お知らせ

FABRIC TOKYOに関する
最新情報をお知らせいたします。

2018年12月1日

【暑くても、ジャケットが脱げない…。商談を邪魔する暖房の恐怖】

暖房が効きすぎているオフィス。寒さ対策に着込んできたことが裏目にでてしまい、いそいそとジャケットを脱いで椅子にかける。毎年この季節になると、ありがちなことですが、来客の前や、大事な商談の場面ではそうはいきません。


「信頼を得るためにはまず見た目から」と言った言葉もあるように、やはり服装はきっちりとセットアップで揃えておきたいところです。しかし、厚生労働省が警鐘を鳴らしているように、暖房の効いた室内では乾燥が進み、より身体から水分が失われやすくなりますので、無理をすると集中力が削がれるだけでなく、熱中症に陥る危険性もあります。


自社の中であれば、前もって温度を調節することはできますが、クライアント先に伺っているときは調整が難しいですし、商談の途中では中々言い出しにくいものですよね。


そこで! 


そのような状況下でも快適に過ごせるように開発されたのが温度調整スーツ「CORETEMP」です。


coretempビジュアル1 
▼CORETEMPを見る

CORETEMPはウェア内の温度と湿度を快適な状態に保つ温度調整スーツ。


米軍や有名スポーツブランドでも使用されている、アメリカ「ココナ社」の高機能糸「37.5 technology」を素材に使用することで、機能性を実現しました。繊維に混ぜられている、ココナッツの殻と火山性鉱石を元にした粒子が、発汗前の蒸気を吸い取り、温度や湿度の変化を抑えてくれます。


色柄はどのようなビジネスシーンでも着用できる、ブラックとネイビーをベースに、計9種類ご用意させていただきました。


暑さと熱気でのぼせるような大事な場面、気温も情熱もコントロールして、最高の結果を勝ち取ってください! 

coretempビジュアル2coretempビジュアル3


▼CORETEMPを見る