スーツの色はどう選ぶ?印象やシーン別おすすめコーデを紹介

この記事は約9分で読めます

スーツをおしゃれに着こなすポイントの一つが「色」。ブラックやネイビー、グレー、ブラウンなどさまざまあり、選ぶスーツの色柄によって相手に与える印象も異なります。

TPOに合わない色のスーツを着ると、場合によっては失礼にあたることもあるので、それぞれの特徴をおさえておく必要があります。

今回はスーツが持つ色の印象や、シーン別におすすめのスーツの色を紹介します。スーツコーディネートの参考にしてくださいね。


この記事を監修した人加藤 尚海(FABRIC TOKYO 名古屋栄)

FABRIC TOKYO名古屋栄店の加藤です!体型やライフスタイルに合ったサイズ提案はもちろんですが、生地が大好きなので生地提案でもお客さまに喜んでいただけるよう日々勉強しています。FABRIC TOKYOでは300前後のスーツ生地がありますが、特に「AUTHENTIC PLUS」が好きです。生地選びはとても悩むと思いますので、ぜひ一緒に悩ませてください。

1. 【スーツの色】ネイビーが与える印象と着こなし方

ネイビーは紺色のことですが、明るさによってそれぞれ与える印象が異なります。まずはネイビーの色味の違いや種類、それぞれのイメージについて紹介します。

1-1. ネイビーの種類

suitcolor02

(左)ダークネイビー (右)ライトネイビー

ネイビーは濃淡によって色味に幅があり、濃い色味の紺を「ダークネイビー」、明るめの紺を「ライトネイビー」と呼び分けています。両方の中間の色合いが一般的な「ネイビー」です。

いずれもネイビーに変わりありませんが、ダークネイビー(濃紺)とライトネイビーでは色味が大きく異なります。スーツは明るければ明るいほどカジュアルな印象が強くなるため、TPOに合わせて選ぶようにしてください。

1-2. ネイビーはさわやかで堅実なイメージ

ネイビースーツは、色の明るさで全く異なる雰囲気を持ちます。ダークネイビー(濃紺)は真面目で堅実なイメージがあり、ビジネスシーンで人気のカラーです。

営業や交渉など、信頼を得たい場面では、暗めのダークネイビーかネイビーがおすすめ。初対面の相手に誠実な雰囲気を与えたいときにもおすすめのカラーです。

一方、ライトネイビーのスーツは若々しくさわやかなだけでなく、おしゃれで華やかな印象になるのでパーティスタイルにぴったりです。

ネイビースーツについて詳しくは「ネイビースーツを格好よく着こなすたった4つの方法!ネクタイや靴はどう合わせる?」も参考にしてください。

2. 【スーツの色】グレーが与える印象と着こなし方

グレーもメンズスーツではおなじみの色ですが、濃淡による色の違いによって与える印象が異なります。グレースーツの種類や特徴、着こなし方などを確認しましょう。

2-1. グレーの種類

suitcolor06

(左)チャコールグレー (右)ライトグレー

グレーは中間の「グレー」を基準として、暗めの「チャコールグレー」と明るめの「ライトグレー」に分かれます。

チャコールグレーは落ち着いた雰囲気でビジネスシーンの定番色。ライトグレーは明るく華やかな印象なので、結婚式の二次会やパーティーなど華やかなシーンにおすすめです。

2-2. グレーはやわらかく落ち着いた印象

グレースーツは、ネイビースーツと並んでビジネススーツの王道です。基本的にやわらかく落ち着いた印象ですが、明るさや生地の光沢などによって見た目の印象がガラリと変わります。欧米ではスーツの色のなかでグレーが最もエグゼクティブといわれているほどです。

3. 【スーツの色】黒が与える印象と着こなし方

黒のスーツは、さまざまなシーンに対応できる一方で、着用する際には気をつけたい注意点がいくつかあります。黒のスーツが持つ雰囲気や種類について確認していきましょう。

3-1. 黒の種類

ビジネスシーンで着用する黒いスーツの他に、冠婚葬祭で着用する「ブラックスーツ」があります。両者は黒の度合い(深み)が大きく異なり、まったくの別物です。

suitcolor08

(左)ビジネス用の黒いスーツ (右)ブラックスーツ

ドレスコードがインフォーマル(略礼装)と指定されている場面では、冠婚葬祭用のブラックスーツを着用します。ビジネス用の黒いスーツでは色が薄く、マナー違反になるため気をつけましょう。

ドレスコードについて詳しくは、「ドレスコードとは?NGポイントも含めて初心者にも分かりやすく解説!【メンズ編】」も参考にしてください。

3-2. 黒はクールで都会的な印象

ビジネス用の黒スーツは、就活や成人式など幅広いシーンで着用できる人気のカラーです。クールで都会的な印象なのでコーディネート次第でおしゃれに着こなせます。

一方、冠婚葬祭で着用するブラックスーツは、基本的にビジネスシーンでは着用しません。欧州などの海外では黒無地のスーツ全般を「喪服」としているため、ビジネスシーンでブラックスーツを着用すると失礼にあたることもあります。特に海外の企業と取引がある場合は注意しましょう。

ブラックスーツについて詳しくは「ダークスーツとは?ブラックスーツとの違いからおすすめコーディネートまで徹底解説!」を参考にしてください。

4. 【スーツの色】ブラウンが与える印象と着こなし方

王道のネイビーやグレー、黒だけでなくブラウン系のスーツも人気があります。ブラウンの種類やブラウンのスーツが与える印象について確認しましょう。

4-1. ブラウンの種類

suitcolor13

(左)ダークブラウン (右)ライトブラウン

ブラウンスーツの色は、暗めの「ダークブラウン」と明るめの「ライトブラウン」があります。ブラウンは大地を感じさせる「アースカラー」。ブラウンスーツを着用することで他のスーツの色にはない、暖かくてやわらかい印象を演出できますよ。

「アースカラー」とは?

アースカラーは、自然が織りなす美しい色のこと。たとえば大地や木の幹、空や海などを表現しています。

4-2. ブラウンは暖かみがあり、おしゃれな印象

ブラウンは、暖かみや温もりが感じられる色合いなので、秋冬に人気の色です。落ち着いた雰囲気を演出したいときは、暗めのダークブラウンを選ぶのがおすすめ。トレンドを意識した個性的でおしゃれな雰囲気にしたいときは明るめのブラウンを選びましょう。

一見すると地味になりがちなダークブラウンですが、差し色としてネクタイやチーフにピンク、イエロー、オレンジなどの華やかなカラーを合わせれば一気に明るい雰囲気になりますよ。

5. 【シーン別】スーツの色とおすすめコーディネート

就活や面接、結婚式、二次会などではどんな色のスーツが適しているのでしょうか。シーン別におすすめのスーツの色と、コーディネートについて紹介していきます。

5-1. 就活や面接には「ネイビースーツ」で誠実な印象に

suitcolor16

就活ではマニュアルどおりの服装や髪型、持ち物で足並みをそろえて安心感を得ようとする学生が多いようです。しかし、リクルートスーツは必ずしも黒である必要はなく、「ファッションにももっと自己主張があってもよい」と考える企業も増えています。

とはいえ、就活や面接では誠実な印象を与えたいのも事実です。ダークネイビースーツにホワイトシャツとレジメンタルタイを組み合わせ、「誠実・さわやか・知的」の三拍子が揃ったスタイルはいかがでしょうか。

5-2. 新社会人!入社式には「グレースーツ」で親しみやすい雰囲気を

suitcolor20

新社会人はコーディネートしやすいネイビーやグレーなどダーク系のスーツがおすすめです。ベーシックな無地のスーツだけでなく、時にはグレンチェックのスーツで親しみやすい雰囲気を演出してみましょう。

インナーは白や淡い色の無地シャツですっきりとした印象に。ネクタイは細かな柄物ではなく、鮮やかでハッキリした色柄を選べば落ち着いたなかにも若々しいイメージがプラスされますよ。

5-3. 「ブラウンスーツ」でビジネスシーンにおしゃれをプラス

suitcolor201

定番色のネイビーやグレーだけでなく、ときにはブラウンスーツを着こなしてみませんか。落ち着いた印象のブラウンスーツですが、光沢感のある素材で体にフィットするデザインをチョイスすればおしゃれ上級者に見せてくれます。

シンプルなサックスシャツを合わせれば、すっきりとしたまとまりのある着こなしになりますよ。ネクタイは柄物やハッキリとした色合いのものを選んでアクセントにしましょう。

5-4. 結婚式や披露宴は「ブラックスーツ」でシャープに

結婚式や披露宴ではブラックスーツが定番。ベスト付きのスリーピースで着飾れば、よりフォーマルな装いになります。せっかくのおめでたい席なので、襟先が前に折り返されている「ウイングカラーシャツ」でさらに華やかさをプラスしてみてはいかがでしょうか。首元は蝶結びのボウタイと合わせたスタイルがおすすめです。

ポケットチーフは結婚式や披露宴では必須アイテム。招待してくれた人への「感謝」や「祝福」を意味します。シャツの色と同色のチーフを選んでまとまり感を演出しましょう。

6. スーツ1着38,000円からオーダーできる

スーツにはビジネスで定番のネイビーやグレーの他、ブラックやブラウンなどさまざまな色があります。それぞれの特徴や与える印象、シーン別のおすすめアイテム、コーディネートなどを紹介しました。

スーツは柄やデザインだけでなく、色によっても雰囲気が大きく変わります。シーンに合わせてスーツのおしゃれを楽しみましょう。

ビジネスウェアのオーダー専門店「FABRIC TOKYO」のオーダースーツは、好きな生地の色柄を選んで、自分にぴったりのサイズやお好みのデザインにカスタマイズできます。自分だけの特別な一着を作ってみませんか。ご来店お待ちしております。

「FABRIC TOKYO」でスーツをオーダーしませんか?

FABRIC TOKYOはビジネスウェアのオーダー専門ブランドです。スーツはもちろん、シャツやカジュアルジャケット、カジュアルパンツ、チノパン、セットアップなどもオーダー可能です。20代〜40代のオーダー初心者の方にも多くご利用いただいています。

◎「FABRIC TOKYO」が選ばれている理由

1.スマホでオーダー
店舗で採寸したサイズデータはオンライン上に保管されます。その後はPCやスマホからいつでもオーダーできます。「採寸したら買わないといけない」という心配も必要ありません。

2.スーツが1着38,000円〜
「FABRIC TOKYO」では中間業者を介すことなく最短ルートで工場とお客さまをつなぐことで、品質にも妥協することなく、スーツ1着38,000円から体験できるオーダーメイドを実現しています。

3.お届けから50日間は無料でお直し
着心地やサイズ感に違和感がある場合は、お届けから50日間は無料で1回までサイズのお直しをさせていただきます。オーダー初心者でも安心してオーダーできます。

◎購入の流れ

「FABRIC TOKYO」のカスタムオーダー商品をご購入いただくには、採寸とサイズ登録が必要です。採寸にかかる時間は約30分。「まずはサイズ登録だけして、家でじっくり商品を検討したい」というご要望も承っております。

首都圏や関西エリア、名古屋、福岡にも店舗がございますので、お気軽にお近くの店舗までお越しください。

来店予約はこちら

KEYWORDS

ブラックスーツコーディネートネイビースーツネクタイ結婚式
シェア ツイート LINEで送る