暑苦しい夏も脱いだらNG!?クールビズにぴったりなジャケットの選び方

この記事は約8分で読めます
目次

「夏にジャケットは暑苦しい」
「暑いからってジャケットを脱いだら失礼なのかな……」

普段、ジャケットを着て働く人のなかには、こんな悩みを抱えている人も多いでしょう。

ビジネスシーンでは、季節を問わずジャケットは必須アイテムです。冬でも着られる通年のジャケットでは通気性が悪く、暑い夏には向いていません。

そこでおすすめなのが夏用ジャケットです。夏用ジャケットは、ビジネスはもちろんカジュアルなどさまざまな場面で活躍してくれます。

この記事では、夏に大活躍してくれるジャケットの選び方や着こなしのポイント、おすすめの商品などを紹介します。

1. ビジネスシーンでも大活躍してくれる夏用のジャケット!

クールビズの導入以降、ビジネスシーンでも服装のカジュアル化が進んできました。クールビズを採用している会社に勤めている場合、普段はネクタイもジャケットも着用せずに仕事をします。

しかし、営業などで他の会社へ訪問するとき、ノージャケットでシャツ姿のままでは先方に失礼な印象を与えてしまいます。ジャケットを羽織り、ネクタイも締めて誠実さを演出する必要があるのです。

夏用のジャケットには、夏でも快適に着用できるような工夫が施されています。営業などで他の会社を訪ねる機会が多い人には、夏用のジャケットがマストといえます。

2. 夏用ジャケットの選び方

夏用ジャケットは素材や通気性、機能性などの観点から選びましょう。

ここからは、夏用ジャケットの選び方を紹介します。

2-1. 素材で選ぶ

夏用ジャケットによく使われる素材は、リネンやコットン、ポリエステルなどです。なかでも、目の粗いリネンには涼しげな質感があり、夏の定番素材として知られています。

summer-jacket01

コットンのジャケットは、肌触りの良さや吸水性の高さが特徴です。ポリエステルは機能性が高く、耐久性に優れているのであらゆるシーンに対応してくれます。

その他、サラリとした肌触りで涼しさを演出してくれるシアサッカーなどの生地も、夏用ジャケットにはよく使われています。

【MEMO】
冬用のジャケットはウール(羊毛)が定番で、他にもアウターなどにも用いられるツイードやサキソニー、フランネルなどが採用されます。

2-2. 通気性で選ぶ

summer-jacket02

夏用ジャケットでは通気性も重要なポイントです。通気性の悪いジャケットは蒸れやすく、汗をかきやすい夏には向きません。

自然素材のジャケットなら、なるべく平織の生地を選ぶといいでしょう。

「平織」とは?
縦の糸と横の糸を一本ずつ交互に織り合わせた、隙間の多い織り方のことです。

通気性が高まるように特殊な加工が施されたジャケットもあります。生地に小さな「空気孔」が空いているものなど、夏でも快適に過ごせるジャケットを選んでください。

summer-jacket03

2-3. 機能性で選ぶ

夏はジャケットが汗で汚れやすいため、洗いやすさも重視するべきです。ウォッシャブル仕様で、家でも手軽に洗濯できるジャケットなどがおすすめです。また、吸湿性や速乾性、防シワ性などが備わっていれば、より快適に過ごせるでしょう。

関連記事
洗えるスーツ、本当に洗って大丈夫なの? ── 実際にスタッフが洗ってみました。

ジャケットの機能性を語るうえで欠かせない存在が「COOLMAX」です。COOLMAXは抜群の通気性と吸水速乾性を備えた素材で、多くの衣服に使われています。夏を快適に過ごしたい人は、COOLMAXが採用されたジャケットを探してみてください。

summer-jacket04

3. 夏用ジャケットの着こなし方とコーデ集

夏用ジャケットをスマートに着こなすためには、コーディネートのポイントも押さえておく必要があります。ビジネスでもプライベートでも、夏らしい涼しげな装いを心がけましょう。

ここからは、夏用ジャケットの着こなし方と実際のコーディネート例を紹介します。

3-1. スニーカーやパンツでカジュアル感アップ

カジュアルな場面では、ジャケットとスラックスのセットアップが堅苦しくみえるかもしれません。そこでおすすめなのが、スニーカーやパンツを合わせて適度にカジュアルダウンする方法です。

summer-jacket05

あえてカジュアルアイテムを取り入れ、上品さを保ちながら夏らしいリラックス感を出してみましょう。このとき、使うカラーを三色以内に抑えると着こなしがまとまりやすくなります。

また、「芯地」の入っていない「アンコンジャケット」でリラックススタイルを演出するのもいいでしょう。

「芯地」と「アンコンジャケット」とは?
芯地はジャケットのシルエットをキープするのに必要な骨格をつくる資材です。肩パットも芯地と似た役割をします。芯地や裏地、肩パットなどが入っていないソフトな仕立てのジャケットを「アンコンジャケット」と言います。

summer-jacket06

3-2. 夏用スーツは明るめのカラーが◎

夏用のスーツを購入する場合は、明るめのカラーがおすすめです。ベージュや明るめのネイビーなど、夏らしさを感じさせる爽やかな色のスーツを選びましょう。

summer-jacket07

色選びに自信がなければ、コーデをモノトーンで統一できるライトグレーのスーツが無難です。

なお、明るい色味のスーツにはカジュアルな印象があります。夏用スーツのカラーは、TPOに合わせて選ぶことが重要です。

4. 春夏におすすめのジャケットをご紹介!

ビジネスウェアのカスタムオーダーサービスを提供する「FABRIC TOKYO」では、通年向け以外に「秋冬向け」と「春夏向け」のジャケットを用意しています。

ここでは、FABRIC TOKYOおすすめの春夏用ジャケットを五つ紹介します。

いずれの商品も自分の好みに合わせてカスタマイズ可能です。腕まくりできるように袖口を本切羽にするなど、カスタマイズで自分だけのジャケットを作ってみてください。

関連記事
本切羽加工オプションでスーツに高級感を演出!メリットから料金まで徹底解説

4-1. TRAVEL SEERSUCKER

summer-jacket08

TRAVEL SEERSUCKERは、生地にシアサッカーを採用したジャケットです。

肌に触れる面積が少ないので涼しく、春夏のビジネスカジュアルに最適です。新素材のストレッチ糸を使っており、しなやかで快適な着心地が楽しめます。耐久性が高く、ウォッシャブルで防シワ加工が施されているのもポイントです。ネイビー地のさりげないストライプ柄が、夏らしい爽やかさを演出してくれるでしょう。

TRAVEL SEERSUCKERの価格は19,800円(税込)です。

4-2. TOLLEGNO ICE LINEN PREMIUM FABRIC

summer-jacket09

イタリアの老舗メーカーTOLLEGNO社のリネンを取り入れたジャケットがTOLLEGNO ICE LINEN PREMIUM FABRIC。

TOLLEGNO社は、イタリア北西部のビエラ地方で1900年に創業した歴史あるメーカーです。このジャケットでは、接触冷感効果があるアイスリネンを使っています。通気性に優れていて着心地も軽いため、夏にはぴったりのジャケットと言えるでしょう。ビジネスシーンだけでなく、プライベートでもひと味違うおしゃれを楽しめます。

TOLLEGNO ICE LINEN PREMIUM FABRICの価格は46,200円(税込)です。

4-3. WIND TECH

summer-jacket10

WIND TECHは、国内有数の高機能素材の産地として知られる北陸地方の工場で製作されています。

生地には小さな空気孔が開けられており、通気性に優れています。シワになりにくいだけでなく、高いストレッチ性を誇るので快適に着られるのもうれしいポイント。自宅でも洗濯でき、乾きやすいのも特徴です。汗をかきやすい夏も、汚れを気にせずに安心して着られるでしょう。

WIND TECHの価格は19,800円(税込)です。

4-4. STRETCH LINEN LIKE

summer-jacket11

STRETCH LINEN LIKEは爽やかで機能性の高いジャケットです。

リネンは夏らしい素材の代表格ですが、シワになりやすいのが欠点です。このジャケットでは、本物のリネンではなく、リネン風のポリエステルを使っています。その結果、シワになりにくく、機能性にも優れたジャケットが誕生しました。ストレッチ性が高く、自宅で洗濯できるイージーケア仕様です。

STRETCH LINEN LIKEの価格は19,800円(税込)です。

4-5. STRETCH WAFFLE DOBBY

summer-jacket12

STRETCH WAFFLE DOBBYはポリエステル地にワッフル構造を採用したジャケットです。

無地の黒ジャケットは喪服のような印象を与えがちですが、ワッフルの質感が遊び心を感じさせます。肌に触れる面積が少なく、涼しい着心地が味わえるのもワッフル構造のメリットです。機能性が高く使いやすいので、夏のビジネスカジュアルに取り入れてみてはいかがでしょうか。

STRETCH WAFFLE DOBBYの価格は28,600円(税込)です。

5. まとめ

クールビズが浸透した現在、夏用ジャケットはビジネスシーンで重宝するアイテムです。素材や通気性、機能性などを確かめ、夏でも快適に過ごせるジャケットを着てみませんか。ビジネスシーンだけでなく、カジュアルダウンしてプライベートで着まわすのもおすすめです。

夏にも大活躍してくれるジャケットは一枚用意しておくと便利です。今回紹介した夏用ジャケットのなかから、お気に入りの商品をぜひ探してみてください。

5-1. FABRIC TOKYOで夏用のジャケットをオーダーしてみませんか?

FABRIC TOKYOはビジネスウェアのオーダー専門店です。

全国にある店舗で採寸すると、クラウド上にカラダサイズが保存されるので、ご自宅からでもインターネットで購入可能。「オーダー専門店に行くと買わないといけない……」。こんな心配も必要ありません。

どれだけおしゃれなジャケットを買っても、サイズが合っていなければそれだけで台無しに……。そんな失敗をしないためにも、FABRIC TOKYOでオーダーしてみませんか?

この記事を監修した人: 襟川 諒佑(FABRIC TOKYO秋葉原店)

KEYWORDS

クールビズ生地ジャケット
シェア ツイート LINEで送る