男性のスマートカジュアルってどんな服装?夏や春におすすめのコーデ5選も紹介

この記事は約8分で読めます
目次

男性のドレスコードの一つに「スマートカジュアル」があります。

プライベートからビジネスまで、幅広いシーンで求められるスマートカジュアルですが、一歩間違えると場違いな印象を与えてしまうことも……。

着こなしのポイントを押さえ、おしゃれなスマートカジュアルコーデを目指しましょう。

この記事では、男性のスマートカジュアルのおしゃれな着こなし方やおすすめのコーデ5選などを紹介します。

1. 男性のドレスコードは基本的に4段階

分け方にもよりますが、男性のドレスコードは大きく4段階に分類できます。

フォーマル度の高い順に、「フォーマル」「セミフォーマル」「インフォーマル」「スマートカジュアル」の4つです。

ドレスコードによっては、普段着ているビジネススーツがマナー違反にあたる場合もあるので、注意が必要です。

ドレスコードごとのマナーを押さえ、TPOにふさわしい装いを心がけましょう。

ここからは、男性の4段階のドレスコードについて解説します。

1-1. フォーマル

もっとも格式の高いドレスコードがフォーマルです。

「正礼装(せいれいそう)」とも呼ばれ、時間帯によってふさわしい服装が異なります。

フォーマルが指定されている場合、昼はモーニングコート、夜は燕尾服(えんびふく)を着るのが基本です。公的行事の参加者や、結婚式の新郎とその父親などがフォーマルの衣服を着用します。

「燕尾服」とは?
燕尾服はテールコートとも呼ばれ、ジャケットの後ろの裾がツバメの尾のようにカットされているのが特徴です。

1-2. セミフォーマル

「セミフォーマル」はフォーマルに続いて格式の高いドレスコードで、準礼装(じゅんれいそう)とも呼ばれます。

結婚式の場合、新郎新婦の親族や上司などの服装がセミフォーマルに該当します。時間帯によって適した服が異なり、昼はディレクターズスーツ、夜はタキシードが正式な装いです。

【MEMO】
ドレスコードの「ホワイトタイ」は燕尾服を、「ブラックタイ」はタキシードを意味しています。

1-3. インフォーマル

略礼装(りゃくれいそう)にあたる「インフォーマル」は、フォーマルやセミフォーマルよりもリラックスしたスタイルです。

インフォーマルではブラックやチャコールグレーなど暗いトーンのダークスーツを着用します。

招待状に「平服」と記載されている場合、ダークスーツを選べば間違いないでしょう。結婚式の一般ゲストもインフォーマルで装います。

1-4. スマートカジュアル

「スマートカジュアル」はインフォーマルよりもさらにカジュアルな服装です。

厳密な定義はありませんが、スーツではなく「ジャケパンスタイル」が主流となっています。

高級レストランや結婚式の二次会、カジュアルな職場などでスマートカジュアルの服装が求められます。

2. 男性のスマートカジュアルについて徹底解説

スマートカジュアルは幅広いシーンで使えるスタイルなので、着こなしの基本を押さえておくと便利です。

ここからは、スマートカジュアルの着こなし方やスタイルについて詳しく解説します。

2-1. ジャケット、シャツ、パンツ、靴が基本

男性のスマートカジュアルでは、ジャケット、シャツ、パンツ、靴を合わせるのが基本です。

まず、ウールやコットン、リネンなどのテーラードジャケットを用意しましょう。ジャケットの色は、ネイビーやチャコールグレーなどのダークカラーがおすすめです。

smart-casual01

シャツはブルーやピンク、チェックやストライプなど、ビジネス用より華やかなものを選んでも構いません。

ジャケットを羽織るのであれば、インナーはTシャツでも問題ないでしょう。

smart-casual02

smart-casual03

パンツはスラックスからジーンズまで幅広い選択肢があります。足元は革靴が無難ですが、スニーカーなどでカジュアルダウンするのもおしゃれです。

2-2. ノーネクタイでもOK

スマートカジュアルではネクタイを締める必要はありません。

シャツはノーネクタイでも違和感のない、ホリゾンタルカラーなどを選ぶといいでしょう。ポロシャツやカットソーを合わせるスタイルもおすすめです。

smart-casual04

関連記事
ホリゾンタルシャツの着こなし徹底解剖

2-3.革靴で上品さをキープ

スマートカジュアルでは、場にふさわしい品格を求められることがあります。

上品さをキープしたいときは、スニーカーではなく革靴を選ぶのが賢明です。ローファーやダブルモンクなど、ややカジュアルな革靴を履いても問題ありません。

「ダブルモンク」とは?
甲にレイアウトされたベルトで留めるタイプの靴を「モンクストラップシューズ」といいます。ベルトが2本あるのが「ダブルモンク」です。ドレッシーにもカジュアルにも使える、汎用性の高い靴として人気を集めています。

3. おすすめのスマートカジュアルコーデ集!

ここからは、スマートカジュアルのおすすめコーディネート5選と、それぞれの使用アイテムを紹介します。

3-1. ネイビーとベージュで大人っぽい演出を

smart-casual05

ネイビーのジャケットにベージュのチノパンを合わせた王道のコーディネートです。

インナーにはジャケットと同じネイビーカラーのポロシャツを選び、大人の落ち着きを演出しています。誰でも簡単にスマートカジュアルを実現できる、初心者におすすめの着こなしです。

着用ジャケットは「STRETCH LINEN LIKE」で、リネンのような風合いが特徴です。実際にはポリエステルなので機能性が高く、ストレッチ性や防シワ性に優れています。

ベージュのチノパン「STRETCH by SOLOTEX」では、高機能素材のSOLOTEXを使っています。伸縮性が非常に高いため、ストレスフリーな着心地を味わえるでしょう。

3-2. ダークトーンで落ち着いた雰囲気に

smart-casual06

全体をダークトーンでまとめた、色気を感じさせるリラックススタイルです。

チャコールグレーのジャケットにカーキのチノパンを合わせ、休日に最適な雰囲気を生み出しています。

「MIYUKI HYBIRD FACE WOOL」はウール製で、クラシカルな印象にこだわったジャケットです。裏側がキュプラで織られており、吸湿性や滑りのよさが快適な着心地をサポートします。

カーキ無地の「COTTON TWILL」は汎用性が高いチノパンです。柔らかな光沢感が足元に上品さを添えています。

さり気なく取り入れたデニム風シャツ「DENIM LIKE JERSEY」もいい味を出しています。デニム調のジャージー素材で、優れた伸縮性が特徴です。

3-3. 遊びゴコロのあるカラーでおしゃれ感をプラス

smart-casual07

ベージュのジャケットに明るいブラウンのチノパンを合わせた大胆なコーディネートです。

インナーにホワイトを取り入れて清潔感を演出しつつ、配色で休日らしい遊び心を感じさせます。

「WIND TECH」は柔らかい印象のベージュジャケットです。生地に小さな空気孔が空いているので通気性に優れ、爽やかで快適な着心地が楽しめます。

ウォルナッツブラウンのチノパン「COTTON TWILL」は、華やかでありながら上品です。

インナーにはジャケットにフィットするモックネック「JOB T LONG-SLEEVE」をチョイス。ホワイト、ブラック、ネイビーの3色がありますので、コーディネートに合わせて好きな色を取り入れてみてください。

3-4. 黒コーデで引き締まった印象に

smart-casual08

デニム風のパンツに黒のジャケットとインナーを合わせて雰囲気を引き締めています。

スニーカーではなく黒のタッセルローファーを取り入れ、カジュアル度を抑えているのもポイントです。

「STRETCH WAFFLE DOBBY」はドビー織が特徴のシックなブラックジャケットです。インナーの「FABRIC TOKYO JOB T」には上品な光沢があり、着こなしに高級感を与えてくれます。

インディゴの「STRETCH by SOLOTEX」はシルエットが美しく、適度に抜け感を加えたいときにおすすめです。

3-5. ブルーとブラウンで春らしさアップ

smart-casual09

ブルーのニットにブラウンのチノパンを合わせた、春らしい軽やかな着こなしです。

ブルーとブラウンの組み合わせは、イタリアで「アズーロ・エ・マローネ」と呼ばれています。相性がいい色を大胆に取り入れ、洗練されたおしゃれを楽しみましょう。

ニットの首元や裾からのぞく白シャツが清潔感を演出しています。

上質なニット「FABRIC TOKYO JOB KNIT」は、鮮やかな発色と高級感のある光沢が特徴です。クルーネックとカーディガンの2種類があり、サイズも体型に合わせて選べます。

ブラウンでグレンチェック柄の「STRETCH by SOLOTEX」は、ニットやTシャツと相性抜群のアイテムです。

「FABRIC TOKYO JOB T」はスマートカジュアルにぴったりのインナーで、1枚でもおしゃれに着こなせます。

4. まとめ

スマートカジュアルは、高級レストランなどに行くときも求められるスタイルです。

まずはふさわしいアイテムを揃え、正しい着こなし方を覚えておきましょう。

プライベートからビジネスまで、幅広い場面で活躍してくれるのがスマートカジュアルの魅力です。

今回紹介したコーディネートを参考に、自分だけのスマートカジュアルを探してみてください。


スマートカジュアルスタイルをオーダーしてみませんか

FABRIC TOKYOはビジネスウェアのオーダー専門ブランドです。

商品をご購入いただくには、まずは新宿や有楽町、秋葉原、横浜などの首都圏、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡などにあるFABRIC TOKYOの店舗で、30分ほどの採寸をし、サイズ登録をしていただく必要があります。

お気軽に店舗までお越しくださいませ。

この記事を監修した人: 永見 駿介(FABRIC TOKYO渋谷MODI店)

KEYWORDS

チノパンコーディネートドレスコードインナージャケットスマートカジュアル
シェア ツイート LINEで送る