お知らせ

FABRIC TOKYOに関する
最新情報をお知らせいたします。

2018年2月16日

TOKYO SUIT AWARD 2018 開催決定

suit-awasrd-2018


いままでのスーツを脱いで、これからのスーツに着替えよう。


スーツはいったい誰のもの?スーツはビジネスマンだけのもの?答えは、NO!

スーツは全ての人の人生にフィットすべきもの。

スーツは19世紀のイギリスで生まれ、その機能美の高さから瞬く間に世界中の国々へ広がり、

今では「地球上で最も様々な気候や環境に適応できる洋服」とさえ言われている。

そういったスーツ本来の機能服としての存在価値を再認識し、

本当に自分の生き方に合ったスーツを纏うことで自身の心と身体を健康にする。

このことをもっと世の中に広くメッセージしていきたい。

そんな想いを胸に、日本の未来を映し出す実験都市トウキョウを舞台に、スーツアワードを開催します。

その年、もっとも「人生を面白く生き、また、その人生にフィットしたスーツを纏った人」に贈られるTOKYO SUITS AWARD。

いよいよ今年2018年3月2日(スーツを仕立てる日)からスタートします。

 


 

TOKYO SUIT AWARD 2018

概要


■TOKYO SUIT AWARDとは

FABRIC TOKYOは、3月2日(スーツを仕立てる日)にちなんで、「TOKYO SUIT AWARD 2018」を開催します。

FABRIC TOKYOのお客様からアワード対象者を募集します。

選び抜かれた3名の方に、それぞれグランプリ、はたら区民栄誉賞※、審査員特別賞が贈られます。

※:「はたら区」とは、FABRIC TOKYOが2018年3月からスタートする、面白い働き方をする人々が集うコミュニティサイトのこと。

 

■開催日

2018年3月2日(金)


■場所

SHIBUYA CAST.(渋谷キャスト)

東京都渋谷区渋谷1-23-21 1Fスペース


■時間

13時00分:受付開始

13時30分:表彰

14時30分:終了

 

■表彰

①グランプリ/もっとも自分らしくスーツを着こなしている人:1名

②はたら区民栄誉賞/働き方が面白く時代性を表している人:1名

③審査委員特別賞/個性的キャラクターが輝いている人:1名

 

■審査委員

久志 尚太郎/株式会社TABILABO 代表取締役

小橋 賢児/音楽イベントプロデューサー

栗城 史多/登山家

秋好 陽介/ランサーズ株式会社 代表取締役

 

■賞品

①グランプリ

・1年間シーズン毎のオーダーメイドスーツ全4着

 

②はたら区栄誉賞

・1年間2シーズンのオーダーメイドスーツ全2着

・はたら区主催のイベントに1年間無料ご招待

 

③審査員特別賞

・1年間2シーズンのオーダーメイドスーツ全2着

 


 

応募要項

 

■応募内容

あなたらしい働き方や、あなたらしいスーツの着こなしを募集します。

 

■応募方法

TOKYO SUIT AWARD 2018エントリー用メールアドレスに、

"FABRIC TOKYOに登録されているご自身のメールアドレス"から下記内容をご送信ください。

 

①メールの件名に「エントリー」と記載をお願いします。

②今の仕事や暮らしについて教えてください (500文字以内)

③あなたにとってスーツはどんなものですか。またあなたのライフスタイルにどのようにフィットしていますか? (500文字以内)

④今後10年後のビジョンを教えてください (500文字以内)

⑤あなたらしいスーツの着こなしが分かる、顔を含めた全身のスーツ着用写真(3枚以内)

エントリー用メールアドレス:award@fabric-tokyo.com

 

■応募期間

2018年2月19日(月) ~ 2018年2月27日(火)23時59分

 

■応募資格

下記条件に全て当てはまる方に限ります。

・FABRIC TOKYOの会員の方

・表彰式に出席可能な方

・各賞品に当選された場合、受け取り可能な方

※企業・団体・年齢・職業・国籍は一切問いません。