ビジネス用のポロシャツは着こなし方でこんなに変わる!ビズポロを徹底分析

この記事は約7分で読めます
目次

今やクールビズの定番として、すっかりビジネスシーンに欠かせなくなったポロシャツ。

ポロシャツの中でも、ビジネス仕様のものは一般的に「ビズポロ」と呼ばれています。

カジュアルなイメージが強いポロシャツをビジネスで着こなすうえで、どのようなタイプを選べばいいのか迷う人もいるのではないでしょうか。

今回は、ビズポロと一般的なポロシャツの違いから選び方、コーディネートまで詳しくご紹介します。

1. ビジネス仕様のポロシャツ「ビズポロ」

polo-shirts01

「ビズポロ」は、ビジネスシーンに適した仕様になっています。

ポロシャツの快適性や適度なラフさがありながら、ワイシャツに通ずるカッチリさを兼ね備えたビジネスウェアです。

まずは、通常のポロシャツとビズポロの違いを解説していきましょう。

1-1. ポロシャツとビズポロの違いは?

そもそもポロシャツとビズポロは目的とする着用シーンが異なります。

2つの特徴を一言で表すと次の通りです。

・ビズポロ:ビジネス仕様に仕立てたポロシャツ。ワイシャツに似た前開きタイプもある
・ポロシャツ:もともとはスポーツで着用されていたスポーツ仕様のポロシャツ

スポーツウェアとして広まったポロシャツに比べ、当初からビジネス向けに作られたビズポロ。

ビズポロは伸縮性に優れており、通気性や吸水性に優れた素材が使われているため、クールビズスタイルにぴったりです。

ビズポロの活用シーンは意外と多く、ややかしこまった場面では上からジャケットを羽織るだけでカッチリとした雰囲気になります。

polo-shirts04

1-2. ビズポロには2つのタイプがある

ビズポロには、大きく分けて「プルオーバータイプ」と「前開きタイプ」の2種類があります。

長袖のビズポロもありますが、クールビズでは半袖のビズポロが主流です。次に2つのタイプについて説明します。

A. プルオーバータイプ

プルオーバータイプは通常のポロシャツと同様、ボタンが3つ付いていて胸元だけが開くタイプのビズポロ。

その名の通り、頭から被って着ることができます。

polo-shirts05

通常のポロシャツに近い形なので前開きタイプよりもカジュアルな印象です。裾をズボンから出すタックアウトでも違和感なく着こなせるのがポイント。

ビズポロの主流といえば、このプルオーバータイプですが、よりカッチリとしたビズポロを探しているなら前開きタイプもおすすめです。

B. 前開きタイプ

前開きタイプのビズポロはワイシャツのように上から下までボタンがあり、羽織るようにして着ることができます。

ワイシャツと同じような着こなしができるため、ネクタイを締めても違和感がありません。

見た目はワイシャツに近いですが、素材はポロシャツなので、夏でも涼しげな印象で快適に着用できるのがポイントです。

2. ビジネスで着るポロシャツの選び方5つのポイント

カジュアル感が強い「ポロシャツ」をビジネスシーンで着用するなら選び方をしっかりとおさえておきたいところです。

ビジネスで着るポロシャツを選ぶ際に確認したい5つのポイントを紹介します。

2-1. 台襟があるタイプを選ぶ

台襟とは、シャツの首元で襟の土台となる帯状のパーツのこと。

polo-shirts

ワイシャツは台襟によって襟が立ち上がっており、見た目が立体的になります。

ビジネスシーンで着用するポロシャツも台襟があるタイプを選ぶのがおすすめです。

首周りに立体感があるとフォーマル感が生まれ、ジャケットとの相性もよくなります。

台襟のないポロシャツだと首元がのっぺりとした見た目になり、相手にカジュアルすぎる印象を与えてしまうかもしれません。

2-2. ノータイでもキマる襟型を選ぶ

クールビズではノーネクタイが基本ですが、普段着ているシャツのネクタイをただ外すだけでは「だらしない印象」になってしまいがち。ビズポロでもこれは同じです。

ノーネクタイでも着こなせる襟型のものを選ぶようにしましょう。

おすすめはボタンダウンや、襟の開きがほぼ水平になっているホリゾンタルカラーといった襟型です。この2つの襟型を選べばネクタイをしなくても首元を立体的に見せることができるでしょう。

polo-shirts07

2-3. ベーシックな色柄を選ぶ

カラーはベージュやブラック、グレー、ネイビーなどベーシックなものを選びましょう。

柄は無地もしくはストライプのものがおすすめ。胸元にある小さな刺繍など、ワンポイント程度の装飾であれば問題ありません。

polo-shirts09

2-4. 裾をインしてもスマートなサイズを選ぶ

polo-shirts10

ポロシャツは、裾をタックアウト(ズボンから出すこと)するとラフな印象になり、タックイン(ズボンの中に入れること)するとスマートできっちりとした着こなしになります。

ビジネスシーンでシャツを着用するならタックインが基本。

ビズポロもタックインすることを考えて、裾が短すぎないものを選びましょう。

2-5. 快適に過ごせる機能素材を選ぶ

polo-shirts11

クールビズで着用するなら涼しく快適なことはもちろん、見た目にも涼しげな印象を与える素材を選びたいところです。

快適なビズポロを上手に着こなせば、暑い夏でも清潔感のあるスマートな印象になります。

ポロシャツの定番である鹿の子編みのコットン素材のほか、ニット素材やパイル素材もおすすめ。最近では吸汗速乾性に優れた新素材のポロシャツもあるので、合わせてチェックしておきましょう。

2-6. ディティールにこだわる

ポロシャツは基本的にシンプルなアイテムであるがゆえ、ディティールが大切。特に意識したいのが、首元の印象を決める「襟」とアクセントになる「ボタン」です。

FABRIC TOKYOのポロシャツは、コンパクトな襟によってシャープで洗練された首元を演出。高級感のある貝ボタンをあしらうことで、ビジネスに適した上品さときちんと感が生まれます。

3.ビジネスでポロシャツ!おすすめコーデ5選

ビズポロを選ぶ際のポイントを解説してきましたが、着こなしがわからない人も多いはず。

ここからはビジネスでポロシャツを着用するにあたって参考にしたい、おすすめコーディネートを5つ紹介していきましょう。

3-1. ラクなのにきちんと見えるワークスタイル

polo-shirts12

ネイビーのジャケットにベージュのチノパンという、程よい落ち着きのあるジャケパンスタイル。インナーにネイビーのポロシャツを合わせています。

動きやすくてラクなポロシャツは単体だとラフに見えがちですが、ジャケットを上手に合わせることによってきちんと感を演出できるのです。

3-2. クリーンに仕上げる爽やかコーデ

ベーシックな白のポロシャツをタックアウトした、暑い夏のビジネスコーデ。

スラックスと黒い革靴でシックにまとめた下半身に対し、白のポロシャツは夏でも清潔感があり、全体をクリーンで爽やかな印象にまとめてくれます。

3-3. シックにまとめるブラックポロコーデ

軽やかなポロシャツだからこそ、ブラックでも重すぎないシックなコーデにまとめられます。

ネイビーのパンツと組み合わせれば、少しお腹周りが気になる人も体型をカバーできてしまうのがうれしいポイント。

3-4. ビジネスでも好印象の鉄板コーデ

シンプルで合わせやすいネイビーのポロシャツと細身のチノパンの組み合わせは、上品で間違いない鉄板コーデ。

カジュアルだけどラフすぎない絶妙なバランスは、プライベートのみならずビジネスでも好印象です。

3-5. グレーポロで落ち着きと爽やかさを演出

グレーのポロシャツは、シックで落ち着いた雰囲気をもたらしてくれるアイテム。

ネイビーやブラックなど濃い色のスラックスと合わせれば、見た目にも涼しげで暑い日にピッタリの爽やかコーデが完成します。

タックアウトでカジュアルに着こなすもよし、タックインで上品にまとめるもよしです。

4. ポロシャツをビジネスシーンでクールに着こなそう

ビジネスシーンに合わせるポロシャツの選び方や、おすすめコーディネートについて紹介しました。

ビジネスシーンでポロシャツをカッコよく取り入れたいなら、自分にフィットするサイズ感のものを選ぶのが大切です。

FABRIC TOKYOのポロシャツなら、お客様の体型データにフィットするサイズを自動でご提案。ポロシャツをよりスマートに着こなせます。

クールビズに不可欠なビジネス仕様のポロシャツ。上手に取り入れて、程よくきちんと感のあるおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事を監修した人: 赤川 圭(FABRIC TOKYO表参道店)

KEYWORDS

ビズポロボタンクールビズコーディネートポロシャツネクタイ
シェア ツイート LINEで送る