お知らせ

FABRIC TOKYOに関する
最新情報をお知らせいたします。

2018年11月27日

ブラックフライデー速報:FABRIC TOKYOの”ホワイト”フライデー、4日間で応募総数20,000件超。

whitefriday_thankyou


ブラックフライデーに、本質的なものの価値に向き合って下さった全ての方へ感謝を。


2018年11月23日(金)はブラックフライデーでした。
大量生産・大量消費の時代の中で生まれたバーゲンセールの文化であるブラックフライデーのタイミングに合わせて、D2CカンパニーのFABRIC TOKYOは「洋服の本当の価値に向き合う」機会を提供したいと考え、日々お取引をさせて頂いている三甲テキスタイル様に眠る良質なサンプル生地を活用し、価格はお客様自身に決めていただくという新しい試みの元、オーダースーツ"ReFABRIC"を発売しました。

"ReFABRIC"の詳細情報はこちら。

サンプル生地はそれぞれの量が少ないため、"ReFABRIC"は全10生地でそれぞれ2着ずつ、計20着の限定生産となりましたが、この20着の販売数に対し4日間の発売期間の間に20,000件を超えるご応募を頂きました。

我々のものづくりへの思いに共感していただけたことを、心から嬉しく思っております。

今回、このようにたくさんのお客様から反響を頂けたことを嬉しく感じると共に、今後もこうしたものづくりの本質を問うていける機会をたくさんお届けしていきたいと考えております。たくさんのご応募ありがとうございました。

※"ReFABRIC"の販売権利は、今後厳正な抽選の元決定し、2018年11月29日・30日の2日間、販売権利をお渡しできるご当選者様のみに個別ご連絡をさせて頂きます。ご当選に関するお問い合わせはお答え出来かねますので、予めご了承ください。