ダークカラーのスーツを着用している男性

ダークスーツとは?ブラックスーツとの違いからおすすめコーディネートまで徹底解説!

ダークスーツとはどのようなスーツで、どんなシーンで着用できるスーツなのか、詳しくわからない人もいるでしょう。なかには、ダークスーツとブラックスーツを同じものと勘違いしているケースもあるようです。

この記事では、ダークスーツの定義やブラックスーツとの違い、それぞれの着用シーン、おしゃれな着こなし方などについて紹介します。

1.ダークスーツの定義

ダークスーツとは、濃紺(ダークネイビー)や黒、チャコールグレーなどの暗めのカラーで作られたスーツを指します。

darksuit 01

左から濃紺(ダークネイビー)、黒、チャコールグレー

 

生地の柄は無地が基本ですが、濃いダーク系の色味で織られた「シャドーストライプ」など、控えめな織柄のものもダークスーツに含まれます。

darksuit 02

シャドーストライプ

 

ダークスーツは、ビジネスの用途にふさわしいカラーであることから、ビジネススーツといえばダークスーツのことを意味するケースもあります。ただし、暗めの色でもグリーン系やブラウン系のスーツは、カジュアルな雰囲気になるため厳密にはダークスーツには含まれません。

2.ダークスーツとブラックスーツとの違い

ダークスーツとは別に、「ブラックスーツ」と呼ばれるスーツがあることはご存じですか。

ブラックスーツは「ブラックフォーマルスーツ」とも呼ばれ、礼服として冠婚葬祭などで着用される特別なスーツです。礼服の「ブラック」は、ダークスーツの黒よりもさらに深く、「漆黒」や「墨黒」といわれるほど濃い黒に染められています。

darksuit 03

(左)ビジネス用の黒スーツ (右)ブラックスーツ

 

ビジネススーツで使われる黒と比べると、その黒さや生地の質感、光沢などの違いがハッキリとわかるでしょう。ブラックスーツの黒に比べて、ビジネススーツの黒は濃いグレーに見えてしまうほどです。

darksuit 04

(左)ビジネス用の黒スーツ (右)ブラックスーツ

 

ダークスーツとブラックスーツとでは着用シーンも異なります。

黒のダークスーツはビジネスはもちろん、友人・知人の結婚式や披露宴など幅広いシーンで着用されます。ダークネイビーやチャコールグレーのスーツは、ビジネスで着用されることがほとんどです。

一方ブラックスーツは、冠婚葬祭などのフォーマルシーンで着用されるスーツで、基本的にビジネスシーンでは着用しません。親族の結婚式に列席する場合は、略礼装としてブラックスーツを着用します。

関連記事
ブラックスーツの超基本|シーン別に正しい着こなしをスタッフが解説

ドレスコードとは?NGポイントも含めて初心者にも分かりやすく解説!【メンズ編】

3.ダークスーツを「ビジネス」で着たい…ポイントは?

ダークスーツはさまざまなシーンで活用できるため、自分の体型に合った一着は持っておきたいですよね。ここでは、ビジネスシーンにおけるダークスーツの着こなしポイントを紹介します。

3-1.印象を左右する、柄のデザインや間隔も確認!

ダークスーツはビジネスシーンで定番ともいえる人気のカラーですが、選ぶ柄によっては雰囲気が変わり、相手に与える印象が大きく変わることも。たとえば定番のストライプの場合、ラインの太さや幅など、デザインの違いによっていくつかの種類に分かれています。

一番細いストライプが「ピンストライプ」で、細かい点線がラインのように見える柄です。針(ピン)で刺したように点が細かくライン幅が狭いため、控えめで上品な印象を与えます。

darksuit 05

ピンストライプ

 

「シャドーストライプ」は、生地の織り方が縦に連なるラインに見える柄です。遠目では一見無地に見えますが、光の当たり方や角度でラインが入っていることがわかります。

darksuit 06

シャドーストライプ

 

「ペンシルストライプ」は、鉛筆で線を引いたような太さのラインが特徴で、ビジネススーツのストライプ柄といえば一般的にペンシルストライプをイメージする人が多いのではないでしょうか。

darksuit 07

ペンシルストライプ

 

「チョークストライプ」は、さらにラインが太いものを指します。チョークは洋裁で印を付けるのに使うチャコの意味という説もあり、ラインの輪郭がハッキリせずぼやけているのが特徴です。

darksuit 08

チョークストライプ

 

【MEMO】
・ストライプの間隔が狭く細い=シンプル、ドレッシーな印象
・ストライプの間隔が広く太い=華やか、力強い、個性的な印象

 

ストライプについて詳しく知りたい人は、「ストライプスーツに合わせるシャツやネクタイの正解は?明日からマネできるテクニックを紹介」も参考にしてください。

3-2.インナーはシャツだけでなくポロシャツやTシャツもOK

ビジネスシーンでダークスーツを着用する場合、インナーにシャツを合わせた着こなしが無難と思っている人も多いですよね。しかし社内や社外、季節、業界、職場の雰囲気に合わせて自由度の高いおしゃれな着こなしをする人も増えています。

カジュアルスタイルが許容される職場なら、インナーにポロシャツやTシャツを合わせてもよいでしょう。引き締め効果のあるダークスーツなら、インナーの色や柄に悩むことなく幅広い着こなしができます。寒い時期や夏の冷房対策にはカーディガンもおすすめです。

詳しくは「メンズスーツにカーディガンはあり?選び方のポイントやコーディネートを紹介」も参考にしてください。

darksuit 09

4.ダークスーツを「結婚式」に着ていきたい…ポイントは?

ビジネスで着用するダークスーツを、友人や知人の結婚式に着用することもできます。その際は、TPOに合わせた着こなしでお祝いの気持ちを表しましょう。

4-1.基本的には無地のダークスーツをチョイス!

結婚式のゲストとしてダークスーツを着用するなら落ち着いた暗めの色合いで、かつ無地か無地に見える控えめな柄のスーツが無難です。結婚式の主役は新郎新婦なので、目立たないよう太いストライプやチェックなどの派手な柄は避けましょう。

シャドーストライプのような控えめな柄なら問題ありません。

darksuit 10

ちなみに、結婚式の場ではスラックスの裾がダブルだとカジュアルなイメージがあるため、シングルを選びましょう。

darksuit 11

(左)シングル (右)ダブル

 

4-2.オッドベストを着用して特別感を出すのもあり

スーツと同じ生地のベストがセットになった「スリーピーススーツ」は、結婚式などのフォーマルなシーンで定番かつ無難な着こなしといえるでしょう。

darksuit 12

スリーピース

 

しかし、結婚式の装いとして、あえてスーツとは異なる別の生地や色柄の「オッドベスト」を合わせるのもおすすめです。

darksuit 13

スーツとは色柄が違う「オッドベスト」

 

「オッドベスト」とは?
上下のスーツと同じ生地や色柄の場合は「スリーピーススーツ」と称されるのに対し、上下のスーツと異なる生地や色柄のベストを「オッドベスト」といいます。

 

セットのスリーピースはクラシカルでかしこまったイメージがありますが、異素材のオッドベストを組み合わせることで、結婚式にふさわしい華やかな印象になります。

darksuit 14

5.ダークスーツで注意することは?

ダークスーツはさまざまなシーンに着用できる便利なスーツと紹介しました。しかし、シーンによっては着用しないほうがいいこともあるため気をつけましょう。ここでは、ダークスーツ着用の際の注意点を紹介します。

5-1.葬儀や告別式ではブラックスーツを着用しよう

葬儀や告別式に参列するときは、ブラックスーツ(礼服)を着用します。

先述のとおり、ブラックスーツは黒無地のダークスーツのことではありません。「同じ黒無地だからいいだろう」と、ビジネスシーンで着用するダークスーツを選んでしまうと、ほかの参列者たちと色の違いが際立ってしまいます。また、故人に対して失礼にあたるという考えもあるため気を付けましょう。

darksuit 15

5-2.結婚式では立場によってブラックスーツが無難

主賓や年配の方は親族以外の結婚式でもブラックスーツを着ることがありますが、友人や知人の結婚式に参列するなら、ダークスーツがおすすめです。

一方、兄弟姉妹や近い親戚の結婚式では、正式な礼服であるブラックスーツを着用するのがマナーです。しかし披露宴会場の雰囲気によっては、ブラックスーツだとフォーマルすぎて周りから浮いてしまうことも。その場の雰囲気に合わせて選ぶことが大切です。

友人や知人の結婚式にブラックスーツを着用するなら、シャツやネクタイを華やかにするなど工夫するとよいでしょう。結婚式の装いについてはこちらの記事も参考にしてください。

関連記事
結婚式のスーツの選び方とは?マナー&おしゃれな着こなしをスーツのプロが徹底解説

男性必見!セミフォーマルな装いとは?基本スタイルやコーデを解説!

6.【シーン別】ダークスーツの着こなし方おすすめコーデ

ダークスーツは幅広いシーンで着こなせる万能なスーツです。ここでは、ダークスーツのおしゃれな着こなしについて紹介します。コーディネートに迷ったときや、いつもの着こなしに変化をつけたいときなどにぜひ取り入れてみてください。

6-1.【オフィスワーク】ダークネイビースーツ×レジメンタルネクタイ

darksuit 17

光沢感があり、質感にこだわったダークネイビースーツです。ビジネスはもちろん、会食や二次会など、一着あれば幅広いシーンで活躍します。

シャツとネクタイの組み合わせ次第で違った雰囲気を演出できるのもポイント。ネイビーと相性の良いライトブルーのシャツ、存在感のあるレジメンタルタイを合わせればこなれたスタイルの完成です。

関連記事
レジメンタルタイの基本|意味や歴史をFABRIC TOKYOがやさしく解説

darksuit 18

darksuit 19

6-2.【外回り】ネイビーピンヘッドスーツ×パープルシャンブレーシャツ

darksuit 20

通気性や吸水速乾性、ストレッチ性、形態安定性など、さまざまな機能が備わっているので、ダークスーツでも暑い夏を快適に過ごせます。生地にこだわれば、営業などの外回りでも爽やかで涼しげに見せられます。

軽やかで上品な透け感があるピンヘッド柄のスーツに、淡いパープルのシャンブレーシャツを組み合わせれば、清潔感が感じられるスタイルに仕上がります。

darksuit 21

darksuit 22

6-3.【会議&プレゼン】ダークネイビースーツ×ストライプシャツ

darksuit 23

無難な着こなしになりがちなダークネイビースーツには、ブルーのロンドンストライプシャツを合わせていつもと違う着こなしを。

無地のブラウンネクタイを合わせれば、お互いの色を引き立ててくれます。大人の洗練された着こなしで、会議やプレゼンの場で信頼を勝ち取れるでしょう。

darksuit 24

darksuit 25

6-4.【結婚式】ブラックヘリンボーンスリーピース×カラーシャツコーデ

ヘリンボーンの織柄と高級素材のシルクが上品な、高級感のあるスリーピーススーツです。

シルクの上質な光沢感が、カラーシャツやドレスシャツとの相性もよく、友人の結婚式や華やかなパーティーシーンにもぴったりです。

darksuit 16

7.まとめ

ダークスーツは、ビジネスシーンでは定番中の定番ともいえる代表的なスーツです。黒のダークスーツは、ブラックスーツと混同されることもありますが、実際はまったくの別物です。

無難な着こなしになりがちなダークスーツですが、素材やデザインにこだわったオーダースーツなら、長く着られるお気に入りの一着になるでしょう。ダークスーツやブラックスーツのオーダーは、ぜひFABRIC TOKYOにおまかせください。

この記事を監修した人:瀧田 真弓(FABRIC TOKYO池袋店)