Vol.7 | ツアープランナー

「感動を届けることを根底に、世界中で遊ぶ」河辺 健太郎 (後編)

share on

 

“旅がくれる感動と驚きを楽しみ続ける”

人生は山あり谷ありとはよく言ったもので、オーストリアでライセンスを取得し帰国した頃、親父が借金まみれ状態に。家を手放さなければいけないという状況なほど、莫大な金額でした(笑)。流石にヤバイと思いましたね。家を売ったり、車を売ったりなどの金策に駆け回り、アパートに引っ越して生活。残りの借金を返すためにも、とにかくお金にフォーカスした仕事をしないといけない。そうした仕事を23歳から27歳ぐらいまでしていたのかな。ただお金を得る反面、精神的には疲労困憊でしたね。単にお金を稼ぐ仕事が僕の性分には合わなかったんです。

ある程度返済を終えた27歳のとき、もう一回好きなことをベースに仕事をしたいと思った。22歳のときに芽生えた気持ちを実現するためにも動き出し、2004年に現在の会社「株式会社PLAY THE EARTH」を設立しました。記念すべき初めてのツアーは、現在ウチのスタンダードツアーになっているバハマでのドルフィンスイムです。バハマは僕が10代のときから旅してきたお気に入りの国。初めてのツアーはこれしかないって決めていたんです。

“旅で 築いた 生きる学び”

バハマという国は僕の根本的なライフスタイルを変えてくれた場所でもあります。高校生のとき、母親から「イルカと一緒に泳ぐと人生が変わるらしいよ」 と言われたことがあり、実際にバハマで泳いでみたら本当に人生観が変わった気がしますね。泳ぐと分かるんですけど、イルカが発するエコーロケーションという超音波って、イルカと一緒に水の中にいると響くんですよ。その音に脳が刺激され、まるで会話をしているかのような感覚に陥る。いままでにない衝撃的な体験でしたね。

その他には2010年に出会ったヴィジョンクエストという古来から多くのネイティブアメリカンの種族に伝わる儀式は思い出深い体験でしたね。これはインディアンが子供から大人へと変わるタイミングや大切な物事を決める前に行われるもの。4泊5日の旅で、最終日の朝まで断食断水しながら山に籠るといった儀式です。

無の境地がもたらす自然への敬意

実際に体験してみたのですが、まあこれが中々に壮絶でした。この間で6キロぐらい痩せましたね。乾きと悶えで精神が崩壊しそうになるんですよ。そんな4日目のあるとき自分の体が少し浮いている感覚になり、感情で流れるのではない涙がものスゴイ流れはじめました。自分でも何故泣いているのか分からないのですが、ただ気持ちの良い時間だったのを覚えています。

そこから記憶をなくし、次に起きたのは夜。満点の星空が輝いていて、まるで宇宙空間の中に自分の身が置かれているようで。そして旅の最後の朝を迎え、太陽が昇った瞬間、自然の圧倒的な凄さを改めて感じました。このとき僕は嘘偽りなく、地球のことがたまらなく愛おしいと思ったんです。

この素晴らしい体験をツアーとしても2回ほど行いました。結果、自分は計3回儀式を行ったことになりますが、回数を重ねるにつれ、起こること、感じること、気付くことがどれも違っていて、儀式の奥深さをまた感じています。

自らを楽しみ、人を楽しませる

このような体験で僕が得た“感動や驚き”をこれからも伝えていければいいなって思っています。世界にはまだまだ知り得ないことがたくさんありますから。それを発見するためにも、ずっと旅をすることが自分のライフスタイルです。

楽しいことを提供するために、自分が楽しみ続ける。僕の人生はそれがすべて。仮にお金になるツアーを発見しても、そこに提供したい感動や驚きがなければ、決して取り扱うことはないですね。

ただ、現代の世の中で働く人には率直に仕事を楽しむことができない環境や事情を抱えている人が多いですよね。そんな人こそPLAY THE EARTHの旅に来て欲しい。

 

シンプルに過ごす幸せ

僕みたいな生き方を参考にしてほしいとは全く思いません。ただ“シンプルに過ごすだけの時間”が、人には必要だと思います。年に一度でもツアーを通して解放的な時間を楽しんで欲しい。色々な気付きも生まれるはず。そんな時間から得た体験は、どんな仕事にも、どんなライフスタイルにおいても、きっと支えになってくれると信じています。

訪れる方の人生に楽しみを生むキッカケになれたらいいですね。そのためにも僕は自分のスタイルを楽しみ続けようと思います。

今回のスーツはスタッフの方にある程度お任せしました、自分では選ばない様な形やデザインでしたが新しい選択が増えましたね。実際にできたものを着てみて思ったのですが 軽くてメチャクチャ着心地が良いです。

普段はあまりスーツを着ないのですが、今後は記念日やちょっとしたパーティーに着たいと思います。ありがとうございました。

 

 

河辺 健太郎
ツアープランナー
“地球で遊ぶ旅”を提供する旅行社「PLAY THE EARTH(プレイ ジ アース)」の代表取締役。自ら世界中で旅をし、インスピレーションを感じた場所や体験を提供。バハマやエジプトで野生のイルカと泳ぐ旅や、ミクロネシアに浮かぶ無人島「JEEP島」を貸し切るなど、様々なツアーを取り扱う。そんな旅で得た“感動や発見”を通して、働き方からライフスタイルまでに対する想いを伺った。