オーダージャケットの魅力とは?自分にぴったりの特別な一着を手に入れる方法

この記事は約8分で読めます

この記事を監修した人加藤 尚海(FABRIC TOKYO名古屋栄店)

FABRIC TOKYO名古屋栄店の加藤です!体型やライフスタイルに合ったサイズ提案はもちろんですが、生地が大好きなので生地提案でもお客さまに喜んでいただけるよう日々勉強しています。FABRIC TOKYOでは300前後のスーツ生地がありますが、特に「AUTHENTIC PLUS」が好きです。生地選びはとても悩むと思いますので、ぜひ一緒に悩ませてください。

目次

テレワークやリモートワークの普及によってビジネスウェアが多様化したことで、気軽に羽織れるカジュアルなジャケットの着用機会が増えています。しかし、既製品で自分にぴったり合うサイズを見つけるのは難しく、着心地の違和感に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのがオーダージャケットです。オーダーならジャストフィットなサイズ感のジャケットを仕立てられ、FABRIC TOKYOでは19,800円からオーダーできます。

今回は、オーダージャケットのメリットや種類、専門店選びのポイント、おすすめの商品、おしゃれなジャケットコーデなど幅広く紹介します。オーダーで自分だけの特別な1着を手に入れて、ジャケットスタイルを快適に楽しみましょう。

1.オーダージャケットの特徴は?

まずは既成品のジャケットにはない、オーダージャケットならではのメリットを紹介します。

1-1.自分の体型に合ったサイズで作れる

jacket-cool01

既製品のジャケットを選ぶ場合、「S・M・L」などのあらかじめ決められたサイズから選びます。メーカーによって微妙な違いがあるだけでなく、一般的な体型を基準に作られているため、ぴったり合うことは少なく、サイズが合わないまま着用している人も少なくありません。

しかし、サイズが合っていないと着心地が悪いだけでなく、生地に余計な負荷がかかって耐久性に影響することも……。袖丈や着丈、胴幅などのサイズが合わなくて補正するにしても、肩幅は縫い代にほとんど余裕がないため広げられず、反対に肩幅を詰める場合は1万円程度の補正費用がかかります。

一方、オーダージャケットは、自分の体型に合わせて作るためサイズがぴったりです。肩や腕が動かしやすく着心地が快適で、着用時のシルエットも美しく決まります。生地への負荷も軽減されるので、結果的に既製品より耐久性が向上する点もオーダージャケットのメリットと言えます。

1-2.生地やデザインが自由に選べる

既製品のジャケットの場合、「生地は好みでも襟の形がいまいち」「本当は本切羽仕様が好みなのに……」など、理想の1着を見つけるのは意外と難しいもの。一方、オーダージャケットなら、豊富な生地やデザインのなかから自分のイメージに合った理想のジャケットを作れます。

FABRIC TOKYOのオーダージャケットは、好きな生地を選べるだけでなくボタンの数や襟の形などの細かいデザインまでカスタマイズ可能です。

jacket-cool02

左から2つボタン、3つボタン、ダブルブレスト(+3000円)、1つボタン

jacket-cool03

左からノッチド、ピークド、ノーカラー

1-3.ある程度の納期が必要

既製品のジャケットは購入すればそのまま持ち帰り、その日から着用できます。補正が必要でも1週間程度で手元に届くでしょう。

一方でオーダージャケットの場合、注文から仕上がりまで約1~2ヶ月かかるのが一般的です。

FABRIC TOKYOのオーダージャケットは、注文からお届けまで約4~7週間です。店舗で採寸したサイズデータはクラウド上に保存されます。一度、店舗で採寸すれば、その後はWebからいつでも好きなときに注文できるため忙しい人にも便利です。

2.オーダージャケットの種類

オーダージャケットは、仕立て方によって「フルオーダー」「パターンオーダー」「イージーオーダー」の3つに分けられます。それぞれの作成方法と特徴について紹介します。

2-1.フルオーダー(上級者向け)

フルオーダーは、一人ひとりの体型に合わせて一から仕立てるオーダー手法です。具体的には、採寸をしてから製図して型紙を起こし、生地を裁断後、仮縫い、本縫いを行います。

他のオーダー方法よりも工程が多く、時間もかかるため上級者向けのオーダー方法です。

2-2.パターンオーダー(初級者向け)

パターンオーダーは、複数あるサンプルから自分の体型に近いサイズを選んで仕立てる方法です。採寸後、自分のサイズに近いサンプルを試着し、合わない部分を限られた範囲で補正していきます。

サイズを補正する箇所は、おもに着丈や袖丈です。3種類のオーダー方法のうちもっとも簡易的で、値段もリーズナブルなので初心者向けのオーダーと言えます。

2-3.イージーオーダー(初〜中級者向け)

イージーオーダーは、フルオーダーとパターンオーダーのメリットを兼ね備えたオーダー方法です。パターンオーダーと同じようにサンプルを試着してサイズを調整しますが、パターンオーダーよりも調整できる幅が広く、体型に合わせた細かいサイズ補正ができます。

jacket-cool06

パターンオーダーでは不可能な肩部分の補正も行えるため、なで肩やいかり肩の人でも安心です。デザインの自由度が高く、ボタンの色や配置、ネーム、襟のステッチ、袖口のデザインに加えて、襟やポケットの形やカット方法など、細かい部分までカスタマイズできます。

イージーオーダーは、パターンオーダーよりもジャストフィットでこだわりの1着を作れる反面、フルオーダーほど時間もコストもかからないため、両者のいいとこどりをしたオーダー方法とも言えます。

FABRIC TOKYOのオーダージャケットはイージーオーダーで仕立てています。

3.オーダージャケットを作るなら専門店選びが重要

自分にとって最高のオーダージャケットを作るなら、専門店選びも重要なポイントです。専門店選びで重視したい3つのポイントを紹介します。

3-1.選べる生地の品揃えが多いか

jacket-cool08

オーダージャケットの最大の魅力は、好きな生地で自分好みの1着を作れること。たくさんの生地から好みに合ったジャケットを仕立てられるように、生地の種類が豊富な専門店を選ぶのがおすすめです。

たとえば、着用シーンや季節によっても適した生地は異なります。ビジネスで着るならウール、カジュアルに着こなしたいならコットン。夏に着るならリネン、冬ならフランネルなど。

また、ストレッチや防シワ、ウォッシャブルなど、快適性やメンテナンスのしやすさなどによっても選ぶ生地は異なります。

FABRIC TOKYOのオーダージャケットは、カジュアルジャケットだけでも70種類以上の生地を取り揃えています。多くの種類から好きな生地が選べるので、お気に入りの1着が完成しますよ。

3-2.スタッフが親身になって対応してくれるか

jacket-cool10

最高のオーダージャケットを手に入れるには、プロ目線で的確なアドバイスをしてくれる担当者がいる専門店を選びましょう。単にサイズを測るだけでなく、体型の悩みや癖、ライフスタイルの違いやシルエットの好みなどを聞いたうえで、一緒に理想的なオーダージャケットを作成してくれるかどうかが重要なポイントです。

FABRIC TOKYOは“Fit Your Life”をコンセプトに、サイズだけでなく生き方や価値観にフィットするオーダージャケットを仕立てられるよう、それぞれのお客さまに合った的確なご提案をさせていただきます。

3-3.アフターフォローが万全か

jacket-cool11

アフターフォローが手厚いかどうかも重視したいポイントです。オーダー後、手元に届いたジャケットに対して「イメージが違う」「サイズ調整してほしい」などの悩みがある場合、対応してもらえるかどうか事前に確認しておきましょう。

FABRIC TOKYOでは、お届けから50日間の保証期間を設けています。期間内であれば、オーダージャケットを1回だけ無料でお直しすることもできますので、オーダー初心者でも安心です。

4.FABRIC TOKYOがおすすめするオーダージャケットコーデ

FABRIC TOKYOの多彩なオーダージャケットのなかから、おすすめのコーディネートを紹介します。生地やディテール、合わせるアイテムによって、オンオフ問わずさまざまな着こなしを楽しめます。

4-1.カジュアルジャケット×チノ

jacket-cool13

千鳥柄のブラウンジャケットに、カーキのパンツを合わせたコーディネート。暖色系のブラウンに映える、鮮やかなブルーのタイとグレーミントのシャツが洗練された印象です。

ジャケットは起毛がかったフランネル風のジャージー素材で、柔らかく軽い着心地なので、ご自宅でのオンライン会議などでもストレスなく着飾れますよ。

きちんと感のあるジャケットスタイルを気軽に楽しみたい人におすすめの一着です。

TECH FLANNEL JERSEY

着こなしが楽で季節感の出しやすいブラウンジャケット。さらに素材はフランネルにしつつジャージー素材なため、動きやすさも抜群。

モデル着用のジャケットを見てみる

4-2.カジュアルジャケット×シャツ・ネクタイ

jacket-cool15

王道のネイビージャケットを使ったコーディネート。ボトムスには、定番のベージュではなくニュアンスカラーがおしゃれなグレーベージュのパンツを合わせました。ボタンダウンのデニムシャツとワイン色のドット柄ニットタイで、カジュアルな雰囲気を添えているのもポイントです。

ジャケットはウールとポリエステル、ポリウレタンの混紡素材を採用。通常のウールよりも細くてしなやかな原料のウールを用いることで、ウール100%にも劣らない美しい光沢を出すことに成功。ビジネスシーンでも活躍できる1着に仕上がりました。

ストレッチ、ウォッシャブル、防シワ機能も搭載しているので、お手入れのしやすさもポイントですよ。

WASHABLE WOOL STRETCH

もはや説明不要の王道ネイビージャケット。カスタマイズはハンドステッチ 、段返り3つボタンで、クラシカルなデザインにアップデートしています。

モデル着用のジャケットを見てみる

4-3.ダブルジャケット×カジュアルパンツ

jacket-cool17

カーキのセットアップに、ベージュのスタンドカラーシャツを合わせたワントーンコーデです。カジュアル色の強いカーキのセットアップですが、ダブルブレストジャケットがエレガントな雰囲気をプラス。オフィス着としてはもちろん、結婚式の二次会にもおすすめです。

ジャケットにはウールライクな質感のポリエステルを採用。ウールに劣らない柔らかな表情を演出しています。伸縮性に富んだソロテックスも混紡されているので、着心地の良さも両立しています。

STRETCH MILLED by SOLOTEX

ダブルブレスト×カーキで重厚感がありながらも、軽やかな印象に。さらにポケットをパッチポケットにすることで、ぬけ感を演出できます。

モデル着用のジャケットを見てみる

5.まとめ

オーダージャケットは、好きな生地でジャストフィットの一着を作れることが魅力です。デザインのカスタマイズにもこだわって、自分だけのとっておきのジャケットを作ってみませんか。

FABRIC TOKYOでは、70以上の豊富なラインアップから好きな生地を選んでジャケットをオーダーできます。体型の悩みや着用感の好みを伺いながら、専門スタッフが理想のジャケット作りをサポートいたします。ぜひ一度ご来店下さい。お待ちしております。

お近くの店舗を見てみる

KEYWORDS

ボタン生地ジャケットイージーオーダーパターンオーダー
シェア ツイート LINEで送る