アイロン不要。ノンアイロンシャツのお手入れのコツ、教えます。

ご自宅でお手入れするなら「ノンアイロンシャツ」

毎日着るシャツのアイロン、時間がかかって面倒ですよね。

とはいえ毎回クリーニングに出しに行くのも、花粉が辛いこの季節は特に、避けたい人も多いのでは?

そこで、ご自宅でシャツをお手入れするなら、アイロンがけが要らない「ノンアイロンシャツ」が大活躍。そんなシャツを使いこなすべく、シワになりにくい簡単な洗濯方法をFABRIC TOKYOの品質管理担当の初沢に教えてもらいました。

STEP 01 洗濯機に入れる前に…

最初にシャツを洗濯ネットに入れてください。

洗濯ネットには、洗濯時のシャツの傷みを抑える効果があります。

STEP 02 洗濯機で洗う

洗濯をするときに気をつけたいのが脱水時間。

脱水をしすぎず、濡れた状態で干すのがシワにならないコツです。

脱水の推奨時間は15秒程度。

ただし全自動洗濯機は脱水時間がすでに設定してあるので、脱水が始まったらすぐに洗濯を停止して取り出すか、一番短い脱水時間に設定して洗濯するようにしてくださいね。

なお、洗剤はいつも使っているもので大丈夫です。

STEP 03 洗ったシャツを干す

シャツは洗濯後すぐに取り出し、シワがつく前にシワを伸ばし、ハンガーにかけて風通しの良い日陰でつり干しをします。

肩部分の形態を整えるため、針金ハンガーではなく、プラスティック製の少し厚みがあるハンガーがおすすめです。

このとき、シワを伸ばすようにシャツを「パンパン!」と叩いて干すのがポイント。

シャツが濡れた状態でこれを行うことで、水の重みでシワが伸び、パリッと乾かすことができます。天気が悪い・花粉が気になるなどで外に干すのを避けたい場合は、浴室乾燥をONにして浴室に干すのもオススメですよ。


洗ってみた結果

この方法で洗ったシャツがこちら。

目立ったシワはなく、アイロンがけ無しでそのまま着られる状態になりました。

ご自宅で簡単にメンテナンスができることで、クリーニング代も、アイロンがけの時間も不要なのは嬉しいですよね。

短い時間での脱水で洗った結果

ちなみに、普段の洗濯モード(脱水あり)で洗って干したシャツはこのようにシワが目立つ仕上がりに。

脱水をしないことの重要度合いがわかる出来栄えです。

脱水ありの洗濯モードで洗った結果

FABRIC TOKYOのノンアイロンシャツは、種類が豊富!

FABRIC TOKYOのノンアイロンシャツは、日清紡テキスタイルの形態安定技術であるSSP(スーパーソフトピーチフェイズ)加工を施しており、洗濯後のシワの残り具合を表すW&W性の検証において、5段階中の3.5〜4という高い水準を実現しました。

頻繁に着るシャツだからこそ、お手入れの負担を軽減してみませんか?

LINEUP

NON IRON SHIRT

FABRIC TOKYOのノンアイロンシャツ

商品を見る

FABRIC TOKYOのLINE@からは新製品の情報や、ビジネスウェアに関する豊富な話題をお届けします。ぜひ友だち登録をしてみてください。

LINE@で友だち登録

FOLLOW US!

LINE@以外のFABRIC TOKYOのソーシャルアカウントもぜひフォローしてみてください!