CONTENTS

結婚式二次会でスーツはあり?失敗しない着こなし方を解説

披露宴ではマナーが厳しいイメージがありますが、結婚式二次会の服装は自由なイメージがありますよね。どのような服装をしていいか悩む方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、FABRIC TOKYOで実際に働いている社員が、結婚式二次会で失敗しないスーツのマナー、おすすめの着こなしをご紹介いたします。

結婚式二次会スーツのマナーとは?

本文用 12.47.16

平服とは?望ましい服装について

平服とは、普段着という意味で捉えられることもありますが、平服 = 普段着ではなく、むしろ「礼服、礼装でなくても良い」程度のニュアンスです。ですから、カジュアル過ぎるものはNGです。カジュアルな場でもキレイ目を意識して選びましょう。

望ましい服装は、スーツ、シャツ、ネクタイ、革靴のコーディネートです。

NGスタイルとしては、Tシャツやデニム、サンダル、スニーカー、ダメージ加工のある服装です。また、結婚式の二次会であっても新郎新婦の色である白やシルバーは避けましょう。

上記のことから、結婚式の二次会ではスーツスタイルが最適です。

結婚式二次会スーツ、シーン別3選

結婚式の二次会にふさわしい服装を選ぶためのポイントは、会場の雰囲気やグレードに合わせて服装を選ぶことです。

まずは、出席する会場がどこなのか招待状に書かれている会場をネットで検索して確認してみてください。 会場の雰囲気に合わせたコーディネートにすることで、失敗することなく参加することが出来ます。

会場のグレードは大きく分けて3つあります。 タイプ別にそれぞれどのような服装が合うのか紹介していきながら、会場に合わせたおすすめの生地も紹介していきたいと思います。 本文 ホテル 1.高級レストランやホテルでの着こなし 3タイプの中で一番フォーマルな会場になります。 かしこまった雰囲気で、会場の格式も高いので、結婚式に参加するつもりで礼服や略礼服が望ましいです。

コーディネート ブラックスーツにベストを合わせてスリーピースで着こなすとフォーマルな装いになるのでおすすめです。 ベストは同色で合わせてもいいですが、グレーにするとお洒落に着こなすことが出来ます。 本文 パーティ 2.カフェやバー、レストランでの着こなし レストランやバーで行われる結婚式の2次会は、セミフォーマルな位置づけです。 ホテルよりはカジュアルな会場になりますが、こちらもスーツスタイルが最適です。

コーディネート ネイビーやグレーなどダークカラーのスーツが定番で人気です。また、派手過ぎないストライプやチェックの柄が入ったものも人気があります。 また、ジャケットとスラックスのカラーを変えるなど幅広い着こなしが可能です。 本文用2 (1) 3.居酒屋での着こなし 居酒屋やカラオケで行われる、結婚式の二次会は一番カジュアルな会場になります。 フォーマルすぎると逆に浮いてしまうので、カジュアルなジャケパンスタイルが最適です。 ネクタイは無くてもいいですが、マナーとしてジャケットは着用しましょう。

コーディネート 基本的にジャケットとパンツのスタイルです。パンツは綺麗めなチノパンを選ぶといいでしょう。 ジャケットは、ネイビーやグレーのシックなものを選び、明るい色のパンツを選ぶとバランスが良く、上品な仕上がりになります。 結婚式の二次会から参加する場合は、どんな服装をするべきか曖昧なため、会場の雰囲気やグレードに合わせた服装を選ぶと良いでしょう。

小物を使った結婚式2次会スーツコーディネートを紹介

本文用 スーツはいろんな場面で着まわせるように、あまり派手な物にしたくないという方も多いのではないでしょうか。そこで、小物やシャツで華やかさを出す方法を2つご紹介します。

1.ネクタイとチーフの選び方 ネクタイは色味があるものを選びましょう。ブラック(ブラックに見えるようなグレー)を選んでしまうとお葬式のようになってしまうので、少々派手さがあってもOKです。また、ネクタイとチーフの色味を合わせると全体的なまとまりが出るのでおすすめです。

2.シャツのカフスをダブルにしてカフスボタンをつける 写真のようにカフスをダブルにし、カフスボタンをつけると一気にお洒落になりますね。シンプルなものでも華やかさが出るので、一つ揃えておくと便利ですよ。 また、ネクタイピンでも華やかさを出すことが可能です。しかし、小物を入れすぎるとかえって悪目立ちしてしまいます。つけすぎに注意しましょう。

シンプルなスーツに少しプラスするだけで、グッと華やかさが出ます。もしオーダーでスーツを作る場合には、裏地と小物の色を合わせると統一感が出てお洒落に着こなせますよ。ぜひ皆さんも試してみてくださいね。

まとめ

この記事では、結婚式二次会における基本的なマナーとスーツの着こなしについての解説と、シーンに合わせた着こなしやお洒落に差をつける方法を紹介してきました。

今回もっとも押さえて欲しいポイントを3つにまとめると

・マナーを守り、自分のサイズに合ったスーツを選ぶことが大切 ・会場のグレードあった着こなしをしましょう ・スーツのデザインは控えめにし、小物やシャツでお洒落に仕上げる

相手に失礼のないように、その場にふさわしいスーツを着こなしましょう。

text by 加藤 尚海(事業推進グループ コーディネーター)