CONTENTS

お知らせ

FABRIC TOKYOに関する最新情報をお知らせいたします。

2019年10月4日

出張シーズンの相棒に、この一着

10月になりました。秋分の日を過ぎていよいよ衣替えの季節になってきましたね。

クールビズも終わって、ジャケットを着用し始めている方も多いのではないでしょうか?


実は10月、一年で最も出張が多くなるシーズンなんです。


でも正直、出張って大変ですよね?


2時間超の新幹線から、重い荷物を両手にタクシーに飛び乗り出張先に...なんてことも。


お気に入りのスーツを着るのも躊躇してしまうようなシチュエーションですが、

そんなときでもご着用いただけるのが「PAULO OLIVEIRA」です。


paulo_main_20191005



こちらの「PAULO OLIVEIRA」、1936年に設立されたポルトガルの老舗メーカーの生地を使用しており、遊び心のある色柄は嫌味のない洗練された印象を与えます。

しかし、インポート生地ならではの高級感もさることながら、このPAULO OLIVEIRAの真の特徴はその多機能性にあるでしょう。

「洗えて」「伸びて」「シワになりにくい」出張の多いシーズンにはとても嬉しい3つの機能付き。長時間座ったままの新幹線で着疲れに悩まされることも、鏡の前でスーツについたシワにがっかりすることももうありません。

PAULO OLIVEIRAを着てストレスフリーな出張体験をきっと素敵な出張になること間違いなしです



paulo_left_20191005paulo_right_20191005