スーツのボタンの正しい留め方とは?種類によってマナーが違うので要注意!

この記事は約7分で読めます
目次

スーツには「一つボタン」や「二つボタン」のものなど、さまざまな種類があります。

ボタンの数によってそれぞれ適しているシーンも違えば、留めるべきボタンの数も異なります。自分では正しいと思っていてもじつは間違った留め方をしている男性も多く、せっかく格好いいスーツも台なしです。

本記事ではスーツのボタンの種類や留め方のマナーについて解説します。ぜひ参考にして格好良くスーツを着こなしてください。

1. スーツのボタンは4種類

まずは、ボタンの種類を見ていきましょう。スーツのボタンには4つの種類があります。

・一つボタン
・二つボタン
・三つボタン
・ダブルブレスト

それぞれの特徴や向いているシーン、ボタンの留め方のマナーをご紹介します。

1-1. 一つボタン

button01

特徴

「一つボタン」は、前側に一つだけボタンが付いているタイプ。ボタンが一つなのでVゾーンが広く、ドレッシーなデザインが特徴的です。Vゾーンが広いと華やかな印象に、狭いと落ち着いた印象になります。

一つボタンは最もフォーマルなボタン数のため、格式が高いタキシードやモーニングコートなどにぴったりです。一方、ビジネスシーンには向いていません。

正しい留め方

前提としてジャケットのボタンの留め方には、一番下のボタンを外す「アンボタンマナー」が存在します。

「アンボタンマナー」とは?
中世のヨーロッパではボタンはあくまでも装飾品とされていました。ボタンを留めるとジャケットのラインが崩れてシワができてしまうため、一番下のボタンを外すことが一般化されました。

一つボタンスーツは、フォーマルなシーンで着る機会が多くなります。アンボタンマナーは適用せず、しっかりとボタンを留めましょう。

1-2. 二つボタン

button02

次に、二つボタンの正しい留め方、着るべきシーンについて見ていきましょう。

特徴

前側に二つのボタンが付いているのが「二つボタン」です。ビジネススーツではこの二つボタンが一般的とされています。Vゾーンの開きが程よい広さなので、ビジネス以外にもフォーマルやカジュアルなどさまざまなシーンに向いています。

はじめてスーツを買う人にもおすすめです。一着は持っておくと、間違いなく便利でしょう。

正しい留め方

二つボタンスーツのボタンの正しい留め方は、「上のボタンは留め、下のボタンは留めない」です。下のボタンは装飾と考えましょう。

重要な会議や就活など、好印象を与えるために上下のボタンを留めると考える人もいますが、一般的には上のボタンだけ留めるのが正しい留め方です

しかし、座るときなど裾が型崩れを起こすので、ボタンはすべて外します。

1-3. 三つボタン

button03

三つボタンのスーツには、定番デザインと段返り三つボタンがあります。それぞれの特徴と正しいボタンの留め方を紹介します。

特徴

前側に三つのボタンが並んでいるのが「三つボタン」タイプです。

誠実なイメージを与えるボタン数なので、ビジネスからフォーマルなシーンまで幅広く着用できます。しかし、三つボタンのスーツを着ている人は少数派なので、周りから浮いてしまうことも考えられます。重要な会議などでは避けたほうがベターでしょう。

定番のデザインですが、二つボタンスーツに比べてクラシックな印象を与えるので、20代の若い男性が着こなすには少し難易度が高いかもしれません。

最近では「段返り三つボタンスーツ」と呼ばれる、二つボタンに見える三つボタンスーツを着る若い男性も増えています。

button04

「段返り三つボタンスーツ」とは?
上のボタンが下襟の中に隠れている三つボタンスーツのこと。三つボタンスーツ特有の誠実なイメージを与えつつ、二つボタンのスマートな印象も与えられます。

正しい留め方

三つボタンスーツは、「上と中のボタンを留め、下のボタンは留めない」のが正しい留め方です。下のボタンも留めてしまうと、型崩れを起こします。

一方、段返り三つボタンスーツは、「中のボタンだけ留め、上と下のボタンは留めない」のが正しい留め方です。上のボタンを留めるとウエスト付近にシワが出きてしまいます。そもそも下襟の中に隠れているので、装飾と考えましょう。

1-4. ダブルブレスト

button05

ダブルブレストは、「ダブルスーツ」と通称されているタイプです。ボタンの留め方や向いている着用シーンについてご紹介します。

特徴

前側にボタンが二列に並んでいることから「ダブルブレスト」と名付けられました。ジャケットの前合わせ部が大きく重なり合うため、Vゾーンが狭くフォーマルなイメージを与えます。

ダブルブレストはボタンの総数によってさらに細かく4種類に分けられます。それぞれ留められるボタンの数が違うのも特徴です。

【組み合わせの種類】
・総数二つ、留められるボタン一つ
・総数四つ、留められるボタン二つ
・総数六つ、留められるボタン三つ
・総数八つ、留められるボタン四つ

主流は総数六つのボタン、次いで四つボタンです。

ダブルブレストも着用シーンに制限がなく、ビジネスシーンやフォーマルなシーン、カジュアルシーンなど幅広いシーンで身につけられます。

button06

正しい留め方

ダブルブレストスーツは、留められるボタンの数によって正しい留め方も異なります。

・留められるボタンが一つの場合は「一つのボタン留める」
・留められるボタンが二つの場合は「上のボタンを留め、下のボタンは留めない」
・留められるボタンが三つ以上の場合は「下のボタンだけ留めない」、もしくは「すべてのボタンを留める」

2. スーツのボタンを留めるときに覚えておきたいその他のマナー

最後に、シーン別にスーツのボタンを留める際のマナーを紹介します。

・リクルートスーツのボタンのマナー
・面接時に座るときのボタンのマナー
・ベスト着用時のボタンのマナー

2-1. 就活中に着るリクルートスーツもボタンのマナーは一緒

リクルートスーツのボタンの留め方は、基本的なマナーと一緒です。

一般的に、就活中に着るのは二つボタンのリクルートスーツ。ボタンが二つあるので、前述したように、上のボタンのみ留めます。下のボタンはあくまで装飾です。

2-2. 座るときはボタンを開けるが、面接時は注意が必要

スーツのボタンは留めておくのがマナーですが、座るときはすべてのボタンを開けることが推奨されています。座ったときにボタンを留めていると、生地が引っ張られて傷むためです。

座るタイミングでボタンを開け、立つときにボタンを閉めましょう。ただしシーンによっては、臨機応変に対応する必要があります。

例えば少し固い企業での面接。なかには、就職面接の着席時にボタンを開けることを「だらしない」と考える面接官がいます。

一方、外資系やアパレル系業界では、ボタンを開けることで「この人はスーツの着こなしを理解している」と評価されるケースもあるのです。

しかし、スーツに慣れていない就活生の場合、スムーズにボタンを開け閉めできないことも。その場合は無理に開け閉めせず、座るときもボタンをつけたままにしておきましょう。

2-3. ベストを着用するときは一番下のボタンを開ける

スリーピースのスーツで、ベスト着用時は基本的に一番下のボタンを開けるのがマナーです。ジャケットと同様、一番下のボタンは装飾と考えましょう。

シチュエーションによっては、上のボタンを留めたり留めなかったりすることもあります。

例えば商談や重要な会議など、ビジネスシーンでは一番上のボタンを留めるのがマナーです。一方、パーティーシーンなどでは、一番上のボタンを留めないことによってこじゃれた着こなしを演出できます。

3. まとめ

スーツのボタンには、種類によって留め方のマナーがあります。付いているボタンをすべて留めるのは間違っているので、必ず覚えておいてくださいね。

ボタンの種類に応じた正しいボタンの留め方を覚えて、正しいスーツの着方を身につけましょう!

3-1. FABRIC TOKYOでボタンをカスタマイズしませんか?

FABRIC TOKYOはビジネスウェアのオーダー専門ブランドです。

39,800円からスーツをオーダーできるリーズナブルさはもちろん、自宅からインターネットで購入することも可能。「オーダー専門店はハードルが高いから……」と敬遠している人も、FABRIC TOKYOなら安心です。

ボタンの数も「一つボタン」「二つボタン」「三つボタン」「ダブルブレスト」からカスタマイズできます。おしゃれなスーツをたくさんラインナップしていますので、お気軽にお近くの店舗までお越しください。お待ちしております。

この記事を監修した人: 襟川 諒佑(FABRIC TOKYO秋葉原店)

KEYWORDS

ボタン
シェア ツイート LINEで送る