お知らせ

FABRIC TOKYOに関する
最新情報をお知らせいたします。

2018年11月7日

ネットで注文!?オーダースーツ初心者が体験、東京でおすすめのお店はココ!

FABRIC TOKYO記事

▼オーダースーツもスマホで注文できる時代!実際どうなの?


最近、『オーダースーツ』と、よく聞きませんか?

「気になってはいるけれど、実際店舗に行くのが不安。」

「ネットで調べたけれど、お店がありすぎてどこを選んだら良いのか分からない。」

そんな方のために、オーダー初心者の僕の体験を基に、オーダースーツの「サービス内容・価格・商品」をご紹介したいと思います。


今回僕が訪れたのはオンライン上でオーダースーツを作れると話題の『FABRIC TOKYO』というブランドです。



▼この頃オーダースーツが人気らしい。コスパが気になる!


僕は社会人5年目の製薬会社で営業をしているのですが、僕の周りでも、会社の上司や同僚などオーダースーツを作る人が増えてきました。

サイズもピッタリで、デザインやカスタマイズのこだわりの話聞いてみると、やっぱり格好良くみえて、風格があるなと(笑)

FABRIC TOKYO記事

ネットで調べてみると、スーツをオーダーするのも既製品のスーツを買うのも値段はそこまで変わらないみたい・・・。

丁度季節の変わり目で、衣替えにスーツの新調を考えていたところだったので、人生初のオーダースーツに挑戦してみました!



▼オーダースーツに対するイメージを刷新!「FABRIC TOKYO」 とは?


そんな経緯で、今回オーダースーツ作成に選んだのは『FABRIC TOKYO』

サイトを見たときに、僕が今までオーダースーツに対して持っていた「なんとなく敷居が高そう」「こだわりの強い人だけがオーダーするもの」というような、古めかしいイメージを一新してくれるどこか”今っぽい”感じに惹かれました。

FABRIC TOKYO記事

一番の特徴は、ITを駆使した『スマートオーダー』システム

「①来店→②採寸→③ネット注文」の3STEPでオーダーできちゃいます!

オーダーのたびに店舗に行くのって面倒ですよね・・・?

一度採寸データを登録すれば、その後はオンラインで好きな時間・場所からスーツを注文するだけ。オーダースーツ作成の度に店舗に出向く必要がないのが、面倒くさがり屋の僕にぴったりだと思ってここをチョイス。



▼来店予約は不要。好立地の立ち寄りやすい店舗


FABRIC TOKYOは、東京都と神奈川県に8店舗を展開。

どの店舗も、駅から徒歩圏内の好アクセス!

FABRIC TOKYO記事

来店予約は不要なので、仕事帰りや休日の待ち合わせ前など、ちょっとした時間のスキマに気軽に行けちゃいます。



▼本当にオーダースーツのお店なの?オシャレな店内にビックリ!


今回訪れたのは、『FABRIC TOKYO表参道店』です。

こちらは、2018年の08月にオープンしたばかりの店舗で、店内もモダンで清潔感のある雰囲気。オーダースーツの店舗というと、”レトロで入りにくい雰囲気”のお店を想像していたので、とっても嬉しい意外でした。

FABRIC TOKYO記事


店内には『FABRIC WALL』と呼ばれる、スーツのサンプル生地が壁一面に展示されていました。どの生地でスーツを作ろうか、一気に気分が高まります!

FABRIC TOKYO記事

では、実際にどのようにオーダースーツを作っていくのか、流れをレポートしていきますね!



▼オーダーステップ①:カウンセリング


まずは店員さんが、「スーツのこだわり」や「着用シーン」などをじっくりカウンセリングしてくれます。初めてのオーダースーツなので、内心ドキドキだったんですが、とても気さくに話しかけてくれて、終始リラックスできました。

FABRIC TOKYO記事

営業職のは僕は外回りの仕事が多いため、スーツが擦れやすかったり、すぐに傷んでしまうのが悩み・・・。既製品を買うときも、いつもツーパンツで購入しています。

スーツのことは勿論、ライフスタイルに至るまでのヒアリングを通じて、僕にピッタリなスーツを提案してくれようとしてくれる姿勢がとっても好印象!


FABRIC TOKYO記事



▼オーダーステップ②:会員登録


次に、FABRIC TOKYOのアカウントを作成します。必要な情報は「メールアドレス」と「パスワード」だけ。一度アカウントを作成すれば、採寸した自分のサイズデータや購入履歴がクラウド上に保存されて、自分のスマホ1つで簡単にチェックできます。

FABRIC TOKYO記事

採寸したその日に、自分のサイズデータが見れるようになっていました!なんとなく嬉しい。



▼オーダーステップ③:採寸


いよいよ、ドキドキの採寸がスタート・・・!

時間は30~60分が目安で、世間話も交えながら手際よく採寸してくれます。なんと全部で11箇所も測るそうです!

ウエストだけでも、ジャケット・お腹周り・スラックス用の計三箇所を測って貰いました。手首やふくらはぎ、膝まわりなど、「こんな細かいところまで・・・」って思うくらい採寸されます。

FABRIC TOKYO記事

個人的にビックリしたのは、僕の体型をみて、スーツの悩みやスポーツ経験をピタリと言い当てられたこと(笑)

僕は、既製品のスーツだと腕とお腹周りがだぶついてしまうことがあるんですが、体型をみただけでそこまで分かるのはさすがプロ!

FABRIC TOKYO記事

たとえ同じ職業でも、「業界」や「役職」によって、演出したいイメージは変わってきますよね。

採寸中も、僕の仕上がりのイメージに沿うように、ヒアリングをしてくれます!

細身でスーツを仕上げると若々しい印象になるそうですが、僕は後輩も増えてきたし威厳も出したい・・・移動中にきついのも嫌なので、少しゆとりを持たせた仕上がりになるようにお願いしました。

FABRIC TOKYO記事

ネクタイとシャツの組み合わといったスーツの着こなしやトレンドのスタイルについてのアドバイスも頂けます。明日からのスーツスタイルの参考にできます!



▼オーダーステップ④:生地選び


採寸が終わったら、ワクワクの生地選びがスタート!

ビックリしたのは、生地の多さです。

季節によって変わるみたいですが、色・柄・素材・機能などにそれぞれ特徴のある生地、なんと約300種類から選ぶことができます!

FABRIC TOKYO記事

ビジネスシーンでも使いやすい、『黒・ネイビー・グレー』のスーツも豊富にラインナップ。

オーダースーツ初心者の僕は、自分だけでは選びきれそうになかったので(笑)、店員さんに相談してオススメの生地をいくつかピックアップして貰いました。



FABRIC TOKYO記事

今回選んだのは『COMBAT WOOL』という商品です。営業って車の移動が多いから、長時間運転していると、圧力でスーツがテカりがちなんですよね〜。また、スーツを何着も持っているわけではないので、一着の着用頻度が高め。そんな僕には、ナイロン糸が入っていて頑丈で、擦れに強い生地を提案して貰いました。

デザインだけでなく、機能面まで考慮した上で、ピッタリのスーツをオススメしてくれます。すごく良い!

FABRIC TOKYO記事

気になるお値段ですが、スーツは「37,800円(税込)〜」、「シャツは7,800円(税込)」からオーダーできます!嬉しい。中間流通をカットすることで、メイドインジャパンの商品がこの価格で手に入るそうです。



▼FABRIC CARD


FABRIC TOKYO記事

FABRIC TOKYOでは、「FABRIC CARD」という、生地サンプルを無料で持ち帰ることができます。ちなみに、この生地サンプルはネットでも無料で注文できるみたいです。じっくり悩みたい時に、自宅で実際の生地に触れながら選べるのは嬉しいですね〜。



▼オーダーステップ⑤:注文


FABRIC TOKYOのオーダーの注文は全てオンライン上で行います。

店舗での購入は不要で、自宅のPCやスマホからでもオーダーできるそうですが、今回は店員さんのアドバイスを貰いながら注文することにしました!


欲しい生地を選択したら、カスタマイズやオプションを選んでいきます。

ジャケットボタンやラペル、ベント、ポケット、ジャケット裏地、ネーム刺繍、カフス、タタック、ツーパンツなど、かなり細かいところまでカスタマイズすることができます。

FABRIC TOKYO記事

選ぶのは、全部で10項目ほど。スーツについての知識は浅い方・・・

でも安心!店舗では店員さんが丁寧に説明してくれたので、ストレスなく選択することができました。

また、サイト上で詳しいカスタマイズ方法が記載されているます。

例えば、ジャケットボタンの選び方にしても、利用シーンや演出したいイメージ毎にオススメのカスタマイズが載っているので安心です。


裏地は本当に悩みました・・・

店員さんが僕の選んだ生地を基に「無難・お洒落・遊び心」の3パターンの中から提案してくれました。実際の生地と合わせながら、見比べることができるので、なんとか決定!

ちなみに僕は、「お洒落」を選びました(笑)

FABRIC TOKYO記事

オプションも細かいところまで指定できます。

普段は目立たないところでも、自分の好みや着用シーンに合わせ、1つ1つ選びながらカスタマイズできるのは、オーダースーツの醍醐味ですよね!!!

「ボタン」や「ハンドステッチ」などのオプションも、店舗で現物を確認することができます。



▼オーダーステップ⑥:注文完了


カスタマイズを入力し終えたら注文完了。スーツとシャツの納期は1ヶ月が目安だそうです。はやく届かないかな〜。



▼待ちに待ったオーダースーツがお家に届いた!


商品は店舗受け取りか自宅配送か選ぶことができますが、僕は自宅に発送して貰いました。商品注文から約1ヶ月後、楽しみにしていたオーダースーツが届きました!!!

FABRIC TOKYO記事

こんな配送箱で届きました!


▼早速スーツを着てみた!既製品のスーツとなにが違うの?


FABRIC TOKYO記事

正直、僕は既製品のスーツのサイズ感に大きな不満を持ったことはありませんでした。でも、さすがはオーダースーツ!「肩・胸回り・袖の長さ」など、体型へのフィット感が全然違います・・・

FABRIC TOKYO記事

好みのシルエットに合わせたサイズ感もそうですが、自分の職業や体質など、ライフスタイルにそのものにピッタリなスーツをオーダーしたので、外見だけでなく中身にも大満足です!コスパも良く、大変良い買い物でした。

FABRIC TOKYO記事

また、普段見えない裏地やボタンなどのカスタムもこだわることができるので、”世界に。一着だけ”のスーツとして愛着が湧きます。2回目の注文以降は、オンライン上だけで行うことができるので、季節や利用シーンに合わせて、ぜひまたオーダーしてみたいです!


▼まとめ:オーダースーツ はメリットがいっぱい!


今回、FABRIC TOKYOで初めてのオーダースーツ作りにチャレンジしましたが、とても満足のいく結果になりました!

採寸だけでも、気軽に立ち寄ることができるので、まずはサイズ登録だけしてみるのはいかがでしょうか?

来店予約は、電話かウェブ上からできます!

『FABRIC TOKYO』公式サイト

店舗一覧

WEB来店予約はコチラ



▼おまけ:安心のアフターサービス


今回のオーダーで、僕は理想通りのスーツを手に入れることができましたが、現物を見ることができない分、初めてのオーダースーツの仕上がりに不安は付き物ですよね。しかし、FABRIC TOKYOでは、そんな方でも必見の充実したアフターサービスが用意されています。

サイズの違和感や着用後の破損は勿論ですが、生地やカスタマイズのイメージと違い、ダイエットやトレーニグで体型が変わってしまった場合でも、商品到着から2ヶ月間以内なら無料でお直しをしてくれるそうです。手厚い、ありがたいサービスですね。



▼FABRIC TOKYOとは


FABRIC TOKYO記事

FABRIC TOKYOは、オンライン発のカスタムオーダーファッションレーベルです。 他社では見ることのできないオリジナル企画の生地を使用してデザインやサイズを自由にカスタムし、自分好みのオーダースーツ・シャツをつくることができます。また、サイズの採寸データはパーソナルデータとしてクラウド上に保存され、サイズ登録後は自宅に居ながら洋服のカスタムオーダーを楽しめます。 2018年現在、NASAが宇宙服にも使用し体感温度調整機能を持つ素材など取り入れた「THE TECH」シリーズや、環境や人に配慮した社会性の高い「THE SOCIAL」シリーズなどのオリジナルファブリックの展開を開始しています。

『FABRIC TOKYO』公式サイト

店舗一覧

WEB来店予約はコチラ