CONTENTS

お知らせ

FABRIC TOKYOに関する最新情報をお知らせいたします。

2020年12月28日

年末のご挨拶

本年もFABRIC TOKYOをご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

皆さまにとって今年はどんな1年でしたでしょうか?
例年に比べても、特に変化の多い1年だったかと思います。

私たちFABRIC TOKYOにとっても、これまで以上にチャレンジングな年でした。
2月に新しく福岡天神ソラリアプラザ店をオープンした矢先、
4月には臨時休業という選択肢を取らざるを得ない状況になるなど、苦しい局面もありました。

一方で、働き方の変化により新たにFABRIC TOKYOを選んでくださったみなさま、
そして生活の変化の中で変わらずにFABRIC TOKYOを利用し続けてくださるみなさまに支えられ、
私たちは2020年も、たくさんの新しい商品や体験をお届けすることができました。


<FABRIC TOKYO 2020年の振り返り(抜粋)>

3月 「ビジネスカジュアルジャケット」をリリース

jacket
ビジネスウェアの中でも大きなトレンドがビジネスカジュアル、いわゆるビジカジスタイル。
そんな多様化するビジネスウェアに対応できて、楽に軽く着られるジャケットをリリースいたしました。

3月 ジェンダーインクルーシブのコンセプトストアを期間限定でオープン

inclusive1
昨年大変なご反響を頂いた「女性のためのメンズオーダースーツ採寸イベント」で得られたヒントを元に、
楽しいお買い物体験について自走しながらより広い視点で考え続けるプロジェクトとして立ち上げました。
1人でも多く楽しいお買い物体験をご提供し、Fit ALL Lifeを実現できればと考えました。

4月 オリジナルマスクをリリース

WHOLEGARMENT MASK
マスク不足の状況を少しでも解消するべく、発売にいたりました。
そしてご好評を受け、8月末には第2弾を発売。

6月ジャケットに合うTシャツ「JOB T」をリリース

JOB T
おそらく世の中で一番売れているトップス、クルーネックTシャツ。
しかし、ジャケパンスタイルに合う上品なTシャツに出会ったことがない・・
ないなら作って届けよう、と発売にいたりました。

8月『FABRIC TOKYO think inclusive fashion』プロジェクトを開催

inclusive2
3月に発足した、ファッションが持つあらゆる障壁について考えるプロジェクト
「FABRIC TOKYO think inclusive fashion」
2度目の開催となった8月は、既存のジェンダーの枠に囚われず、
あらゆる人に自分らしい一着をお届けできる
「性別を聞かないお店」を目指しました。

9月 オンでもオフでも毎日着たくなるオーダーコートをリリース

coat
7days COATをリリース。ジャケットを着ていても、着ていなくても快適に着ていただくことができる、コートの万能なサイズ感を実現しました。


11月 工場に眠る生地を使ったサスティナブルなセール「WHITE FRIDAY2020」を開催

whitefriday
“「停まった」世界を動かす、新しい楽しみがある世界をつくる”
をコンセプトに倉庫で眠っている素晴らしい生地たちに焦点を当て
サステナブルなセールをご提案いたしました。


今年1年、本当は実現したかったのにできなかったこと、お応えできなかったご要望など、
やりきれなかったチャレンジもたくさんありました。
皆さまにもっともっと愛されるブランドになれるよう、2021年もFABRIC TOKYOは挑戦を続けます。

来年も変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。
新しく迎える年が、皆様にとって素晴らしい1年になりますように。