CONTENTS

お知らせ

FABRIC TOKYOに関する最新情報をお知らせいたします。

2019年12月26日

本年もご愛顧ありがとうございました。少し私たちのものづくりの話を...

「トレーサビリティ」一度は皆さんが耳にしているであろうこの言葉は、一言で言えば製造過程の透明性のことを指しています。

トレーサビリティが行き届いていると、流通経路で問題が発生した際の追跡調査が容易であるなどのメリットがあり、一般的にはサプライチェーンマネジメント上の指標として捉えられることが多い言葉です。


しかしFABRIC TOKYOでは、そういった生産者目線での文脈だけでなく、その社会的・倫理的な文脈も踏まえてトレーサビリティを推進しています。

というのも、スーツをはじめとする衣料品の生産においては、その効率化を目指すために様々な問題が生じることがあるからです。

具体的には、途上国の衣料工場における下働き労働者の過酷な労働環境や、羊の劣悪な飼育環境などなど…


FABRIC TOKYOはメーカーとして、その全工程に責任を持ち、私たちのものづくりによって世界に問題や不利益が生まれないようにしたいと考えています。

そこでトレーサビリティに徹底的にこだわった結果完成した製品が、このFALKLANDです。



falkland_main




FALKLANDの製造においては、羊毛を採取する羊牧場からスーツを仕立て上げる縫製工場まで、サプライチェーン上の全てのステークホルダーと直接やりとりをしています。
どのオーナーの方もものづくりへの情熱に溢れている方々で、我々もその姿勢に感銘を受けました。
(こちらから、全ての生産者の声がご覧になれます。)
南米のフォークランド諸島という、羊の飼育に理想的な環境で育った羊の毛はとても良質で、その独特な光沢とツヤが特徴です。

本年はご愛顧、大変ありがとうございました。
来年度もより良い製品の生産と、公正な物づくりに取り組んで参りますので、今後とも何卒よろしくお願いいたします。それでは、良いお年をお迎えください。