グレージャケットにおすすめのコーデをアイテム別にご紹介!

この記事は約7分で読めます

この記事を監修した人加藤 尚海(FABRIC TOKYO名古屋栄店)

FABRIC TOKYO名古屋栄店の加藤です!体型やライフスタイルに合ったサイズ提案はもちろんですが、生地が大好きなので生地提案でもお客さまに喜んでいただけるよう日々勉強しています。FABRIC TOKYOでは300前後のスーツ生地がありますが、特に「AUTHENTIC PLUS」が好きです。生地選びはとても悩むと思いますので、ぜひ一緒に悩ませてください。

目次

ビジネスシーンだけでなく、プライベートでも活躍するグレージャケット。フォーマルスタイルからカジュアルスタイルまで幅広い組み合わせに対応できる、メンズファッションの鉄板アイテムです。

今回はそんなグレージャケットについて、種類やカラーによる印象の違い、そしてパンツやインナーとのおすすめの組み合わせ方などを解説します。これを読めば、グレージャケットをおしゃれに着こなせるようになるはずです!

1.グレージャケットの種類と印象

グレージャケットはグレーの濃淡によって大きく印象が変わります。基本となるカラーの種類はグラデーションの濃い順番に、「チャコールグレー」「グレー(ミディアムグレー)」「ライトグレー」の3色です。

grayjacket01

左からチャコールグレー、グレー、ライトグレー

3種類の見た目の特徴や印象の違いを知っておくことが、グレージャケットを上手に着こなす秘訣。それぞれの特徴について説明していきましょう。

1-1.チャコールグレー

grayjacket02

チャコールは「炭・木炭」という意味で、チャコールグレーは“限りなく黒に近いグレー”です。別名で「ダークグレー」と呼ぶこともあります。

どっしりと落ち着いたトーンのチャコールグレーは、大人の貫禄を感じさせ、ビジネスシーンの定番カラーとなっています。ビジネス用にグレージャケットを探しているなら、チャコールグレーがおすすめです。

grayjacket03

1-2.グレー(ミディアムグレー)

grayjacket04

「グレー(ミディアムグレー)」はチャコールグレーとライトグレーの中間のカラー。フォーマルでありながら全体的に柔らかな印象を与える色合いが特徴です。

ビジネスシーンでは無地が定番ですが、ストライプやチェックなど柄物のグレージャケットも高い人気を誇ります。

grayjacket05

1-3.ライトグレー

grayjacket06
ライトグレーは明るめのグレートーンで、チャコールグレーと違い、軽快さを感じさせるカラーです。色味が明るく爽やかな印象を与えられるため、主に春夏用に着るジャケットとしておすすめです。

カジュアルなアイテムとのコーディネートにぴったりなので、オフの場でも活躍します。きちんと感のあるシャツやチノパンなどと合わせれば、オフィスカジュアルとしてもコーディネート可能。オンオフ問わず、さまざまなシーンで使える便利なカラーです。
grayjacket07

2.【パンツ編】グレージャケットにおすすめのコーデ

グレージャケットはパンツの組み合わせによって印象が大きく異なります。

「グレージャケットに合うパンツは何色だろう?」
「ビジネスでも通用するグレージャケットコーデが知りたいな」

選択肢が多いからこそ、合わせるパンツに悩んでしまいますよね。ここからはパンツのカラー別に、グレージャケットと合わせる際のポイントを解説していきます。

2-1.ネイビーパンツ

ネイビーパンツとグレージャケットの組み合わせは、上品さと爽やかさを演出できる定番のコーデ。年齢を問わず合わせやすいうえに、全体的に若々しく新鮮な雰囲気をプラスできます。

ネイビーにもトーンの違いによって「ダークネイビー」「ネイビー」「ライトネイビー」の3種類があります。ダークグレーのジャケットにダークネイビーのパンツなど、上下のトーンを合わせると全体的にまとまり感が出ます。

細身のパンツと合わせるとよりスタイリッシュな印象になるので、ファッションに自信のない人は細身のサイズ感がおすすめです。

grayjacket08

2-2.ベージュパンツ

グレージャケットはベージュパンツとの相性も抜群。オールシーズン使えるうえに、ビジネスシーンだけでなく、オフ時でも着こなせる万能さがあります。

チャコールからライトグレーまで、どのカラーのグレージャケットと合わせても似合うので、インナーや小物を含めて、お気に入りのコーデを1セット揃えておくと非常に便利です。

ワイドやセミワイドタイプのパンツもトレンドで捨てがたいですが、ビジネスシーンで使いたい場合はスリムタイプを選んでおくといいでしょう。
grayjacket09

2-3.グレーパンツ

シックで都会的なスタイルを目指したい場合は、「グレージャケット×グレーパンツ」のワントーンコーデもおすすめです。

全体的にスッキリと違和感なくまとまるうえに、上下でグレーのトーンを少し変えるだけでこなれた印象になります。足元やベルトでアクセントを付ければ、より遊び心のある雰囲気に仕上がりますよ。

grayjacket10

2-4.白パンツ

白パンツとグレージャケットの組み合わせも、涼しげで爽やかな印象をプラスできるおすすめコーデの1つ。インナーに明るめのカラーシャツを合わせてもおしゃれに着こなせますよ。

白パンツは春夏シーズンに使われることが多いですが、ジャケットやインナーに暗めのカラーを合わせれば秋冬でも十分に通用します。

grayjacket11

2-5.デニムパンツ

グレージャケットとデニムパンツの組み合わせも人気のスタイルです。特にライトグレーのジャケットとデニムパンツとの相性は抜群。濃い目のカラーデニムにジャケットが良く映えます。

ドレスライクなジャケットとの組み合わせもおすすめ。スッキリとした印象でありながらデニムでカジュアルダウンされ、親しみやすさを感じさせる雰囲気となります。

ただ、デニムパンツはカジュアル過ぎて不安に思う人も多いかもしれません。その場合は、デニム見えするチノパンなどを選ぶとビジネスシーンでも通用するコーデになりますよ。

grayjacket12

3.【インナー編】グレージャケットにおすすめのコーデ

グレージャケットはさまざまなインナーと合わせやすいのが魅力。3つの代表的なインナーとの組み合わせのポイントを説明していきましょう。

3-1.シャツ

グレージャケットとシャツの組み合わせは、ビジネスシーンで定番のコーデ。グレージャケットとパンツ、シャツの3つのアイテムで、全体的に色のコントラストを付けることを意識しましょう。

たとえばビジネスシーンで使うなら、チャコールグレーのジャケットに白のシャツを合わせたコーデがおすすめ。その他にはブルー系、ピンク系のシャツも遊び心があってオシャレです。よりきちんと感を出したい場合は、ネクタイを付け加えるといいでしょう。

grayjacket13

grayjacket14

3-2.ニット

秋冬シーズンはグレージャケットにニットを合わせれば、程よいカジュアル感を演出できておすすめです。クルーネックからタートルネック、カーディガンまで、どんなニットでもOK。

暗いトーンに落ち着きがちな秋冬ファッションですが、比較的明るめのカラーのニットを合わせれば、差し色としても効果を発揮してくれますよ。

grayjacket15

3-3.Tシャツ

よりカジュアルダウンしたコーデを目指すなら、グレージャケットとTシャツの組み合わせもあり。ジャケットのきちんと感にTシャツのラフさが合わさって、こなれた印象をプラスできます。

白のTシャツだとカジュアルすぎる場合は、黒いTシャツを合わせれば一気にきちんと感がプラスされますよ。

grayjacket16

<関連記事>
ジャケットのインナーはこの4種類!すぐにマネできるおしゃれコーデ10選も紹介

4.【ネクタイ編】グレージャケットにおすすめのコーデ

グレージャケットにネクタイを添えるだけで、一気にフォーマル感を演出できます。グレージャケットと合わせるなら、ネイビーやブルー、グレーなど、落ち着いた色のネクタイのほうが全体的にまとまりやすくおすすめです。

より柔らかでおしゃれっぽさを出したい場合は、ニットタイなどと組み合わせて季節感を演出してみるのもいいでしょう。

grayjacket17

grayjacket18

5.まとめ

グレージャケットはチャコールグレー、グレー(ミディアムグレー)、ライトグレーの主に3つのトーンがあり、濃淡によって印象が大きく変わります。

さまざまタイプのパンツと合わせやすいので、お気に入りのグレージャケットがあればビジネスにプライベートにと大活躍するはず。慣れてきたら、インナーやパンツに「ブルー」や「ピンク」などを組み込んでみると、オシャレの幅が一気に広がります。

FABRIC TOKYOでは、ビジネスからカジュアルまでさまざまなシーンで着用できるグレージャケットを多数ご用意しています。グレージャケットの購入を検討している人は、お近くの店舗にお気軽にお越しください。お待ちしています。

KEYWORDS

チャコールグレーインナージャケットニットネクタイTシャツ
シェア ツイート LINEで送る