おしゃれなブラックスーツの画像

男性必見!セミフォーマルな装いとは?基本スタイルやコーデを解説!

結婚式や披露宴など冠婚葬祭の場では、「セミフォーマル」な装いを求められることがあります。セミフォーマルとひとくちに言ってもどんな服装をすれば良いのか分からない人も多いのではないでしょうか。

今回はセミフォーマルの基本スタイルから、友人・知人の結婚式や披露宴で着こなしたいコーディネートなどについて詳しく解説します。

1. セミフォーマルとは?

semi-formal01

セミフォーマルはドレスコードのひとつですが、ドレスコードがよく分からない人もいるのではないでしょうか。まずは、ドレスコードの種類や、セミフォーマルの基本スタイルなどについて説明します。

また、ドレスコードについて詳しく紹介している記事がありますので、こちらもぜひ参考にしてください。

関連記事
ドレスコードとは?20代から知っておきたい服装のマナー

1-1. セミフォーマルはドレスコードのひとつ

セミフォーマルはドレスコードのひとつで、フォーマル(正装)の次に格式が高い装いのことです。ドレスコードには下記の6種類があります。

・フォーマル
・セミフォーマル
・インフォーマル
・スマートエレガンス
・スマートカジュアル
・ビジネスアタイア

最近ではジャケットやパンツもセミフォーマルに含まれることがあります。基本的には「ブラックスーツ」「ディレクターズスーツ」「タキシード」などをセミフォーマルと言います。詳しくは後ほど説明します。

semi-formal02

1-2. セミフォーマルの基本スタイル

次にセミフォーマルにおける、昼・夜それぞれの基本スタイルを解説します。

昼のセミフォーマルでは「ブラックスーツ」「ディレクターズスーツ」が基本スタイルとなり、それに対して夜のセミフォーマルは「タキシード」が基本スタイルとなります。

また、通常はインフォーマルとされる、ネイビーやチャコールグレー、ブラックなどのダークスーツもセミフォーマルとして着用できます。ちなみに、インフォーマルはセミフォーマルよりも少しだけカジュアル寄りのドレスコードのことです。

semi-formal03

「ブラックスーツ」とは?
日本における冠婚葬祭の一般的な服装(昼夜問わず着用可能)

「ディレクターズスーツ」とは?
ブラックのジャケットにストライプ柄のコールパンツを組み合わせた装い

1-3. 友人の結婚式ならダークスーツでもOK

前述したように、セミフォーマルの昼間の基本スタイルはディレクターズスーツやブラックスーツ、夜はタキシードです。

一方、友人の結婚式や披露宴、カジュアルなパーティなどに出席する場合は、グレーやネイビーなどのダークスーツでも問題ありません。ただし、後ほど詳しく解説しますが「靴」「ワイシャツ」「ベルト」などの小物選びにも気をつける必要があります。

semi-formal04

関連記事
「ブラックスーツの超基本|シーン別に正しい着こなしをスタッフが解説」

2. セミフォーマルなスタイルに合わせるアイテム選び

友人の結婚式や披露宴で、ブラックスーツやダークスーツを着用する際に身に着けたいアイテムを解説します。アイテム選びの参考にしてください。

2-1. ワイシャツ選びのポイント

セミフォーマルでは、基本的に白色のワイシャツを選べば間違いありません。

semi-formal05

ダークスーツに合わせるなら、サックスブルーやピンクシャンブレーなどのカラーを選ぶのもおすすめです。サックスブルーはさわやかな印象、ピンクシャンブレーは華やかな印象になります。

semi-formal06

ブラックスーツを着用する際のワイシャツは「白のレギュラーカラー」がおすすめです。ボタンダウンカラーや派手な色柄、オックスフォード地は避けてください。理由は、カジュアルすぎる印象になってしまうためです。

semi-formal07

「レギュラーカラー」とは?
ドレスシャツの定番の襟の形をレギュラーカラーといいます。襟が75〜90度開いていて、どのスーツとも合わせられます。

2-2. ネクタイ選びのポイント

セミフォーマルでブラックスーツを着用する場合のネクタイは、基本的にシルバーや白など上品な印象の色味を選ぶのがベターです。

semi-formal08

ネイビーなどのダークスーツにネクタイを合わせるなら、パステルカラーやシャンパンゴールドなどのネクタイを選んで華やかで明るい印象にするのもおすすめです。

semi-formal09

お祝いのシーンで黒やアニマル柄のネクタイは「マナー違反」になるので絶対に避けるようにしましょう。結婚式や披露宴でのネクタイを選ぶ場合は、小紋柄やストライプ、無地などシンプルなものを選んでください。

【MEMO】
アニマル柄は殺傷を、黒は葬式をイメージさせるため、結婚式や披露宴などの場ではNGマナーとされています。

2-3. 靴選びのポイント

セミフォーマルで選ぶべき靴は、黒のプレーントゥかストレートチップの紐付きの革靴です。

プレーントゥとは、甲やつま先に装飾やステッチがないもので、ストレートチップは、つま先の革が一文字に切り返されたデザインになっています。

いずれもフォーマルシーンでは定番のアイテムなので、一足は用意しておくと安心です。

2-4. ベルト選びのポイント

ベルトはウエストを締めるだけでなく、腰回りの装飾の意味もあります。フォーマルシーンにおいてもとても重要なアイテムなのです。

semi-formal10

基本的にベルトは、靴の色に合わせて黒を選ぶのがベスト。小ぶりなバックルを選び、中央の穴で合うように調整しましょう。

semi-formal11

2-5. 小物選びのポイント

その他、結婚式や披露宴などのセミフォーマルなシーンで使用する小物について解説します。まずカフリンクスは、最近使用する人が少ないですが、結婚式などでは今もよく使用される小物です。

ポケットチーフは、キャストとゲストを見分けるのに必要なアイテムとも言われています。結婚式などのフォーマルなシーンでは、さりげなく胸ポケットに入れておきましょう。ポケットチーフとネクタイの色を合わせればバランスよくまとまります。

3. セミフォーマルな装いおすすめコーディネート

友人の結婚式や披露宴、パーティなどのシーンでは、重くなりすぎないセミフォーマルなスタイルがおすすめです。結婚式や披露宴におすすめのコーディネートをご紹介します。

3-1. ブラックフォーマルでエレガントな雰囲気

semi-formal12

艶のあるブラックフォーマルに、無地シャツ、シルバーグレーのネクタイを合わせたコーデです。

フォーマルな印象のブラックと、清潔感のあるシルバーグレーのネクタイを合わせることで、エレガントで上品な雰囲気に仕上がります。

3-2. 蝶ネクタイでおしゃれな二次会コーデ

ヘリンボーン柄のスリーピーススーツに明るいブルーのシャツと蝶ネクタイを合わせたコーデです。

ややカジュアルな印象ですが、抑えるところは抑えたセミフォーマルな二次会スタイルになります。

semi-formal13

3-3. ネイビー系のダークスーツに明るいネクタイをセット

こちらも、ブラックフォーマルと比べてカジュアルな印象のコーデです。

ブラックのスーツと明るい黄色のネクタイを合わせたメリハリのある装いになります。ネクタイとポケットチーフの色を合わせることで、統一感のあるおしゃれな印象に仕上がります。

4. セミフォーマルな装いをスマートに着こなそう

結婚式や披露宴など冠婚葬祭の場に行く際に知っておきたい「セミフォーマル」について解説しました。

それぞれの場所や雰囲気に合わせた着こなしを知っておくことがとても大切です。

FABRIC TOKYOでは、セミフォーマルなシーンにふさわしい、ブラックスーツやダークスーツ、その他シャツやネクタイなどの小物も取り揃えていますので、ぜひ参考にしてください。

この記事を監修した人: 佐野 緑(FABRIC TOKYO吉祥寺店)