INTRODUCTION

オーダーシャツの形態安定、
比べてみました

シャツのアイロンがけ、面倒くさいですよね。だから形態安定のシャツが欲しいけど、どれを選んだら良いかわからない。そんなことありませんか?今回、FABRIC TOKYOのスタッフが人気が高い3種類のシャツで、実際に洗濯してみてアイロンがどの程度必要かを確かめてみました。

※本ページの内容は、実生活でよくある洗濯機の設定を前提とした検証です。FABRIC TOKYOの形態安定シャツの正しい取り扱いは、ページ末尾に記載しています。

ITEMS 対象の商品

LAUNDRY

BEFORE & AFTER

ITEM

コットンとポリエステルの形態安定

コットンとポリエステルの形態安定ホワイトトリプルストライプシャツ 洗濯前

この生地は比較的、薄手に感じますが、パリッとしてます

WASH
コットンとポリエステルの形態安定ホワイトトリプルストライプシャツ 洗濯後
アイロンなしOK

目立つ荒いシワもなく、このまま着ていけそうです

STAFF'S REVIEW スタッフの感想

ドラム型洗濯機で脱水を3分の設定で、外干しをしました。洗い上がりは「これはこのまま着ていけるな」という感じです。アイロンもクリーニングも卒業できそうです。

ただし、干す時に折れ曲がったりすると、さすがにそれはシワとして残ります。干す時にしっかりと伸ばしておくことが大事だなと感じました。

ABOUT FABRIC 生地について
コットンにポリエステルを混ぜた生地です。コットン100%に比べて肌触りの良さは多少落ちますが、シワになりにくく、汗をかいても乾きやすい機能を持ちます。
ITEM

国産のなめらかコットン形態安定

国産のなめらかコットン形態安定加工ホワイトフランス綾シャツ 洗濯前

この生地は上の生地より少し厚めに感じます

WASH
国産のなめらかコットン形態安定加工ホワイトフランス綾シャツ 洗濯後
アイロン楽

このまま着ていくにはちょっと...という洗い上がりですが、アイロンがけは楽でした

STAFF'S REVIEW スタッフの感想

ドラム型洗濯機で脱水を3分の設定で、外干しをしました。洗い上がりは「あれ?これはアイロンしないと、さすがにシワが目立つな」という感じです。

ただし、アイロンをかけてみると自然にいい感じの状態に伸びていくので、アイロン素人のスタッフでも上手に仕上げることができました。このラインナップの形態安定の効果は、アイロンを楽にするサポート効果だなと思いました。

ABOUT FABRIC 生地について
特殊加工を施した、コットン100%の国産生地です。コットンの肌触りの良さをそのままに、シワになりにくい機能も持ったハイブリット生地です。
ITEM

国産のしなやかなコットン

国産のしなやかコットンホワイトダイアゴナルシャツ 洗濯前

明らかに質感、肌触りが良さそう

WASH
国産のしなやかコットンホワイトダイアゴナルシャツ 洗濯後
アイロン必須

これはクリーニングに出したいレベル。良い生地感を活かせるようにメンテも丁寧にしたいところ

STAFF'S REVIEW スタッフの感想

ドラム型洗濯機で脱水を3分の設定で、外干しをしました。洗い上がりは「あちゃー、シワシワだな。アイロン頑張ろう!」という感じです。

そこで、アイロンをかけてみるのですが、形態安定が入っているものに比べると、とても難しい。車に例えるなら、オートマとマニュアルくらいの違いはあるなと感じました。そして、スタッフ的には、これは自分でアイロンを諦めて、クリーニングに出そうと思いました。

ABOUT FABRIC 生地について
コットン100%の国産生地です。素材の良さをそのままに、着心地の良さを追求した生地です。