【グレースーツ】着こなし方でこんなにおしゃれになるって知ってましたか?

グレースーツはモノトーンでシンプルな分、着こなせるかどうか心配な人も多いのではないでしょうか。

落ち着いた印象を与えてくれるグレースーツは、さまざまなシーンで着用できます。大人のファッションを楽しむためにも、1着は用意しておくといいでしょう。グレースーツのコーディネートのコツを押さえ、スタイリッシュに着こなしてみてください。

本記事では、グレースーツの与える印象や着こなしのポイント、おすすめのコーディネートなどを紹介します。

1. グレースーツはどのような印象を与えるの?

gray-suit00

グレースーツには知的で落ち着いた雰囲気がありますが、与える印象は色のトーンや柄によって微妙に異なります。トーン別、柄別の印象の違いを知り、自分のイメージに合ったグレースーツを探してみてください。

ここからは、グレースーツのトーンや柄ごとの印象について解説します。

1-1. トーン別の印象

グレースーツのトーンは、「チャコールグレー」と「ミディアムグレー(グレー)」「ライトグレー」の3つに大別できます。

・チャコールグレー

「チャコールグレー」は最もトーンが暗く、重厚な印象を与える色です。ブラックスーツに近いので、結婚式などのフォーマルな場面でも問題なく着用できます。

gray-suit01

・ミディアムグレー

中間色である「ミディアムグレー」は普段のビジネスシーンに取り入れやすい色です。柔らかく落ち着いた印象を与えてくれます。多彩なデザインのネクタイやシャツと合わせられるため、コーディネートも考えやすいでしょう。

gray-suit02

・ライトグレー

ミディアムグレーよりも明るく、爽やかな印象を与えるのが「ライトグレー」です。軽やかで華やかな空気感があり、着こなし次第で都会的な雰囲気を演出できます。

gray-suit03

1-2. 柄別の印象

グレースーツには無地の他、ストライプやチェックなどの柄物もあります。

・無地

無地のグレースーツは上品で、どんな場面でも着用できる万能アイテムです。

gray-suit04

・ストライプ

ストライプ柄はグレースーツの知的な印象をさらに際立たせます。ただし、ストライプの幅が広くなるとカジュアルな印象が強くなります。ビジネスシーンでは、なるべくストライプの幅が1cm以内のものを選びましょう。

gray-suit05

・チェック

チェック柄は華やかな印象なのでプライベートにもおすすめです。グレースーツと相性がいい「グレンチェック柄」などを取り入れ、おしゃれを楽しんでみてください。

「グレンチェック柄」とは?
細かい格子を組み合わせたチェック柄の一種です。

gray-suit06

2. ビジネスシーンでグレースーツを着こなすコツ

ビジネスシーンでの着こなしにはマナーがあります。どんなアイテムもグレースーツに合わせられるわけではないので、事前にポイントを押さえておきましょう。

ここからは、グレースーツに合わせるアイテムの選び方について解説します。

2-1. グレースーツ × シャツ

グレースーツに合わせるシャツの定番色は、白とサックスブルー、そしてピンクです。

白シャツは清潔感があり、あらゆるシーンに対応できるアイテムです。

gray-suit07

爽やかなサックスブルーシャツは、落ち着いた印象のグレースーツに清涼感を加えてくれます。さりげなくおしゃれを楽しみたい人は、華やかなピンクシャツがおすすめです。ベーシックカラーであるグレーはさまざまな色と合わせられるので、自分なりの色を探してみてくださいね。

gray-suit08

シャツの柄は、ビジネスシーンでは無地が無難です。ただし、控えめな柄であればストライプなどは許容範囲です。幅の狭いストライプで個性を表現するのもいいでしょう。

2-2. グレースーツ × ネクタイ

先述のとおり、グレースーツはさまざまな色と相性がいいアイテムです。ネクタイの色も選びやすいので、多彩なデザインを試してみてください。

グレースーツに合わせるネクタイの色はネイビーやレッドがおすすめです。ネイビーは誠実な印象を与え、レッドはコーデのアクセントになります。

gray-suit09

あえてグレーのネクタイを選び、コーディネートをワントーンでまとめるのもいいでしょう。

ネクタイの柄は、無地や小さいドット柄など、シンプルなものがおすすめです。ドットは柄が大きいとカジュアル感が強くなるため、ビジネスシーンには向きません。

2-3. グレースーツ × 靴

グレースーツに合う靴の色はブラックまたはブラウンです。ブラックは足元が重い印象になるため、軽やかなブラウンのほうが人気です。爽やかな雰囲気を演出したいときは、ライトグレースーツに明るいブラウンの靴を合わせてみてください。

スーツに合わせる靴の定番デザインは、装飾やステッチがないシンプルな「プレーントゥ」や、つま先に一直線のラインが入った「ストレートチップ」です。足元に個性を加えたいときは「モンクストラップ」もおすすめです。

「モンクストラップ」とは?
紐ではなくベルトとバックルで留める革靴のこと。紐靴以外で唯一スーツに合わせられる革靴といわれています。

3. グレースーツのおすすめコーデ

グレースーツをスマートに着こなしたいなら、具体的なコーディネート例を参考にするのが近道です。

ここからは、グレースーツを取り入れたおすすめのコーディネートを3つ紹介します。

3-1. 初心者にもぴったりなシンプルスタイル

gray-suit11

こちらはオーソドックスなチャコールグレースーツに白シャツを合わせたシンプルなコーディネートです。

コーデで使用されている「FABRIC TOKYO MODEL X」はウールとポリエステルの混紡生地で、防シワ加工が施されています。耐久性にも優れているため、ビジネスユースにはぴったりのスーツです。

gray-suit12

シャツには控えめなストライプを取り入れ、地味になりすぎないように工夫しています。サックスブルーのネクタイがVゾーンのアクセントとなり、引き締まった雰囲気に仕上がっています。

3-2. 落ち着いた雰囲気の大人スタイル

gray-suit13

ブラウンがかったグレースーツで大人の色気を演出しています。

コーデで使用されている「AUTHENTIC PLUS」は、パタゴニア地方のオーガニックウールを使った上質なスーツです。綾織りの質感がたくましく、上品な光沢により落ち着いた印象を与えます。ホリゾンタルカラーのライトブルーシャツを合わせ、爽やかにまとめています。

「ホリゾンタルカラー」とは?
襟羽の開きがほぼ180度の広い襟のことをホリゾンタルカラーといいます。詳しくは「ホリゾンタルシャツの着こなし徹底解剖」で紹介しています。合わせてご確認ください。

 

Vゾーンを彩るのはグレースーツと相性がいいグリーンのネクタイです。主張しすぎない控えめな小紋柄が、スーツやシャツとうまく調和しています。

gray-suit14

3-3. こだわり感たっぷりのおしゃれスタイル

gray-suit15

こちらはグレンチェック柄を取り入れた、おしゃれ上級者見えするコーディネートです。

味気なく見えることが多いグレースーツも、グレンチェック柄ならおしゃれで新鮮。コーデで使用されている「WRINKLE CLEAR HARD TWIST」は丈夫で通気性がよく、撥水加工が施されたスーツです。快適に着用できるおしゃれなグレースーツが欲しい人は、検討してみてくださいね。

スーツに柄を取り入れているので、シャツはシンプルな白無地が無難です。鮮やかな配色のレジメンタルタイも、グレースーツなら相性よくまとまります。

gray-suit16

4. カジュアルやフォーマルシーンでもグレースーツを着こなしてみよう!

グレースーツはビジネスシーンの他、プライベートやフォーマルシーンでも活躍してくれます。

ここでは、休日や結婚式などでグレースーツを着るときのポイントを紹介します。

4-1. 休日にぴったりなカジュアルスタイル

グレースーツにシャツやネクタイを合わせると、どうしても硬い印象を与えます。適度にカジュアルダウンして、休日らしいリラックススタイルに挑戦しましょう。

カジュアルシーンの着こなしは自由がきく分、おしゃれの腕が試されます。以下のポイントを押さえ、自分なりのスタイリングを探してみてください。

  • シャツの代わりにポロシャツやタートルネックニットを合わせる
  • スニーカーやローファーを履く
  • ニットタイを合わせる
  • ブラックシャツを合わせてモノトーンコーデにする

gray-suit17

4-2. 結婚式にぴったりなフォーマルスタイル

結婚式などに参加するときは、マナーを守った服装を心がけなくてはなりません。以下にリストアップしたフォーマルシーンにおける着こなしのポイントを参考にしてみてください。

  • ダークトーンのグレースーツを選ぶ
  • ベストを着用する
  • シルバーのネクタイを合わせる
  • ポケットチーフを挿す

5. まとめ

グレースーツはビジネスシーンの他、結婚式などでも着用できます。さまざまな色と相性がよく、着こなしやすいこともグレースーツの魅力です。

幅広い場面で着用できるため、1着は持っておくと便利です。着こなしのポイントを押さえ、TPOに合ったスマートなスタイリングに挑戦してみてください。

FABRIC TOKYOではグレースーツのオーダーを承っています。体にぴったり合ったスーツを仕立て、ビジネスやプライベートのファッションを楽しみましょう。

この記事を監修した人: 釜谷 諒子(FABRIC TOKYO渋谷MODI店)