CONTENTS
スーツのスラックスが破れて、ジャケットだけ残ってしまった時の対処法

スーツのスラックスが破れて、ジャケットだけ残ってしまった時の対処法

「スーツのスラックスが破れてしまい、ジャケットだけが残ってしまう。」

「同じ生地のスラックスを求めて、スーツ店を何店舗も訪ね歩いたことがある。」

このような経験をされたことはありませんか?

オフィスではジャケットを脱いで過ごされる方も多く、スラックスだけが消耗していってしまったり、クールビズ期間中にスラックスだけを毎日着ることで破けてしまったり、ジャケットよりもスラックスの方がどうしても寿命が短くなりがちですよね。

ジャケットと同じような生地のスラックスがなかなか見つからず、途方に暮れている皆さまへ、残ってしまったジャケットを上手に活用する方法をご紹介します。


同じ生地のスラックスを再び購入することはできるの?

スラックス単品を購入できるお店は数多くありますが、今お持ちのスーツと同じ生地のスラックスを見つけることは非常に難しいです。 なぜなら、購入したお店にある全く同じ商品、同じ色柄の生地であっても、ロットが違うと微妙に色が違ってくるからです。

(※ロット:生地を作るタイミングが一緒の生地のこと。その時の気温や湿度、糸の状態などにより仕上がる生地の色がごくわずかに異なる。)

購入したお店に在庫があれば同じ生地でスラックスを買い足すことは可能ですが、春夏、秋冬のタイミングで生地の入れ替えを行なうお店が多く、購入した日が数年前であれば、たとえ無地のベーシックなスーツであっても、生地の色味や質感、織り方、デザインにより違和感が生まれてしまいます。

購入されたお店と違うお店でスラックスを探すのであればなおのこと、同じ生地を見つけることは不可能に近いでしょう。


お持ちのジャケットを捨てずに済む方法は?ージャケパンスタイルでの活用がおすすめ

同じ生地でスラックスは作れませんが、残ってしまったジャケットがまだ着れる状態であれば、捨てずに長く愛用したいですよね。

残ってしまったジャケットは、ジャケパンスタイルで活用することがおすすめです。

ジャケパンとは、「ジャケット+パンツ」を略した言葉で、上下揃いのスーツではなく、別素材、別色のジャケットとスラックスを合わせる装いのことを指します。

皆さまの中には、「組み合わせ方がいまいち分からない」、「毎朝コーディネートを考えるのは面倒だ」という理由で上下同じ生地のスーツスタイルをつい選んでしまっている方も多いのではないでしょうか。 そんなあなたへ、誰でもかんたんに取り入れられるジャケパンスタイルのコツをご紹介します!


ジャケパンスタイルのコツ:生地選び

色・柄

ジャケパンスタイルには、ネイビー、グレー、チャコールグレーの無地のスラックスをコーディネートに取り入れるのがおすすめです。

無地のジャケットだけでなく、チェックなどの柄が入っているジャケットとの相性もバッチリです。

ジャケパンスタイルでは色合わせのコツを押さえておくと良いでしょう。

「無地と無地」「無地と柄」「濃い色と薄い色」という基本ルールを意識するだけで、まとまりがあるスタイルになります。

broken-slacks navy jacket and gray slacks

ネイビーの無地のジャケットにはグレーの無地のスラックスを合わせると、王道の綺麗めジャケパンスタイルが完成します。 broken-slacks gray jacket and gray slacks

また、グレーのジャケットには濃さの違うグレーのスラックスを合わせてコントラストをつけると、バランスが良く見えるのでおすすめです。

ビジネスカジュアルに寛容な職場にお勤めの方は、チノパンを合わせていただくこともおすすめです。

一方で、ジャケパンスタイルに取り入れにくいのは、ネイビーや黒地に細いストライプが入ったものです。こちらは、ビジネススーツのイメージが強いため、カジュアルなコーディネートで使用すると違和感がある印象になってしまいます。

生地感

また、上下で生地の統一感を持たせることもポイントです。お持ちのジャケットとの光沢感を揃えることで、自然となじむような組み合わせにしていきましょう。


ジャケパンスタイルのコツ:サイズ

サイズ感とシルエット

意外と見落としがちなのが、ジャケットのサイズ感です。

ジャケパンスタイルに使うジャケットは、着丈をスーツの時よりも少し短くするとよりカジュアル度が増すため、お直しして着用するのがおすすめです。

街のお直し屋さんで約5,000円〜で対応しているところもあります。

<注意点>

ジャケットの着丈を短くしすぎると、ボタンやポケットの位置の兼ね合いで全体のバランスが崩れることもあるため、お持ちのジャケットによってはジャケパンスタイルに転用できない可能性もあります。


スーツを出来るだけ長く着用する方法:ツーパンツという選択

ジャケパンスタイルを取り入れることが難しい場合、残念ながら手元に残ってしまったジャケットを上手く活用できる方法は現時点ではありません。

今お持ちのジャケットに別れを告げ、新しくスーツをご購入いただくことが望ましいでしょう。

今後このような悲しい思いをしなくてもよいように、スーツの購入の仕方にひと工夫加えてみてはいかがでしょうか?

スーツ上下に加えてスペアのパンツを1本購入し、それを交互に着用することで、スラックスが痛むスピードが落ち、スーツとしてより長く着ていただけます。

外回りの営業でたくさん歩くことが多い方、クールビズ期間中にスーツのスラックスだけを頻度高く着用される方、汗っかきの方には、替えのスラックスがあると安心ですね。


ジャケパン用のスラックスならFABRIC TOKYOがおすすめ!

broken-slacks introduction of FABRIC TOKYO

基本的にはどのスーツ店でもスラックス単品での購入は可能であることが多いですが、数あるスーツ店の中でもカスタムオーダーのFABRIC TOKYOならではの魅力をいくつかご紹介します。

1:自分の身体に合ったサイズ、種類が豊富な生地

FABRIC TOKYOではスーツ上下セットだけではなく、スラックス単品、ジャケット単品での購入も承っており、自分の身体に合ったサイズのオーダースラックスを、16,500円〜(税込)で仕立てることができます。

お選びいただける生地は約300種類。お好みの色柄を選んで、スラックスを購入することができます。 ※一部カジュアル商品向けの生地を除きます。

2:ツーパンツ購入可能

新しくスーツをお買い求めいただくと、カスタマイズでツーパンツを選ぶことができます。 上下同じ生地のスーツを末長く愛用したいという方は特におすすめのカスタマイズです。

3:安心の保証サポート

FABRIC TOKYO 100という月額制のサポートサービス(FABRIC TOKYO 100)へ加入していただくことで、スラックスが破れて着用できなくなった場合でも、予備用のスラックスを再び同じ生地で作ることができるのでご安心ください。

※月額398円(税込)。生地代0円・縫製費用のみでスラックスを1本お作りするサービスです。スラックスの補修用の生地を最大2年間保管します。


残ってしまったスーツのジャケットの活用方法にお困りの皆さま、FABRIC TOKYOでお持ちのジャケットに合うスラックスを探してみませんか?

ジャケパンスタイルというかたちでジャケットを転用することで、お気に入りのジャケットをもっと長く着ることができるようになります。

店舗には専門のコーディネーターがおり、職場のドレスコードやライフスタイル、なりたい理想のイメージに沿ったジャケパンスタイルの提案をさせていただきます。お気軽にご来店ください。