ジャケットを着る男性たち

オン・オフ人気のメンズセットアップコーデ5選!スーツとの違いも徹底解説

近年、メンズの間でトレンドが続いている「セットアップ」 。さまざまな媒体で特集が組まれることもあり、目にする機会が一段と増えてきました。

今回は、セットアップを使ったコーディネートを楽しみたいと思っている人に、セットアップのコーディネートや着こなしのポイント、実際のコーディネート例などを紹介します。

これからセットアップに挑戦する人はもちろん、今よりもおしゃれにセットアップを着こなしたい人は、ぜひ参考にしてください。

1.セットアップとは?

setup-mens

メンズのセットアップは、ビジネスシーンだけではなくオン・オフどちらのシーンにおいてもおすすめです。なかには、「セットアップ」と「スーツ」の違いが分からない人も少なくないのではないでしょうか。

まずは、セットアップとは何かを知るためにスーツとの違いや流行の背景などについて説明します。

1-1.セットアップとスーツの違い

まずスーツとセットアップの大きな違いが販売方法です。スーツは基本的に上下セットで販売されており、上下別々に販売しているケースはありません。

一方セットアップは、上下揃いの生地やデザインで仕立てられているものの、上下別々で販売されているのが一般的です。上下それぞれで他のアイテムと組み合わせてコーディネートするなどの楽しみ方があります。

スーツとセットアップでは、素材も大きく異なります。スーツの代表的な素材はウール(羊毛)で、滑らかな表面に光沢のある梳毛 (ウーステッド)で仕立てることが一般的です。

一方セットアップは、柔らかい起毛が特徴的な紡毛(ウーレン)で仕立てられているものが多く、素材もコットンやリネンなどさまざま。

このような違いから、セットアップはスーツに対してカジュアルなデザインのアイテムが多く、オン・オフどちらのシーンでも使える万能アイテムだといえます。

1-2.メンズのセットアップが流行している理由

近年、セットアップのトレンドが続いている背景として、ビジネススタイルの簡素化やリモートワークの定着などが考えられます。セットアップは、Tシャツやポロシャツの上から羽織るだけできちんと感が出るため、ビジネスシーンで特に人気を呼んでいます。

setup-mens02

ビジネスシーンだけでなく、プライベートでも着回しができるので何セットかは持っておくのがおすすめ。セットアップは、長時間着用しても疲れにくい素材で作られていることが多いので、心地よい着用感が特徴です。足元は革靴だけではなくスニーカーなどラフなアイテムを合わせてもおしゃれに着こなせます。

2.カジュアルにも活躍!メンズセットアップ選びのポイント

ビジネスシーンだけでなく、カジュアルにも活躍するセットアップの選び方を紹介します。

2-1.リラックスできる生地を選ぶ

カジュアルシーンで着用するなら、軽い生地で季節感がある素材を選ぶことがポイントです。例えば夏ならリネン、麻、コットンなどがおすすめ。

リネンは、生地の羽毛が少なく丈夫な素材です。吸水性や吸湿性にも優れているので、肌に密着せずいつでも快適な着用感が味わえます。

麻は、天然繊維の中でも最も涼しいと言われている素材です。水分の吸収性が高く、見た目にも涼感がある点や光沢のある素材感が特徴。暑い夏でも快適に過ごせるでしょう。

コットンは、木綿とも呼ばれる天然素材。通気性や吸水性が高いことはもちろん、肌触りがよく、快適な着心地が特徴です。

素材の他にもストレッチ性があったり、撥水加工を施していたりなど、利便性に優れたものを選びましょう。

2-2.シルエットにもこだわる

カジュアルに着こなすなら、リラックス感のあるややゆったりめのシルエットがトレンドでおすすめです。ただし、だらしなく見えないように着丈の長さや袖の長さに注意しましょう。

着丈はヒップの真ん中から上程度のやや短めがスマート。

また、ジャケットの袖は、親指から袖口までの距離が11から13㎝が基準です。手の甲にかからない程度を目安にしましょう。反対に、ジャケットの袖が短すぎるとシャツの袖が出すぎてしまいます。だらしない印象を与えてしまうこともあるので注意しましょう。

このように全体的なシルエットや着丈、袖丈の長さにもこだわりましょう。自分にぴったりのジャストサイズを選ぶなら、オーダーもおすすめです。

2-3.インナーのコーディネートに注意する

スーツと違ってカジュアルな印象のセットアップは、インナーにTシャツやポロシャツ、ニットを合わせるのもおすすめです。

・Tシャツ

カジュアル化が進んでいる昨今のビジネスシーンでは、スーツのインナーに「Tシャツ」を合わせたコーデが定番のひとつです。襟がないTシャツはリラックスしながら着用でき、シワや汚れを気にしなくていいのが嬉しいポイント。

FABRIC TOKYOでは、ジャケットのインナーにぴったりの長袖Tシャツも用意しています。すっきりとしたシルエットはジャケットの中でももたつきにくく、動きやすい設計です。セットアップスーツにはもちろん、ジャケットなしでもすっきりと着こなせますよ。

setup-mens04

・ポロシャツ

セットアップのインナーに「ポロシャツ」を合わせるとカジュアルななかにもきちんと感のある着こなしになります。

FABRICTOKYOでは、ドレッシーな光沢感が上品な「FORMAL POLO」や、コットンの配合率が高くやわらかでさらりとした肌触りが特徴の「JOB POLO」など、ビジネスシーンをスマートに着用できる2種類のポロシャツを用意しています。

setup-mens03

・ニット

秋冬のセットアップに合わせたいインナーといえば、「セーター」や「カーディガン」。ジャケットのインナーでも、もたつかないシャープなシルエットのものがおすすめです。FABRIC TOKYOの「JOB KNIT」は薄手の生地なので、もたつかずキレイに着こなせます。

また、ウール100%にもかかわらず、毛玉になりにくいのも嬉しいポイント。秋冬はもちろんですが、エアコンが効きすぎた夏の室内で羽織るにもおすすめです。2シーズン利用できる「JOB KNIT」は、クルーネックとカーディガンの2種類からデザインを選べます。

setup-mens05

setup-mens06

3.セットアップのおすすめコーディネート

「FABRIC TOKYO」おすすめのセットアップとともに、おしゃれなコーディネートを紹介します。

3-1.明るい「ブラウンセットアップ」に白シャツで上品に

setup-mens07

「CASUAL JK-NOBLE AIR」は、超軽量で高ストレッチが特徴のセットアップです。

一見コーディネートが難しく思えるブラウンのセットアップですが、シンプルな白シャツをあわせればおしゃれながらも爽やかな印象になります。襟の形はオフスタイルにもぴったりのスタンドカラーで仕立てています(カスタマイズ可能)。

3-2.「リネン調セットアップ」でラクしておしゃれ

setup-mens08

「CASUAL JK-STRETCH LINEN LIKE」は、リネン調の素材を使った軽やかな印象のセットアップです。

ニットやTシャツとの相性が抜群で、インナーカラーはシックな印象の黒がおすすめです。足元にホワイトのレザーシューズを合わせることによって、シックになり過ぎずメリハリのあるコーディネートに仕上がっています。

3-3.ポロシャツインで「ちゃんと見えセットアップ」

setup-mens09

「CASUAL JK-WIND TECH」は、ストレッチ性が高くリモートワークや通勤にも大活躍すること間違いなしのセットアップです。万能に使える定番色のネイビージャケットには、ベージュのポロシャツをインナーに。画面越しのオンライン会議でも、顔周りの印象がぱっと明るくなります。

ポロシャツはタックインできちんと感を、足元はカジュアルな印象のホワイトシューズを合わせることで爽やかな印象にしましょう。すっきりおしゃれなコーディネートに仕上がります。

3-4.天気を選ばず着こなせる「撥水加工のセットアップ」

setup-mens10

「CASUAL JK-RAIN TECH」は、撥水加工と汗ジミ防止加工が施されたセットアップ。天候を選ばず、心地よく着こなせます。インナーには、汗ジミ防止加工の「JOB T LITE」を合わせれば湿度の高い雨の日の対策も万全。

暑い季節も快適に過ごせるので、チノパン見えするベージュを選んでオン・オフどちらのシーンにも活用してください。

3-5.「中間色のセットアップ」でおしゃれ上級者見え

setup-mens11

「CASUAL JK-FIBRIL ACTIVE」は、流行のノーカラージャケット。中間色の少しくすんだブルーのセットアップに落ち着いたブラウンのTシャツを合わせることで、おしゃれな大人の落ち着きを演出。

汗ジミが気になるブラウンのTシャツでも、汗ジミ防止加工の「JOB T LITE」なら心配なし。足元には、ダークブルーのセットアップパンツが映える白のスニーカーを選んでオンでもオフでも、爽やか&ラフに着用できます。

4.まとめ

今回は、トレンドが続いているセットアップについてご紹介しました。ビジネススタイルの変化やリモートワークなどを背景に、セットアップ人気はしばらく続きそう。スーツよりも気軽に羽織れてきちんと感が出るセットアップは、オン・オフどちらのシーンにもおすすめです。

FABRIC TOKYOでは、おしゃれで機能的なセットアップを多数ラインナップしています。これからセットアップに挑戦する人も、もっとおしゃれにセットアップを着こなしたい人も、本記事で紹介したコーディネート例をぜひ参考にしてください。

この記事を監修した人: 瀧田 真弓(FABRIC TOKYO池袋店)