半袖のワイシャツはダサい?いいえ、着こなしとサイズ感でかっこよく着こなせます!

この記事は約7分で読めます

うだるような暑さが続く日本の夏。クールビズの期間に向け、半袖ワイシャツの購入を検討している人も多いはずです。一方で、「半袖ワイシャツなんて着こなせない」と思っている人も少なくありません。確かに、ちょっと方向性を間違えると、半袖のワイシャツは一気にダサくなってしまいがち……。

どんなところに気をつけて選べば、半袖のワイシャツをおしゃれに見せられるのでしょうか。半袖のワイシャツを着るうえで外せない、おしゃれに着こなすポイントを解説します。

この記事を監修した人久保 裕映|ANSWER 編集部(FABRIC TOKYO 新宿)

FABRIC TOKYO・コーディネーターの久保です!時代に沿ったビジネスウェアの提案を心掛け、日々ニーズ以上のものをお客さまに体験していただけるよう、努めております。私生活では二児の父で日々、育児・家事・仕事に奔走中です💪

1. 半袖のワイシャツってダサい?その理由とは?

クールビズが一般的になったこともあり、半袖のワイシャツがよく売られています。しかし、若い世代のなかには「ダサく見られてしまわないか」と心配し、半袖のワイシャツを敬遠している人も少なくありません。

半袖ワイシャツがダサく見えてしまうもっとも大きな理由が、袖周りのダボっとしたサイズ感です。量販店などで売られている安価な半袖ワイシャツの多くは、袖口がかなり太めに作られています。袖周りがだぶついていると、サイズが合っていないように見えるので、どうしてもだらしない印象を与えてしまいます。

とはいえ、高温多湿で不快指数の高い日本の夏……。少しでも涼しい服装で乗り切るためにも、半袖のワイシャツはビジネスパーソンにとって必須のアイテム。「ダサい」といった先入観を捨てて、おしゃれに着こなす方法を知っておくことが大切です。

2. ダサく見せない半袖のワイシャツの選び方

どんな部分に気をつけて半袖のワイシャツを選べば、ダサく見えないのでしょうか。気を付けたいポイントは下記の3つ。

・腕周りのサイズに気を付ける
・タックインにぴったりな着丈を選ぶ
・襟のデザインを重視する

1つひとつ詳しく見ていきましょう。

2-1. 腕周り(アームホール)のサイズに気を付ける

半袖のワイシャツをかっこよく着こなしている男性の腕周りを見てみてください。二の腕のラインに沿ってぴったりフィットしていることに気付くと思います。

前述したように、腕周りがダボっとしていると半袖ワイシャツはダサく見えてしまいがち。おしゃれに着こなすためには、首回りやお腹周りだけでなく腕周りも意識し、ぴったりしたサイズ感の半袖ワイシャツを選ぶことが大切です。

お店によって呼び名は変わりますが、例えば「スリムフィット」や「スリムサイズ」などの半袖ワイシャツは、腕周りのサイズも小さめに作られています。

2-2. タックインにぴったりな着丈を選ぶ

ビジネススタイルでは、ワイシャツの裾をパンツの中に入れ込むタックインが基本です。タックインは、長袖ワイシャツでも半袖ワイシャツでも方法は一緒。骨盤の上にベルトのラインを持ってきたら、パンツの中にワイシャツの裾をしまいます。

このとき、裾に適度なゆとりを持たせるのがポイント。余裕を持たせずにぱつぱつに入れてしまうと、サイズが合っていないのでダサく見えてしまいます。

また、着丈が長すぎるワイシャツだと、タックインをするときにパンツの中でワイシャツの裾がごわついてしまいます。その結果、腰周りがもたつき、野暮ったくなってしまいがち。半袖のワイシャツの着丈は、タックインをした状態で両腕を上げても、裾が出ない程度の長さがベストです。

【MEMO】

裾をパンツの外に出す「タックアウト」は、だらしない印象を与えてしまうためビジネスシーンではNGです。

2-3. 襟のデザインを重視する

半袖のワイシャツを着るときは、ノーネクタイが基本です。半袖ワイシャツをおしゃれに見せるためには、襟の形にこだわることがとても大切。

襟のシルエットがきれいな半袖ワイシャツを選びましょう。例えば、襟の先を小さなボタンで留めるボタンダウンカラ―や、襟の開きが大きいホリゾンタルカラーなどがおすすめです。

ボタンダウンとホリゾンタルのがぞ

(左)ボタンダウン (右)ホリゾンタル

3. 必ず覚えておきたい半袖ワイシャツのビジネスマナー

半袖ワイシャツの上にジャケットを羽織る行為は絶対にNG。

スーツを着る際の基本的なルールとして「ジャケットの袖口からはワイシャツの袖が1センチ程度のぞいているのが正しい」とされているからです。半袖のワイシャツを着ていては、ジャケットの袖口からワイシャツの袖をのぞかせることはできません。

また、半袖のワイシャツの上にそのままジャケットを羽織ると、素肌とジャケットが直接触れてしまいます。ジャケットに汗や皮脂汚れがついて清潔感のない印象を与えるだけでなく、ジャケットが傷む原因にもなります。

ジャケットの着用が必須なときは、半袖のワイシャツではなく長袖のワイシャツを選ぶようにしましょう。

4. おしゃれなメンズは知っている!半袖のワイシャツを着こなすポイント

半袖のワイシャツを素敵に着こなしている男性は、おしゃれに見えるポイントを心得ています。

注目するべきポイントは、ワイシャツとパンツの色のコーディネートです。色に気を付けるだけでも、半袖のワイシャツをかっこよく着こなせますよ。

4-1. 白シャツにはグレーパンツを

白の半袖ワイシャツにグレーパンツのコーディネートは、誰にでも似合う王道の合わせ方です。仕事などで会う相手に、誠実でスマートな印象を与えられます。

白の半袖ワイシャツにネイビーパンツも同様によく合います。

NON IRON EASY CARE

コットンとポリエステルが混紡された定番素材で、通気性と吸水速乾性に優れており、ご自宅での洗濯が可能です。

¥ 7,900
商品をみる

4-2. ブルーのシャツにはネイビーパンツを

クールビズの時期には、さわやかなブルー系の半袖ワイシャツを着てみましょう。ブルー系の半袖ワイシャツには、同系色であるネイビーパンツがぴったりです。

とくに、薄いブルーの半袖ワイシャツと濃い目のネイビーパンツは相性が抜群。全体的に引き締まり、なおかつ涼しげな印象になります。

NON IRON EASY CARE

形態安定性の程度を測るW&W性が3.2級をクリアしている為、洗濯後はアイロンなしでもシワがほとんど目立たちません。

¥ 7,900
商品をみる

5. まとめ

半袖のワイシャツをおしゃれに着こなすためには、いくつかのポイントを押さえておくことが大切。なかでも、サイズ感はとても重要です。

体型にフィットするおしゃれな半袖ワイシャツを着て、今年の夏をスタイリッシュに乗り切りましょう。

「FABRIC TOKYO」でシャツをオーダーしませんか?

FABRIC TOKYOはビジネスウェアのオーダー専門ブランドです。シャツはもちろん、スーツやカジュアルジャケット、カジュアルパンツ、チノパン、セットアップなどもオーダー可能です。20代〜40代のオーダー初心者の方にも多くご利用いただいています。

◎「FABRIC TOKYO」が選ばれている理由

1.スマホでオーダー
店舗で採寸したサイズデータはオンライン上に保管されます。その後はPCやスマホからいつでもオーダーできます。「採寸したら買わないといけない」という心配も必要ありません。

2.シャツが1着6,500円〜
「FABRIC TOKYO」では中間業者を介すことなく最短ルートで工場とお客さまをつなぐことで、品質にも妥協することなく、シャツ1着6,500円から体験できるオーダーメイドを実現しています。

3.お届けから50日間は無料でお直し
着心地やサイズ感に違和感がある場合は、お届けから50日間は無料で1回までサイズのお直しをさせていただきます。オーダー初心者でも安心してオーダーできます。

◎購入の流れ

「FABRIC TOKYO」のカスタムオーダー商品をご購入いただくには、採寸とサイズ登録が必要です。採寸にかかる時間は約30分。「まずはサイズ登録だけして、家でじっくり商品を検討したい」というご要望も承っております。

首都圏や関西エリア、名古屋、福岡にも店舗がございますので、お気軽にお近くの店舗までお越しください。

近くの店舗を探す

KEYWORDS

ボタンクールビズジャケット半袖
シェア ツイート LINEで送る