HOW TO SELECTFABRIC

王道のスーツ

折角オーダースーツを作るなら、
どんなシーンでも活躍するのがいい。
でも生地を選ぶのって難しいですよね。
そこで、「王道のスーツ」を
3つのポイントから選んでみましょう。

POINT

「王道のスーツ」を選ぶポイントは光沢・手触り・伸縮の3つ

PICK UP

3つのポイントを人気生地で比較

PAULO OLIVEIRA

光沢感に加え、ストレッチ性、防シワ性、自宅で洗えるという高機能を実現。

¥ 68,000(+税)

  • AUTHENTICに比べ、ポリエステルが入っているためやや人工的な光沢があります。
  • WOOL POLYESTERと比べると、ウールの原料の良さから少し光沢があります。
  • AUTHENTICに比べ、ほぼ同等と感じる手触り感です。共に適度な瑞々しさがあります。
  • WOOL POLYESTERと比べると、柔らかさと滑らかさに優位性があります。
  • AUTHENTICに比べ、ポリウレタンが入ってるためストレッチ性が高いです。
  • WOOL POLYESTERと比べても同様に、ポリウレタンが入ってるためストレッチ性が高いです。

COLOR

色を選ぶ

  • CHARCOAL

  • BLACK

AUTHENTIC

水の都、大垣の繊維工場で織り上げられた、発色の良い生地。

¥ 58,000(+税)

  • WOOL POLYESTERと比べると、ウールが100%なので、天然の上質な光沢感があります。
  • WOOL POLYESTERと比べると、手触りの柔らかさがあり、それゆえになめらかな質感につながっています。
  • WOOL POLYESTERと比べると、横方向のストレッチ性に劣る部分がありますが、気になるレベルではありません。

COLOR

色を選ぶ

WOOL POLYESTER

ウールの風合いの良さと、ポリエステルの丈夫さが融合。ケアを気にせずに普段から着用可能。

¥ 48,000(+税)

  • 生地自体の光沢感は強くないですが、ビジネスユースには問題のない、しっかりとした色味です。
  • 手触り自体はなめらかです。
    ウール100%のものに比べるとやや硬く、それゆえか摩擦時の抵抗がやや強いです。
  • 各方向、よく伸びると思います。
    伸びた後にも生地が強く戻ってくることからも耐久性の高さが見受けられます。

COLOR

色を選ぶ