スーツを着用している男性

スーツをおしゃれに着こなすには?ポイントやコーディネートを徹底紹介!

毎日、仕事でスーツを着ている人はもちろん、普段スーツを着ない人もフォーマルシーンではおしゃれにスーツを着こなしたいですよね。スーツをおしゃれに着こなすには、デザインにこだわるだけではいけません。着こなし方やサイズ感が何よりも大切です。

今回は、スーツをおしゃれに着こなすポイントやおすすめのサイズ感、コーディネートなどを紹介します。スーツの種類やデザインについても解説するので、ぜひ参考にしておしゃれにスーツを着こなしてください。

1. スーツをおしゃれに着こなすために種類とデザインを確認

スーツと一口に言っても、ボタンの配列や数、襟の形などデザインが微妙に異なります。スーツをおしゃれに着こなすには、それぞれのスーツのデザインの違いや特徴を知ることが大切です。それぞれ解説していきます。

1-1. スーツの種類

スーツの種類は、大きく分けて「シングル」と「ダブル」に分けられます。 fashionable01

(左)シングル (右)ダブル

 

シングルスーツは、前ボタンの配列が一列になったデザインです。最もポピュラーなスーツでビジネスシーンからフォーマルシーンまで幅広く着用できます。

fashionable02

シングル

 

ダブルスーツは、ボタンの配列が二列になったデザイン。ボタンの数が多く並び方にもバリエーションがあります。重厚感があってフォーマルな印象を与えることから、冠婚葬祭に着用されることも多いデザインです。

fashionable03

ダブル

 

【MEMO】
シングルとダブルは、それぞれ「シングルブレスト」「ダブルブレスト」と呼ばれることもあります。

また、「ツーピース」と「スリーピース」に分けられることもあります。

ツーピースは、ジャケットとパンツのセットで構成されるスーツです。最もオーソドックスなタイプで、シーンを選ばず着用できます。

fashionable04

ツーピース

 

スリーピースの構成はジャケット、ベスト、スラックスの3点です。ジャケットにベストが加わることで、よりフォーマルな印象になります。結婚式にもおすすめですが、ジャケットを脱いでもベストがあることできちんと感が出るので、ビジネスシーンでも人気のあるデザインです。

fashionable05

スリーピース

 

1-2.襟(ラペル)のデザイン

スーツの下襟のことを「ラペル」といいます。 fashionable06

ラペルのデザインにも細かな違いがたくさんありますが、代表となるデザインは「ノッチドラペル」「ピークドラペル」「ショールカラー」の3つ。それぞれ紹介します。

「ノッチドラペル」は、シングルスーツの定番スタイル。「ノッチ」は“V字型の切り込み”という意味で、ゴージラインと上襟ラインの切込み部分がV字に見えるため名づけられました。ビジネスシーンでは、このノッチドラペルが主流です。

fashionable07

ノッチドラペル

 

「ゴージライン」とは?
ゴージラインは、上襟と下襟が接する部分のこと。細身のスーツは、ゴージラインを高い位置にレイアウトしたものが多く、シャープでスマートな印象があります。反対にゆったりしたスーツでは、ゴージラインが少し低い位置にあるものが多く、落ち着いた雰囲気を与えます。

 

「ピークドラペル」はダブルスーツに多いデザインで、下襟が尖っているのが特徴です。タキシードなどのフォーマルスーツに採用されることが多いデザインですが、最近では、ビジネススーツやカジュアルジャケットにも使われています。さりげなく個性的なおしゃれを楽しみたい人におすすめのデザインです。

fashionable08

ピークドラペル

 

ショールカラーは上襟と下襟がつながった形で、ショール(肩掛け)をかけたような形のデザイン。主にタキシードに使用されている襟ですが、カジュアルジャケットやニット素材にも使用されています。

1-3. ベントのデザイン

ベントは、スーツのジャケットの後ろや横に入った縦の切れ目を指します。ベントの種類は「センターベント」「サイドベンツ」「ノーベント」の3種類です。ベントの種類によっても印象が変わるのでそれぞれの特徴を理解しておきましょう。

fashionable09

「センターベント」は、真ん中に切れ目が入っていて最もスタンダードなスタイルです。ビジネススーツの多くはセンターベントが採用されています。

fashionable10

センターベント

 

両サイドに2つの切れ目が入っているスタイルは「サイドベンツ」で、切れ目が2つになるため、複数形で「ベンツ」といいます。サイドベンツはクラッシックな印象です。切れ目が2つあって動きやすい仕様のため、ビジネスシーンにおすすめです。

fashionable11

サイドベンツ

 

「ノーベント」は、切れ目が入っていないスタイルです。フォーマルな印象を与えることから、タキシードやディレクターズスーツによく用いられます。

fashionable12

ノーベント

 

スーツのベントの特徴について詳しく知りたい人は、「【スーツ】サイドベンツの特徴とは?センターベントやノーベントとの違い」も参考にしてください。

2.スーツをおしゃれに着こなすポイント

ここからは、スーツをおしゃれに着こなすポイントを紹介します。着用マナーやスマートに見える着こなしにも関係するので、ぜひ参考にしてくださいね。

2-1.ジャケットの一番下のボタンは留めない

シングルスーツは、ジャケットの一番下のボタンを留めずに外しておくことが基本です。これを「アンボタンマナー」とも言います。

一番下のボタンは上のボタンよりもやや外側につけられているため、一番下のボタンを留めてしまうと、生地にシワがよってしまうからです。

fashionable13

ダブルスーツ(ダブルブレスト)は、ボタンの総数によって留めるボタンの数が違います。スーツのボタンの留め方について詳しく知りたい方は、「スーツのボタンの正しい留め方とは?種類によってマナーが違うので要注意!」も参考にしてくださいね。

2-2.ジャケットのラペル幅とネクタイ幅を揃える

スーツをおしゃれに着こなすポイントとして、ネクタイの合わせ方も大切です。スーツに合う色柄だけで選ぶのではなく、ネクタイの幅をスーツに合わせることも意識しましょう。

fashionable14

ジャケットの下襟(ラペル)の幅とネクタイの大剣部分の幅を揃えることでまとまりのある印象になります。ラペル幅の太さは、先ほど説明した「ゴージライン」が目安です。ネクタイ幅は、ネクタイの一番太い部分を目安にします。

たとえば、細い幅のラペルに太いネクタイを合わせると、とてもバランスが悪くなるのでおすすめできません。ネクタイを購入する際は、合わせたいスーツのラペル幅も確認しておきましょう。

2-3.スラックスを履く位置を合わせる

すっきりとスタイル良くスーツを着こなすには、スラックスを履く位置も重要なポイントです。ウエストの正しい位置は、腰骨(出っ張っている腰骨の少し上)の部分。

fashionable15

腰骨より低いローウエストで履いてしまうとだらしない印象になるだけでなく、足の長さも短く見えてしまうので注意しましょう。スラックスを正しい位置で履くだけでスマートな印象になりますよ。

2-4.スラックスの裾幅を基準に長さを決める

スラックスの裾の長さを決めるときは、スラックスの裾幅を基準に決めるとバランスよくスマートに着こなせます。

裾幅が細い20㎝以下のスラックスの場合、裾の長さは「ハーフクッション」がおすすめです。ハーフクッションとは、裾が靴のアッパー(足の甲を包む部分)に少し着く程度の長さをいいます。

fashionable16

ハーフクッション

 

一方、裾幅が20~22㎝以上あるスラックスなら、裾の長さは「ワンクッション」がおすすめです。ワンクッションとは、スラックスの裾がアッパー部分に当たって折り目が一つできる程度の長さです。ややゆったりしたスタンダードなスーツに多い裾幅です。

fashionable17

ワンクッション

 

2-5.小物の色合わせにも手を抜かない

スーツに合わせるベルトや靴、靴下などの小物は、全体のカラーの統一感を意識することが大切です。

ベルトの色は靴の色とそろえることで、まとまりのある印象になります。黒の靴と黒のベルト、茶色の靴と茶色のベルトのセットを用意しておくと便利です。

fashionable18

靴下の色はスーツや靴の色と合わせましょう。スーツと靴下の色を合わせることで、足長効果も期待でき、全体的にスマートな印象になります。スーツに白い靴下やくるぶしソックスを合わせるのはマナー違反なので、くれぐれも選ばないようにしましょう。

2-6.自分のサイズに合ったスーツを選ぶ

スーツが自分の体に合ったサイズかどうかを各部位ごとに確認しましょう。いくらデザインが良くてもサイズが合っていなければ、スーツをおしゃれに着こなせません。スーツのジャケットとスラックス、それぞれにサイズの目安があります。

fashionable19

【ジャケットサイズの目安】
・肩:ひとつまみできる
・袖口:1.0~1.5㎝程度シャツが見える
・ウエスト周り:こぶしが一つ入る
・着丈:お尻が9割程度隠れる
【スラックスサイズの目安】
・ウエスト:手のひらが入る
・太もも:ひとつまみできる
・サイドポケット:広がっていない
・裾:スラックスの裾幅に合った長さ(ハーツクッション~ワンクッション)

自分の体にぴったりのスーツを作りたい場合、プロのスタッフに店舗で測ってもらうのがおすすめです。オーダースーツの専門ブランド「FABRIC TOKYO」では、店舗でのプロのスタッフによる採寸サービスはもちろん、ご自宅に訪問して採寸する出張採寸サービスもありますよ。

3.【シーン別】おしゃれに決まる!スーツのコーディネート

スーツはTPOに合わせておしゃれに着こなすことが大切です。そこで、「FABRIC TOKYO」のおすすめコーディネートをシーン別に紹介します。気に入ったコーディネートがあれば、ぜひチェックしてくださいね。

3-1.【ビジネスシーン】グレンチェックでさりげなくおしゃれに

fashionable20

ビジネスシーンでネイビーと並んで定番のカラーがグレースーツです。さりげなくもクラシックな印象のあるグレンチェック柄のスーツをチョイスすることで、一気におしゃれな雰囲気を演出できます。

チェック柄のスーツに無地のシャツを合わせることで、ネクタイの色が引き立ちます。鮮やかなオレンジ×サックスのレジメンタルタイを合わせて、おしゃれながらも自信に満ち溢れたスタイルに。

<関連記事>
レジメンタルタイの基本|意味や歴史をFABRIC TOKYOがやさしく解説

fashionable21

fashionable22

fashionable23

3-2.【結婚式&成人式】光沢感のあるスーツで特別感を演出

fashionable24

結婚式や成人式は、光沢感のある特別なスリーピーススーツで周りと差をつけましょう。ベストを着用すればフォーマル感もアップします。

シャツは光沢感のあるシンプルなホワイト無地シャツ、ネクタイはペイズリー柄を合わせておしゃれで存在感のある着こなしを。

fashionable25

fashionable26

3-3.【ビジカジ&プライベート】ノーカラーのセットアップでこなれ感のあるおしゃれを演出

fashionable27

少しくすんだブルーのノーカラージャケットで、かっちりしすぎないこなれ感を演出。流行のノーカラージャケットに同生地のパンツを合わせたセットアップスタイルが新鮮です。

インナーには、ダークブラウンのTシャツを合わせておしゃれで落ち着いた印象に。暑い夏にもぴったりのおしゃれなビジカジスタイルの完成です。

fashionable28

fashionable29

fashionable30

4.まとめ

今回は、スーツの種類や特徴、おしゃれに着こなすポイントやコーディネートを紹介しました。スーツをおしゃれに着こなすには、デザインで選ぶことも大切ですが、着こなし方やサイズ感を意識することもポイントです。

FABRIC TOKYOでは、たくさんの生地の中から自分にピッタリのおしゃれなスーツをオーダーできます。おしゃれなスーツの購入を検討している人は、ぜひチェックしてくださいね。 スーツはもちろん、フォーマルからビジネスカジュアルまでさまざまなアイテムを取りそろえています。ぜひ一度ご来店ください。

この記事を監修した人: 襟川 諒佑(FABRIC TOKYO秋葉原店)