THEOPEN
PRODUCTS

FACTORYwith

OUR CRAFTMANSHIP

FABRIC TOKYOのものづくりは、ウールやコットンの原料選びから始まります。 ものづくりにおいて、企画会社に依頼するような他人任せのことはしません。一つ一つの工場と顔を合わせ、ゆっくり丁寧に取り組んでいきます。
なぜなら、ユーザー一人一人の多様な価値観にあった商品は、そうしなければ生み出すことができないと考えているからです。
良い商品にはその背景に、丁寧に引き継がれてきた歴史や、それを支える人と想いが必ずあります。
このFactoryページでは、工場の生産工程を公開するためではなく、良い商品には訳があることを伝えるためにつくりました。
そして、その受け継がれてきた歴史と人の想いを未来に紡いでいくために、ただクオリティーの高いものづくりではなく、自然環境や生産者の労働環境にも向き合いながら、本質的なオープンなプロダクトに挑戦していきます。

The manufacturing of FABRIC TOKYO begins with selection of raw materials for wool and cotton.

I will not make things like other people who ask other people. We will face each factory one by one and work slowly and carefully.

Because we think that it is impossible to produce goods that meet the various diverse values of each person.

A good product has a history that has been handed down politely and the person and feeling that supports it are in the background.

On this Factory page, I do not aim to publish the factory production process, but I will tell you that there are good reasons for goods.

And in order to inherit the historical inherited history and human thoughts to the future,

In addition to manufacturing quality with high quality,

While facing the natural environment and the working environment of producers,

I will challenge the essential "open product".

THEOPEN PRODUCTS

MATELIAL

原 料

飼育・栽培

YARN

紡績・撚糸

FABRIC

生 地

染色・織る・整理加工

PRODUCTS

製 品

縫製・検品