ドレスシャツとは?ワイシャツとの違いや選び方についてもご紹介【メンズ】

この記事は約7分で読めます
目次

「ドレスシャツってどういうシャツのこと?」
「ワイシャツとどう違うの?」

普段からスーツを着ている人でも、このような疑問を抱えている人は多いのではないでしょうか?

ドレスシャツとは、フォーマルシーンやビジネスシーンで着るシャツのこと。最近ではカジュアルシーンにも取り入れられるようになってきています。

本記事では、ドレスシャツの定義から選び方、シーン別の着こなし方、またおすすめのドレスシャツを5つご紹介します。

ドレスシャツの理解を深めたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

1.ドレスシャツの定義

ビジネスシーンやフォーマルシーンで着用されるドレスシャツは、ワイシャツとどう違うのでしょうか?

dress-shirt101

結論としては、ドレスシャツと白ワイシャツに大きな違いはなく呼び方が異なるだけ。ただし、ニュアンスが微妙に異なります。

装飾がない白いシャツを「ドレスシャツ」と言い、一方、「ワイシャツ」はストライプや色物など、カジュアル感が強いものも含まれています。

【MEMO】
「ビジネスシャツ」や「カッターシャツ」と呼ばれることもあります。

最近ではドレスシャツがカジュアルシーンでも取り入れられるようになってきています。ドレスシャツを取り入れることで、カジュアルななかにも「きちんと感」をプラスできる点が人気の理由です。

2.ドレスシャツの選び方

自分にぴったりなドレスシャツを見つけるために、覚えておきたいポイントがいくつかあります。

2-1.生地で選ぶ

ドレスシャツにはさまざまな生地(織り方)があります。本記事では、代表的な下記の5つをご紹介します。

  • ブロード
  • ロイヤルオックスフォード
  • ツイル
  • ドビー
  • ヘリンボーン

     

    ドレスシャツの定番の生地である「ブロード」は1本1本の糸が細く、しっとりとした触り心地や光沢感が特徴です。糸が細ければ細いほど光沢感が増し、上質なシャツに仕上がります。

dress-shirt02

「ロイヤルオックスフォード」も細い糸が採用されており、薄手でしなやかな肌触りが特徴です。ソフトな織り上げによって艶やかな光沢をつくり出し、ドレッシーな印象を与えます。

dress-shirt03

ツイルは「綾織り」の別名で、斜めのでこぼこした織り方が特徴的。厚みのある生地なので、シワになりにくい点もポイントです。

dress-shirt04

ドビーは平織りや綾織りの生地に細かい模様を織り上げているため、遠目で見ると無地に見えます。光沢を持つ模様が多く、おしゃれな雰囲気をまとえます。

【MEMO】
平織り:縦の糸と横の糸を交互に浮き沈みさせるもっともベーシックな織り方 綾織り:縦の糸と横の糸を何本か抜かして交差させた織り方

dress-shirt05

ヘリンボーンは、斜めの線が交互に並んだ模様が特徴です。交互に組み合わされているため耐久性に優れており、洗濯をしても変形しにいといったメリットもあります。

dress-shirt06

ビジネスシーンならどの生地を選んでも問題ありません。ブロードはビジネスだけではなく、冠婚葬祭にもぴったりですよ。

2-2.襟型で選ぶ

印象を大きく左右する襟型。ここでは、ドレスシャツに用いられる代表的な4つの襟型をご紹介します。

  • レギュラーカラー
  • ワイドカラー
  • ホリゾンタルカラー
  • ウイングカラー

     

「レギュラーカラー」はドレスシャツの定番のデザイン。襟の長さや開きがスタンダードで、もっとも広く知られている形です。どんなスーツやシーンでも合わせられます。

dress-shirt07

レギュラーカラー

 

「ワイドカラー」もレギュラーカラーと同じように定番です。襟の開きが100〜120度と広く、首回りをすっきり見せられます。こちらも、幅広いデザインのスーツやシーンにぴったり。

dress-shirt08

ワイドカラー

 

関連記事
「ワイドカラーとは?おしゃれな着こなし方についても徹底解説!」

「ホリゾンタルカラー」は、ワイドカラーよりもさらに襟の開きが広く、ほぼ水平の180度に開いた襟型のことをいいます。ネクタイの結び目が目立ちやすく、太めのネクタイとの相性が抜群です。

dress-shirt09

ホリゾンタルカラー

 

ホリゾンタルカラーはビジネスシーンやフォーマルシーンにおすすめですが、個性的な印象を与えるため、お葬式やお通夜などでは基本的に避けたほうが無難でしょう。

関連記事
「ホリゾンタルシャツの着こなし徹底解剖」

「ウイングカラー」は襟先が前に折れたデザイン。タキシードなどのフォーマルなスーツや蝶ネクタイとよく合います。結婚式などではしばしば見かけますが、華やかな印象になるのでビジネス向きではありません。

dress-shirt10

ウイングカラー

 

関連記事
「ウィングカラーシャツの超基本|結婚式の着こなしをわかりやすく解説」

2-3.サイズで選ぶ

ドレスシャツを選ぶときは、サイズにも気を付けなければなりません。サイズが合っていないと、だらしなく見えてしまいます。

ここでは、「首回り」と「裄丈」の測り方、注意点をご紹介します。

dress-shirt11

<首回り>

首回りは、喉ぼとけの下あたりをメジャーで測ります。

シャツの一番上のボタンを留め、すき間に指を入れてみましょう。2本ほど入るゆとりがあれば、ジャストサイズです。もう少し首回りに余裕が欲しい人は、指が3本入るくらいのゆとりを作りましょう。指3本以上のゆとりを作ってしまうと、今度は首元がだらしなくなってしまうので、注意が必要です。

基本的に、首回りのジャストサイズは実寸+3cmです。例えば首回りが35㎝なら、首回りが38cmのシャツがぴったりです。

<裄丈>

裄丈は、首のつけ根の中心から手のくるぶしまでをメジャーで測ります。首の後ろから肩先、袖口までの長さが裄丈です。裄丈を測ると、体にぴったりな袖の長さが分かります。

洗濯やクリーニングをすると生地が縮むため、縮む分をあらかじめ計算しておくことがポイント。例えば綿100%のシャツなら、1~2㎝ほど余裕を持たせておくとよいでしょう。

3.ドレスシャツは私服にもおすすめ!カジュアルに着こなすポイント

私服にドレスシャツを取り入れると、きれいめカジュアルに仕上げられます。ここでは、カジュアルに着こなすポイントをご紹介します。

3-1.袖をまくり上げてアクセントをプラス

ドレスシャツの袖をまくり上げればすっきりした印象に。袖部分のちょっとしたアクセントになり、抜け感も演出できるので、カジュアルなコーデにぴったりです。

【基本編】袖のまくり方
①袖口のボタンを外す
②袖口を1回折り返す
③もう2回、同じ厚みで折り返す

3-2.デニムと合わせてカジュアル感アップ

デニムにドレスシャツを合わせるのもあり。カジュアルなデニムでも、フォーマルなドレスシャツによってきちんと感をアピールできます。

おすすめは、ドレスシャツにシンプルなデニムを合わせたコーデ。シャツの裾をパンツにしまいこむことで、清潔感のある大人カジュアルな印象になります。

4.おすすめのドレスシャツ4選

最後に、ビジネスウェアのオーダー専門店「FABRIC TOKYO」のおすすめドレスシャツを4つご紹介します。

4-1.NON IRON EASY CARE ホワイトブロードシャツ

dress-shirt12

ドレスシャツの定番であるブロード生地を採用していて、しっとりした触り心地と光沢感が特徴です。

コットンとポリエステルが混ざっており、通気性と吸水性に優れています。冠婚葬祭からビジネスまで、幅広いシーンで着用可能です。

4-2.NON IRON EASY CARE ホワイトロイヤルオックスフォードシャツ

dress-shirt13

薄手でしなやかなロイヤルオックスフォードを採用。艶やかな光沢で、ドレッシーな印象を与えます。

シワができにくくアイロンも不要。お手入れが簡単なので、ビジネス用のドレスシャツを探している人におすすめです。

4-3.NON IRON COTTON 100 ホワイトドビーシャツ

dress-shirt15

光沢感が美しいドビーを採用したドレスシャツ。上質なコットン100%の生地で、滑らかな肌触りが特徴です。

嫌味がなくさらりと着こなせるので、ビジネスシーンにドレスシャツを取り入れたい人は、ぜひ検討してみてください。

4-4.NON IRON COTTON 100 ホワイトヘリンボーンシャツ

dress-shirt16

耐久性と柔軟性を兼ね備えたヘリンボーンを採用。こちらも上質なコットン100%の生地になっているため、肌触りの良さが特徴の一つです。

形態安定加工が施されているため普段のお手入れも簡単。華やかさと実用性を兼ね備えたドレスシャツです。

5.ドレスシャツをオーダーしてみませんか?

ドレスシャツは基本的にビジネスシーンやフォーマルシーンで着用するためのシャツです。しかし最近では、私服でも取り入れられるなど、幅広いシーンで大活躍してくれます。一枚持っておくと便利ですよ。

FABRIC TOKYOでは自分にぴったりなドレスシャツをオーダーできますので、ぜひ検討してみてください。

この記事を監修した人: 釜谷 諒子(FABRIC TOKYO渋谷MODI店)

KEYWORDS

ドレスシャツ生地
シェア ツイート LINEで送る