これだけでカジュアルスーツを格好よく着こなせる!ビジネススーツとの違いも解説

この記事は約8分で読めます
目次

最近、ビジネス・プライベート問わずカジュアルスーツを格好よく着こなす人が増えています。カジュアルスーツは、堅苦しいイメージがなくコーディネートの自由度が高いのでシーンを問わず着こなせることも魅力の一つです。

今回は、ビジネススーツとカジュアルスーツの違いや、着こなしのポイント、おすすめコーディネートなどを詳しく紹介します。参考にしてカジュアルスーツを格好よく着こなしましょう。

1. カジュアルスーツの特徴

カジュアルスーツとは、その名のとおりカジュアルな雰囲気のスーツです。シャツはもちろんTシャツやニットなどとも相性が良く、着こなしの自由度が高いので、コーディネート次第で自分らしさを演出できます。

casual-suits01

また、軽い素材と仕立てが特徴。基本的にウールを使用するビジネススーツに対し、カジュアルスーツはコットンやリネンなどの素材を使用することも。カジュアルスーツは、相手に軽やかな印象を与えます。

casual-suits02

カジュアルスーツとはいえ、スーツであることは確かです。カジュアルすぎないカッチリした雰囲気はオンオフさまざまなシーンで活躍します。

2. 「カジュアルスーツ」と「ビジネススーツ」4つの違い

スーツは、同じ生地で作られたジャケット・パンツがセットになった衣服のことをいいます。カジュアルスーツとビジネススーツの主な違いは、生地や仕様、コーディネート、着用シーンなどです。それぞれの違いについて確認していきましょう。

【MEMO】
似た言葉に「ビジネスカジュアル」「ジャケパン」があります。ビジネスカジュアルとは、ビジネスシーンにおけるカジュアルな服装全般を指す言葉。ジャケパンとは、テーラードジャケットとパンツを組み合わせた「ジャケット・パンツスタイル」の略語です。ジャケパンについては、「ジャケパンの基本知識|外さない着こなしをFABRIC TOKYOが簡単解説」をご覧ください。

2-1. 生地

一つ目の違いは生地です。ビジネススーツもカジュアルスーツもウールを使用しますが、ビジネススーツにはウーステッドと呼ばれる生地が使われます。ウーステッドは梳毛(そもう)とも呼ばれ、羊毛にくしを通して短い繊維を取り除いたものです。くしでとかした髪の毛のように、一方向に揃っていて艶と光沢が特徴です。

対するカジュアルスーツには、くしを通していない羊毛を用いたウーレン(紡毛/ぼうもう)を使用することが多いです。ウーレンは、光沢がなく起毛感があるのが特徴です。

カジュアルスーツは、ウールだけでなくコットンやリネンといった軽い生地を使用することがあります。ビジネススーツと比べて生地のバリエーションが豊富で、どの素材を用いるかによって仕上がりは異なります。ビジネススーツに比べラフな風合いが特徴です。

2-2. 仕様

ビジネススーツとカジュアルスーツは仕様も異なります。ビジネススーツは表地と裏地の間に芯地(しんじ)という素材がしっかりと入っており、型崩れしにくいのが特徴です。肩パッドも入っているので、着崩れしにくく綺麗なシルエットを保てるようにもなっています。

一方、カジュアルスーツには薄くて軽い芯地が使われています。なかには芯地を使用せず、肩パッドが入っていないことも珍しくありません。気軽に着られるだけでなく、カジュアルな印象を与えられます。

ポケットにも違いがあります。ビジネススーツはフタのような形状の「フラップポケット」が一般的ですが、カジュアルスーツは表地に直接貼りつけたような「パッチポケット(アウトポケット)」が主流です。よりカジュアルな装いをイメージしているなら、パッチポケットがおすすめです。

casual-suits04

フラップポケット

casual-suits03

パッチポケット

2-3. コーディネート

フォーマルな服装のビジネススーツはセットアップで着用し、シャツとネクタイを合わせるのが基本です。

casual-suits05

一方カジュアルスーツは、シャツ、ネクタイに限らず、カットソーやニット、柄シャツなどをインナーに合わせたコーディネートが楽しめます。カジュアルスーツなら、遊びを取り入れたスーツスタイルも可能です。

casual-suits06

2-4. 着用シーン

ビジネススーツは結婚式のようなフォーマルシーンのほか、ビジネスシーンで着用するのが一般的です。ビジネスでは、カジュアルスーツも着用できますが、重要な場ではビジネススーツを着用することが多いでしょう。

また、カジュアルスーツをオフィスワークだけでなくテレワークの服装として活用している人も増えてきました。その他、結婚式の二次会やデートなどプライベートシーンで着用することもできます。カジュアルスーツの着用シーンは幅広く、1着は持っておきたいアイテムと言えるでしょう。

casual-suits07

関連記事
結婚式二次会の服装の正解は?会場別マナーとオシャレコーデ9選【男性編】

3. カジュアルスーツの着こなし3つのポイント

さまざまな着用シーンにマッチするカジュアルスーツですが、格好よく着こなすためには主に3つのポイントがあります。それぞれのポイントをおさえておきましょう。

3-1. 着用シーンや季節感を意識する

カジュアルスーツを格好よく着こなす1つ目のポイントは、着用シーンを意識すること。たとえばオフィスに着ていくならシンプルな白シャツと合わせる、結婚式の二次会に着ていくなら華やかな色のシャツと合わせる、といった具合です。

カッチリしたイメージ、ラフなイメージなど、コーディネートの方向性を踏まえてアイテム選びをすると、シーンに合ったまとまり感のあるスタイルが完成します。

着こなしを考えるうえでは季節感も大切。カジュアルスーツにはさまざまな素材のものがあります。冬はウール系のもの、春夏はリネンやコットンでできた薄手のものを選ぶと季節感をうまく取り入れられます。

3-2. 自分の体形に合ったものを選ぶ

ビジネススーツは、自分に合ったサイズを着用することが大切ですが、カジュアルスーツも同じです。

肩幅や着丈が身体に合っていないスーツを着ると着心地が悪いだけでなく、だらしない印象になり、せっかくのコーディネートが台なしです。カジュアルスーツを格好よく着こなすためにも、自分の体形にあったものを選びましょう。

3-3. 靴や小物選びにもこだわる

カジュアルスーツのコーディネートは自由度が高いため、靴や小物選びにこだわることで個性を出せます。

ビジネススーツのように革靴を合わせるのもいいですが、ラフな場で着用するならスニーカーやキャップと合わせてもOK。

casual-suits08

ビジネスでも襟付きシャツだけでなく、シンプルなTシャツやカットソー、ニットと合わせるなど、多彩な組み合わせを楽しむのもいいでしょう。

casual-suits09

4. シーン別! カジュアルスーツおすすめコーデ

カジュアルスーツの基礎情報や着こなしのポイントについて見てきたところで、ここからは着用シーン別におすすめのコーディネートを紹介します。ぜひ参考にしてください。

4-1. ネイビーとベージュの王道コーデ

casual-suits10

ネイビーのジャケットにベージュのチノパンは、カジュアルスーツの定番コーデです。

白のシャツやTシャツはもちろん、ジャケットと同じネイビーのポロシャツを合わせれば落ち着きのある大人のスタイルの完成。外回りから在宅ワークまで幅広く快適に過ごせます。

4-2. ビジネスからプライベートまでトレンド感を演出

casual-suits11

ネイビーのセットアップは、どんなシーンや着こなしにもマッチする万能アイテムです。

軽いナイロンジャケットと機能性パンツに合わせるのはグレーのニット。ホワイトのカットソーを首元からチラ見せすることで、こなれたトレンド感を演出しています。

4-3. 足元にスニーカーを合わせてリラックスタイムにも

インナーをTシャツにするとカジュアル感が強くなりがちですが、ブラックのTシャツを合わせることでほどよく落ち着いた印象になります。

足元はTシャツと同じくブラックのスニーカー。ブラウンを基調とした上品さとカジュアルさが融合したコーデは、リラックスタイムにピッタリです。

4-4. 社内WEB会議でソフトな印象

最近はWEB会議が増えていますが、どんな服装をすればいいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そんな時におすすめなのが、画面越しにソフトな印象を与えるベージュのカジュアルスーツ。

首元にゆとりのある白Tシャツを合わせれば、やわらかさをプラスできます。機能性の高いパンツとスニーカーを合わせることで、座りっぱなしのテレワークも快適に過ごせそう。

4-5. Tシャツでもビジネスできちんと感のあるスタイリング

casual-suits12

Tシャツもうまく組み合わせれば、立派なビジネスウェアになります。

ポイントは、適度にカッチリ感のあるカジュアルスーツと合わせること。フォーマルとカジュアルの絶妙なバランスによってきちんと感が生まれます。

関連記事
ジャケットのインナーはこの4種類!すぐにマネできるおしゃれコーデ10選も紹介

5. カジュアルスーツを自分らしく格好よく着こなそう

着こなしの自由度が高いカジュアルスーツは、ビジネスからプライベートまで幅広いシーンで活用できる優れもの。

着用シーンや季節に合わせて、カジュアルスーツで自分らしいスタイルを表現してみませんか。自分の好みや身体に合ったスーツを探すなら、オーダースーツもおすすめです。

casual-suits13

カジュアルスーツを上手に取り入れて、ビジネススーツとは一味違うラフな着心地やこなれたおしゃれを楽しみましょう。

この記事を監修した人: 佐野 緑(FABRIC TOKYO吉祥寺店)

KEYWORDS

カジュアルスーツコーディネート生地ジャケットTシャツ
シェア ツイート LINEで送る