冬のジャケパンスタイル|外さない鉄板コーディネート5選

この記事は約5分で読めます
目次

最近、少しずつ肌寒くなってきましたね。

夏だったらクールビズでジャケット無しで仕事ができたけど、秋から冬にかけては気温も下がるのでそうもいかないですよね。

秋冬は重ね着も増える季節なので、コーディネートに悩みませんか?

この記事では、そんな秋冬におすすめのジャケパンコーディネートを紹介します。

仕事だけではなく、オフの日でも着まわせるコーディネートも合わせて紹介していますので、明日からのコーディネートの参考にしてみてください。


1.冬のジャケパンスタイルのおすすめコーディネート

P9100092

秋冬のジャケパンスタイルでの大事なポイントは”季節感をどうやって演出するか”です。

季節感を演出するためには、”色味”と”素材感”が重要なポイントです。

ポイントをしっかり意識すれば、簡単に秋冬らしいコーディネートをつくることができます。

1-1.ビジネス向けコーディネート

IMG 1704

グレージャケットにベージュのチノパンをあわせたコーディネートです。

暖色系のネクタイを巻けば全体の色味が統一されるので、ネクタイの色味もしっかり気をつけましょう。

1-2.ビジネス向けコーディネート

IMG 1636

こちらはグレージャケットにブラウンのスラックスを合わせました。

一見、重たくなりがちなコーディネートですが、白シャツをあわせることでバランスをとっています。

1-3.休日向けコーディネート

IMG 1661

こちらはグレーのフランネルジャケットを着ています。

素材感、色共に重くなりがちなジャケットですが、シャツとチノパンを白でまとめて軽さのバランスをとっています。

1-4.休日向けコーディネート

IMG 1698

こちらは淡目のネイビージャケットとチノパンを合わせた軽快な色バランスのコーディネートです。

一見無地に見えるジャケットですが、チェック柄で季節感を出しています。

1-5.特別な日向けコーディネート

IMG 1725

こちらは上下ともにブラウン系で統一しています。

ブラウンは一見挑戦しにくそうな色味ですが、柔らかい印象を与えることができるのでおすすめな色味です。


2.冬におすすめの生地紹介

秋冬のジャケットの素材って何を選べばいいのか、分からないって人は多いのではないでしょうか。

ベーシックなウール(毛)素材でももちろんOKなのですが、もっと秋冬らしい季節感をだせる素材を紹介します。

2-1.フランネル

名称未設定 2

フランネル素材は、ウールを起毛加工させた、柔らかくて暖かな毛織物のことを指します。

起毛加工した生地が特徴で、暖かく柔らかい肌触りが特徴です。

見た目にも柔らかで、暖かい印象の生地は秋冬にぴったりです。

2-2.ツイード

IMG 1751

ツイードは、表面は粗っぽい毛織物です。

ツイードは暖かく防寒性が高いことから、秋冬の素材として代表的な存在です。

高級感のある冬用のジャケットとしてはもちろん、コートでも使用されるくらい暖かさに定評があります。

2-3.コーデュロイ

名称未設定

コーデュロイは畝と起毛感が特徴的の生地です。

先に紹介した2つの生地よりも、身近でカジュアルな素材ですが、スーツで用いられるコーデュロイは、艶、光沢感も特別な上質素材のものが多くなっています。

カジュアル寄りの素材のため、上下別々で着ても様になる生地です。


3.おしゃれに見える着こなしルール

R001203

ジャケパンスタイルのサイズ選びのコツは、スーツスタイルと少しだけ異なります。

ジャケットとスラックス(チノパン)の選び方のコツをそれぞれ紹介します。

3-1.ジャケットのサイズは?

ジャケットのサイズ選びのコツは2点あります。

それは、”着丈”と”ウェスト”です。

それぞれの選ぶ目安を説明します。

着丈:着丈はフォーマルジャケットなら、お尻が8割程度隠れるのがセオリーですが、ジャケパンスタイルの場合は少し短めの6〜7割程度が目安です。

適度に短いことで、程よいカジュアル感や軽快さを演出することができます。

ウェスト:ウェストはフォーマルジャケットなら、拳が1つ程度入るくらいがセオリーですが、ジャケパンスタイルの場合はそれより少し細めにしましょう。

ジャケパンスタイルの場合、前のボタンをほとんど閉めることがないため、多少細めにしたほうがスタイルアップします。

R001178 2

3-2.スラックス(チノパン)のサイズは?

スラックス(チノパン)のサイズ選びのこつも2点です。

それは、”股下”と”裾幅”です。それぞれの解説をします。

股下:股下の長さはスーツよりも短めがおすすめです。

スーツの時と違い、シューズを選ぶ選択肢が増えるため、どんなシューズを履いてもクッションが適度に入り、スタイルがきれいに見えるからです。

裾幅:意外とここは拘らずに選ばれている方が多いのではないでしょうか。

裾幅を細くすることで、テーパードシルエット(裾に向かって細くなっていくシルエット)が強調され、よりスタイルをよく見せることができます。

ただし、くるぶしが太い方は細めのものを選んでしまうと、座った時にきつい可能性があるので必ず試着をしましょう。

R001202


4.まとめ

さいごに、冬のジャケパンスタイルを検討する際のポイントを整理します。

・秋冬のジャケットを選ぶ際の基準は、”色味”と”素材感”が重要

・秋冬の定番生地は、”フランネル”、”ツイード”、”コーデュロイ”の3つ

・ジャケットのサイズを選ぶコツは、”着丈”と”ウェスト”で、スラックスを選ぶコツは、”股下”と”裾幅”

上記のポイントをしっかり把握し、外さないお洒落なジャケパンスタイルで、今年の秋冬は仕事もプライベートも楽しみましょう。

はじめてのお客さまへ

まずはサイズのご登録から。

サイズの測定・登録は無料で承っております。まずはお気軽に店舗までお越しください。

お近くの店舗をさがす

text by 原田 仁弘(事業推進グループ コーディネーター)

KEYWORDS

チノパンコーディネート生地ジャケットジャケパン
シェア ツイート LINEで送る