スリーピーススーツのジャケットとベストの画像

スリーピーススーツのマナーやメリットは?シーン別おすすめのスタイル3選も!

最近、おしゃれに敏感な男性から注目されている「スリーピーススーツ」 。

スリーピーススーツの着こなしは難易度が高いだけでなく、シーンによっては「マナー違反なのでは?」と思っている人も少なくありません。

今回は、スリーピーススーツについてのマナーや魅力を深掘りすると共に、 おしゃれに着こなすポイントやシーン別おすすめコーディネートなどを紹介します。ぜひ参考にしてください。

1.スリーピーススーツとは?

スーツにベストをプラスしたスタイルのことを「スリーピーススーツ」といいます 。その他にもいくつかの特徴がありますので、理解を深めるためにもスリーピーススーツの特徴を深堀りしていきましょう。

1-1.スリーピーススーツはスーツスタイルの一種

スリーピース以外のスーツとして「ツーピーススーツ」があります。スリーピーススーツは、ジャケットとスラックス、ベストの3点で構成されているスタイルです。一方ツーピースは、ジャケットとパンツの2点で構成されているスタイルのことを言います。

three-piece-suit01

(左)スリーピース、(右)ツーピース

スリーピーススーツは、もともとイギリスで発祥したスーツです。日本では「三つ揃えスーツ」と呼ばれることもあります。

1-2.ベストを着ればスリーピースになる?

スリーピーススーツの特徴は、単にスーツにベストをプラスしたスタイルということだけではありません。ジャケットとパンツ、ベストの3点が“同じ生地”でセットになっていることがポイントです。

一方3点の生地がセットではなく、「オッドベスト」を合わせるスタイルもあります。この場合はスリーピーススーツとは呼びません。

「オッドベスト」とは?
オッドは「片方」「半端」を意味し、オッドベストはスーツとセットではなく単品で販売されているベストのことを言います

 

オッドベストは、ツーピーススーツのインナーとして着用したり、シャツの上から着たりと便利にコーディネートできます。一枚あればとても便利なアイテムです。

 

FABRIC TOKYOの「AUTHENTIC ライトグレー無地ベスト」は、シンプルなグレーの無地ベスト。ブラックスーツとの相性も良く、結婚式などのフォーマルシーンはもちろんビジネスシーンでも幅広く活用できます。

three-piece-suit02

1-3.スリーピーススーツは失礼?

本来、正式なスーツスタイルであるスリーピーススーツですが「失礼にあたるのでは?」と考える人もいます。しかし、スリーピーススーツを着用すること自体は失礼にあたりません。

ただし、就職活動においては基本的にNGとされています。就職活動は、「おしゃれさ」や「格式の高さ」をアピールする場ではないため、自己主張が強すぎるスリーピーススーツはおすすめできません。しかし、就職先がアパレル関係など「服装のセンス」を求められる職種であれば、企業によってはOKな場合もあるでしょう。

初対面の人や目上の人の前で新入社員などがスリーピースを着用すると、なかには「偉そう」というイメージを抱く人もいます。この点も注意しましょう。

また、スリーピーススーツはお葬式でもNGとされています。公式の場で着用する格式の高い正装なので、「親族よりも格式が高くなる」というのが理由です。

2.スリーピーススーツの魅力とは?

スリーピーススーツにはどのような魅力があるのでしょうか。ここでは、スリーピースの魅力について紹介します。スリーピーススーツをおしゃれにコーディネートしたい人は、ぜひ参考にしてください。

2-1.大人のおしゃれを演出できる

スーツの原点とされるスリーピーススーツは、大人のおしゃれを演出できるアイテムです。

ベストをプラスすることによってVゾーンから見えるネクタイが胸元の立体感を表現し、胸板厚くたくましい印象を与えます。上品な佇まいでありながら、男性らしい雰囲気を演出してくれるところがスリーピーススーツの魅力の一つです。

2-2.防寒対策になる

スリーピーススーツは、ジャケットの下にベストを着用するので防寒対策にもなります。

コートを着るほど寒くないものの、なんとなく肌寒い時期にもスリーピーススーツは大活躍。ジャケットの下にベストを着用しているため、コートなしでも程よい暖かさを感じられるでしょう。

また、春夏はジャケットを着用せずシャツスタイルになることもありますが、シャツだけでは冷房の風が冷たく感じることも。そんな時、スリーピースのベストが大活躍。一枚ベストを着るだけで体温調節が可能です。

2-3.ジャケットを脱いでもきちんと感が出る

ジャケットを脱いでオフィスで仕事をする場合、シャツの上からスリーピースのベストを着用しているだけできちんと感が出ます。

ジャケットを着たまま座って仕事をするのは窮屈に感じますが、ベストならきちんと感を出しつつも動きやすく、快適に仕事ができるでしょう。

2-4.コーディネートの幅が広がる

スリーピーススーツだからといって必ずしもジャケットとスラックス、ベストの3点セットで着用する必要はありません。

時には、ベストを着ずにジャケットとスラックスのツーピースで着こなすこともできます。

3.スリーピーススーツ着こなしのポイント

スリーピーススーツをスマートに着こなすにはいくつかのポイントがあります。確認していきましょう。

3-1.フィット感にこだわる

スリーピーススーツは、サイズ選びが何よりも重要です。フィット感にこだわっておしゃれに着こなしましょう。

大きめサイズを選んでしまうと、だらしなく見えてしまうこともあるので注意が必要です。スリーピーススーツをおしゃれに着こなすには、自分のサイズに合ったフィット感のあるものを選びましょう。

3-2.着丈の長さを意識する

スリーピーススーツのベストは、着丈の長さを意識することが重要です。ベストとスラックスの間からシャツが見えるとだらしない印象になります。ベストの丈はベルトの下部分に少しかかる程度のものを選ぶことが大切です。

どうしてもスラックスのずり下がりが気になる場合は、サスペンダーを着用しましょう。スラックスがずり下がるのを簡単に防止できます。

自分のサイズにぴったり合ったスリーピーススーツを選ぶなら、オーダーで購入するのもおすすめです。FABRIC TOKYOでは、サイズ登録をすれば自宅にいながらインターネットでオーダースーツの購入が可能です。

また、自分で採寸するのが難しいという人はスタッフが自宅に訪問し無料で採寸するサービスもあります。

three-piece-suit03

3-3.Vゾーンにこだわる

スリーピーススーツでは、スタイリングのポイントとなるVゾーンにこだわることが重要です。

細身体型の人であれば、たくましい印象に見える襟付きで、かつVゾーンが深めのベストを選ぶのがおすすめ。一方ふくよか、がっちり体型の人は、すっきりスリムな印象に見える襟なしのベストを選ぶことがポイントです。

three-piece-suit04 (左)襟あり、(右)襟なし

4.【シーン別】スリーピーススーツおすすめの着こなし

シーン別にスリーピーススーツのおすすめスタイルを紹介します。ぜひスリーピーススーツを着用する際の参考にしてください。

4-1.【商談やプレゼンにおすすめ】ネイビースリーピーススーツ

大切なビジネスシーンでは、きちんと感がある白シャツに上品さのあるネイビーのスリーピーススーツがおすすめです。

大人の男性らしい上品さが印象的なネイビーのレジメンタルネクタイを合わせることによって、信頼とモチベーションをプラスしているのがポイントです。

three-piece-suit05

「レジメンタル」とは?
レジメンタルは、「軍隊」という意味。もともとイギリス陸軍が軍隊ごとに斜めのストライプネクタイを着用したことが由来(斜めストライプのこと)

4-2.【結婚式におすすめ】光沢感のあるパープルグリーンのスリーピーススーツ

three-piece-suit06

結婚式やパーティにぴったりの、光沢感がある生地が印象的なスリーピーススーツ。オーダースーツならではの個性光る一着です。

シンプルながらも光沢があるホワイト無地のシャツに、トレンド感のあるペイズリー柄のネクタイをプラス。上品さを残しつつ、周りと差をつけたい人におすすめのコーディネート。

three-piece-suit07

4-3.【オンにもオフにもおすすめ】ソフトな印象のブラウンスリーピース

ソフトな印象でおしゃれなブラウンのスリーピーススーツは、オンでもオフでも着回せる万能な一着です。

希少なビンテージの織り機で織る本商品の生地は、ウール本来のシワ回復性を持ちながらも適度に空気を含み、ふっくらとした着心地が特徴です。

three-piece-suit08

5.まとめ

スリーピーススーツのマナーや魅力を深掘りすると共に、スリーピーススーツをおしゃれに着こなすポイントやシーン別のおすすめの着こなしなどを紹介しました。

スリーピーススーツには、コーディネートの幅が広がるだけではなく、大人の男性らしい上品さやきちんと感が出るといった魅力があります。ただし、シーンによってはふさわしくない場合もあるため、マナーを守って着用することが大切です。

FABRIC TOKYOでは、たくさんの生地の中から自分にピッタリのスリーピーススーツをオーダーできます。スリーピーススーツの購入を検討している人は、ぜひチェックしてくださいね。

スーツはもちろん、フォーマルからビジネスカジュアルまでさまざまなアイテムを取りそろえています。ぜひ一度ご来店ください。

この記事を監修した人: 襟川 諒佑(FABRIC TOKYO秋葉原店)