カジュアルジャケットの置きコーデ画像

ジャケットをカジュアルに着こなすには?選ぶ時のポイントとコーディネート例

カジュアルジャケットは、プライベートからビジネスまで幅広い場面で活躍してくれるアイテムです。カジュアルジャケットをスタイリッシュに着こなすためには、スーツとの違いや選び方を知る必要があります。

この記事では、カジュアルジャケットとはどんなジャケットを指すのか、選ぶときのポイント、コーディネート例などを紹介します。プライベートやビジネスでカジュアルにジャケットを着こなしたい人は、ぜひ読んでみてください。

1. カジュアルコーデに似合うジャケットとは

jacket-casual01

スーツだとキマリすぎて周りから浮いてしまう……。でもジャケットのきちんと感も出したい……。そんなときに大活躍するのが「カジュアルジャケット」です。ジャケットを一枚羽織るだけで、きちんと感とカジュアルさを両立させた着こなしになります。

ここからは、カジュアルジャケットの特徴や、スーツとの違いについて解説します。

1-1. カジュアルジャケットとは

jacket-casual02

カジュアルジャケットとはカジュアルな印象を与える、ラフな仕立てのジャケットのことです。スーツのジャケットと形はほとんど同じですが、カジュアルな雰囲気の生地や仕上げ方を採用しています。

【MEMO】
カジュアルジャケットは「テーラードジャケット」と呼ばれることもあります。

カジュアルジャケットは定義があいまいなアイテムです。だからこそスーツとの違いを理解し、適切に使い分ける必要があります。基本的には、パンツとセットではないジャケットと考えておきましょう。

1-2. スーツとの違い

カジュアルジャケットの主な特徴は、丈がやや短めであること、そして肩パッドが入っていないことです。

カジュアルジャケットはスーツに比べて丈が短いものが多く、また、体にフィットするようにウエストが絞られており、スタイリッシュな雰囲気がある点も特徴です。

jacket-casual03

スーツのジャケットは生地に艶があり、肩パッドが入っているものが一般的です。一方、ほとんどのカジュアルジャケットには肩パッドが入っていません。肩パッドがない分、肩の可動域が広く、動きやすく仕立てられています。

スーツよりもリラックスして着られることに加え、相手に軽やかな印象を与えられるのもカジュアルジャケットの特徴です。 jacket-casual04

2. カジュアルジャケットを選ぶ時のポイント

カジュアルジャケットを選ぶときは色やサイズ感、素材に配慮することが重要です。

ここからは、カジュアルジャケットを選ぶときのポイントを「色」「サイズ感」「素材」の3つの観点から紹介します。

2-1. 色

1着目にカジュアルジャケットを買うならネイビー、グレー、黒、ベージュのなかから選ぶのがおすすめです。この4色はいずれもオーソドックスなカラーで、シャツやパンツともコーディネートしやすいためです。

カジュアルジャケットの色によって、コーディネートの印象は大きく変わります。例えば爽やかなネイビーは若々しさを感じさせます。

jacket-casual05

また、グレーにはハイセンスでおしゃれな雰囲気があります。シックで引き締まった印象を与えたいなら、黒のカジュアルジャケットを選ぶのがおすすめです。

jacket-casual06

jacket-casual07

同じ色でもトーンが明るいほどカジュアルな、暗いほどフォーマルな印象になります。プライベートではライトグレー、ビジネスではチャコールグレーなど、TPOに合わせて使い分けてみましょう。

jacket-casual08

(左)ライトグレー (右)チャコールグレー

2-2. サイズ感

カジュアルジャケットを選ぶうえで、サイズ感は重要なポイントです。いくらデザインが洗練されていても、サイズ感が合っていないだけですべてが台無しになってしまいます。サイズをしっかりと合わせることで、よりスタイリッシュな着こなしに見えますよ。

カジュアルジャケットのサイズでチェックしたいポイントは、肩幅や身幅、袖丈、着丈などです。肩幅は、羽織ったときに肩の部分(肩山)を指で軽くつまめる程度のサイズ感を目指してください。肩幅があまるとだらしない印象に、足りないと窮屈な印象になるので気を付けてくださいね。

jacket-casual09

身幅はボタンを留めたとき、懐に拳を1つ入れられる程度の余裕が必要だとされています。袖丈については、腕をおろしたときに袖が手首の出っ張った骨あたりを目安にしましょう。

jacket-casual10

着丈は、裾がすこしヒップにかかる程度の長さにするとスタイリッシュに見えますよ。

2-3. 素材

カジュアルジャケットの素材には、ポリエステルやコットン、ウール、リネンなどがあります。

なかでもカジュアルジャケットにもっともよく使われる素材は、化学繊維のポリエステルです。頑丈でシワになりにくく、適度な光沢感があって知的な印象を与えます。安価に入手できる一方で、毛玉ができやすいという欠点があるため、定期的なメンテナンスが必要です。

jacket-casual12

コットンは柔らかく、着心地がいいので長時間着用しても疲れにくいのが特徴です。スーツにも使われることの多いウールは防寒性が高く、ややフォーマルな印象になります。軽くて通気性に優れたリネンは夏らしい素材で、カジュアルに着こなしたいときは最適です。

jacket-casual13

jacket-casual14

素材によって特徴や与える印象が異なるため、自分がジャケットに求めるものを見極めておきましょう。

3. カジュアルジャケットを使ったコーディネート5選

カジュアルジャケットをおしゃれに着こなしたいときは、実際のコーディネート例が参考になりますよね。

ここからは、カジュアルジャケットを取り入れたコーディネート例を5つ紹介します。

3-1. 王道の「ネイビージャケット」でオン・オフ使えるジャケパンスタイル

jacket-casual15

上品なジャケパンスタイルをロンドンストライプのシャツで適度に崩した着こなしです。

こちらのダークネイビーのカジュアルジャケットはストレッチ性に優れているだけでなく、ウォッシャブル仕様が施されているのでプライベートでも気楽に着用できます。

グレーベージュのチノパンは、ウールを混紡することで上品な印象に仕上げています。大人の落ち着きと遊び心を両立させたこのコーディネートなら、オンでもオフでも活躍してくれるはずです。 jacket-casual16

jacket-casual17

jacket-casual18

3-2. 「ネイビー×ブラウン」で大人のスタイリング

jacket-casual19

こちらは、ダークネイビーのジャケットとブラウンのパンツを合わせたシックな着こなしです。

青と茶の組み合わせはイタリアで「アズーロ・エ・マローネ」と呼ばれ、伊達男の象徴となっています。チノパンのさりげないチェック柄も、こなれた雰囲気を演出してくれています。

インナーは、ざらついた質感が特徴のシャンブレー生地を採用したサックスブルーシャツ。ネイビーとブラウンがあしらわれたレジメンタルタイを合わせることで、全体の雰囲気をまとめています。 jacket-casual20

jacket-casual21

jacket-casual22

3-3. 「ブラウン×ブルー」でおしゃれ上級者見え

jacket-casual23

くすみがかったブルーとブラウンを組み合わせた、脱力感のあるコーディネートです。

カジュアルな印象が強いノーカラージャケット(襟のないジャケット)ですが、セットアップにすることで上品にまとまっています。

インナーのTシャツは汗ジミ防止加工が施されており、夏に最適なアイテムです。白のスニーカーはダークブルーのセットアップと相性がよく、足元に爽やかさが加わります。 jacket-casual24

jacket-casual25

jacket-casual26

3-4. ニューノーマルの時代にぴったりの「ネイビーセットアップ」

jacket-casual27 都会的なネイビーのセットアップをメインに据えた、スタイリッシュな着こなしです。

リネン調の軽やかな風合いのセットアップでありながら、生地はポリエステルなので機能性に優れています。ストレッチ性が高くシワになりにくいので、オンもオフも便利に着まわせるでしょう。

インナーには黒のTシャツを合わせ、セットアップのカジュアルさを引き締めています。ネイビーとブラックの重厚感を白の革靴でやわらげているのも着こなしのポイントです。

jacket-casual28

jacket-casual29

jacket-casual30

3-5. 爽やかな「ベージュジャケット」でリラックススタイル

jacket-casual31

鮮やかなブラウンのチノパンが目を引く、休日にぴったりのリラックススタイルです。

爽やかで柔らかい印象のあるベージュジャケットは、派手なパンツと相性のいいアイテムです。さらに、インナーの白無地のTシャツが清潔感を演出しています。Tシャツの代わりにドレスシャツを選べば、ビジネスシーンでも活躍する着こなしに大変身。 jacket-casual32

jacket-casual33

jacket-casual34

4. まとめ

カジュアルジャケットはスーツよりもラフに着こなせるだけでなく、きちんと感を取り入れたいときにも重宝するアイテムです。コーディネートのポイントを押さえ、プライベートやビジネスシーンで取り入れてみてくださいね。

「FABRIC TOKYO」は、ライフスタイルに合ったビジネスウェアを提供しているオーダー専門ブランドです。従来の堅苦しいイメージを覆すシステムを採用していて、気軽にスーツをオーダーできる点が特徴です。カジュアルジャケットも豊富にそろえています。お気軽に店舗までお越しください。

この記事を監修した人:襟川 諒佑(FABRIC TOKYO秋葉原店)