいただいています。FABRIC TOKYOで自分にピッタリなスーツをオーダーしてみませんか。

お近くの店舗を見てみる

KEYWORDS

生地イージーオーダーパターンオーダー
シェア ツイート LINEで送る