吉祥寺でオーダーシャツを作るならおすすめは?20代・30代に選ばれているお店を紹介!

この記事は約6分で読めます
目次

「吉祥寺でオーダーシャツを作りたい」
「おすすめのオーダーシャツ店を知りたい」

吉祥寺でシャツをオーダーしようと思っても、店舗がたくさんあって何を基準にどこを選べばいいか迷いますよね。多くの20代・30代に選ばれているのが、吉祥寺駅から徒歩2分の場所にある「FABRIC TOKYO吉祥寺店」です。

オーダーにもかかわらず、シャツ1枚7,500円からオーダーできるコスパの高さはもちろん、店舗で1度採寸したらあとはFABRI TOKYOのECサイトからポチッとするだけなので、とくにオーダー初心者から選ばれています。

この記事ではシャツをオーダーするときに知っておきたい基礎知識や、FABRIC TOKYOが選ばれている理由、おすすめのオーダーシャツを紹介します。

1.吉祥寺でオーダーシャツを作る前に知っておくべき基礎知識

はじめてのオーダーは分からないことばかり。基礎知識がない段階でオーダーしてしまうと、理想のシャツに出会えないことも……。イメージ通りのシャツをオーダーできるよう、ここで最低限の基礎知識を身につけておいてくださいね。

1-1.シャツのオーダーは大きく3種類

ikebukuro-shirts03

シャツに限らずオーダーは仕立て方によって「フルオーダー」と「パターンオーダー」「イージーオーダー」の3種類に分けられます。パターンオーダーとイージーオーダーをまとめて「セミオーダー」とも言います。

オーダーシャツ専門店の多くは「パターンオーダー」か「イージーオーダー」のどちらかを採用していて、どちらもサンプルのスーツをベースにサイズを微調整し、よりフィットしたシャツに仕上げていきます。

ikebukuro-shirts02

お店ごとに補正できる範囲が異なりますが、一般的には「イージーオーダー」のほうが微調整できる範囲は広く、よりフィット感に優れたシャツを仕立てられます。オーダー初心者には「イージーオーダー」がおすすめで、FABRIC TOKYOでもこの「イージーオーダー」を採用しています。

1-2.オーダーシャツのお店は大きく3種類

kichijyoji-order-suits03

お店を選ぶときに「実店舗」か「オンライン」かも重要な要素になります。今はオンラインで完結する店舗もかなり増えていますが、それぞれ一長一短ありますので簡単に紹介します。

kichijyoji-order-suits06

まず実店舗のメリットはプロの店員に採寸してもらえるので、自分では気づかなかった体のクセに気づくことも。また、生地の相談ができるのも実店舗のメリットのひとつ。たくさんある生地から自身にぴったりの生地を見つけるのは至難ですが、相談しながらなら理想の生地と出会えるはずですよ。

kichijyoji-order-suits05

一方、オンラインは自宅などですべて完結できるのが最大のメリット。ただ、自身で採寸することになるので、オーダー初心者にとっては難易度が高くなります。気軽にオーダー体験をしたい人にはおすすめですが、クオリティも重視したい方には少し物足りなさを感じるかもしれません。

kichijyoji-order-suits14

「FABRIC TOKYO吉祥寺店」では、実店舗とオンラインを組み合わせたスタイルを導入しています。店舗で30分ほどの採寸を済ませたら、ご希望により生地のご相談も承っており、プロのコーディネーターが価値観やライフスタイルなどに合わせて最適な生地をご提案いたします。

その後はFABRIC TOKYOのECサイトからポチッとするだけなので、「店舗に行ったら買わないといけない」「長い時間拘束されるのが嫌だ」といった不安もなく、オーダー初心者にも喜ばれています。

kichijyoji-order-shirts02

無料で生地サンプルのお取り寄せもできます

1-3.お直しの対応期間は店舗によって異なる

kichijyoji-order-shirts01

オーダーとはいえ、思っていたフィット感と異なる場合もあります。そんなときはお直しをお願いするのが一般的です。初回のお直しは無料で対応してくれるお店がほとんどですが、なかには有料になってしまう場合もあります。

また、無料で対応してくれる場合でも、お店によって期限が異なります。「FABRIC TOKYO吉祥寺店」では、お届けから50日間は1回まで無料でお直しに対応しているため、はじめての方でも安心してオーダーいただけます。

「FABRIC TOKYOのサポートについて見てみる」

2.「FABRIC TOKYO吉祥寺店」のおすすめオーダーシャツ

FABRIC TOKYO吉祥寺店ではシャツ用の生地が100種類以上あり、1枚7,500円からオーダーできます。「どれを選んでいいか分からない」という方に、人気のシャツ用生地を3つ紹介します。

2-1.メンテいらずのシャツ「NON IRON EASY CARE」

shibuya-shirts09

モデル着用のシャツコーデを見てみる

洗濯後にアイロン掛けをしなくてもシワがほとんど目立たない「NON IRON EASY CARE」。実際に洗濯をしてシワのつき具合を調べた結果がこちら(↓)。気になるシワはほとんどなく、アイロンなしでも気にならない程度。多少シワがついていても、着ているうちにシワがとれて気にならなくなりますよ。

kichijyoji-order-shirts03

(左)Before (右)After

サックスやイエローなどさまざまなカラーをご用意していますが、なかでも人気のカラーは白。ビジネスの王道なので、どんなシーンにもマッチしますよ。

NON IRON EASY CARE

コットンとポリエステルが混紡された定番素材で、通気性と吸水速乾性に優れており、ご自宅での洗濯が可能です。

¥ 7,500
商品をみる

2-2.着ていることを忘れるくらい快適「ALBINI CORCORAN PREMIUM JERSEY」

kichijyoji-order-shirts04

コーコランと呼ばれるコットン糸とポリエステル糸を混紡することで、ストレッチ性はもちろん、吸水速乾性にも優れているのが特徴。湿気の多い夏でも快適に過ごせます。

それでいて見た目はドレッシーなので、ビジネスシーンでも問題なくご着用いただけます。グレーやインディゴなど全7色をラインアップしていますが、なかでも選ばれているのがライトブルー。ビジネスでも定番の色でどんな色とも合わせやすい点が魅力です。

ALBINI CORCORAN PREMIUM JERSEY

ALBINIは、1876年にイタリアのアルビノで創業したイタリアきっての老舗生地メーカーです。

¥ 14,000
商品をみる

2-3.豊富なカラバリと程よいツヤが特徴「COLOR COTTON POPLIN」

kichijyoji-order-shirts05

モデル着用のシャツコーデを見てみる

ビジネスカジュアル向けで人気のシャツ生地が「COLOR COTTON POPLIN」。定番の白系やサックス系はもちろん、グレー、ベージュ、トマトなど、ありそうでなかったカラーも取り揃えています。

kichijyoji-order-shirts06

カラバリだけでなく、素材にもこだわっているのが選ばれている理由。しなやかな細番手のコットンを高密度で織り上げたブロード生地で、程よいツヤとしなやかさが特徴です。カラーで遊び心を見せつつ、きちんと感も兼ね備えたい方におすすめです。

3.「FABRIC TOKYO吉祥寺店」ならシャツ1枚7,500円からオーダーできる

kichijyoji-order-suits15

とくに20代・30代のオーダー初心者から選ばれている「FABRIC TOKYO吉祥寺店」。シャツ用の生地は100種類以上あり、1枚7,500円からオーダーできます。

「FABRIC TOKYO」では中間業者を介さずに工場とカスタマーを直接つなげることで、コストカットを実現。これにより、高品質なシャツを適正価格でお届けできます。

お届けから50日間は1回まで無料でお直しに対応しているので、はじめてオーダーする方も安心です。採寸は30分ほどで終わりますので、お気軽に店舗までお越しください。お待ちしております。

「FABRIC TOKYO吉祥寺店」の詳細を見てみる

「FABRIC TOKYO吉祥寺店」の店舗ブログを見てみる

KEYWORDS

生地吉祥寺イージーオーダーオーダーシャツ
シェア ツイート LINEで送る