ブラックスーツを着用している男性の画像

一周忌の服装とは?平服指定や身内だけの場合は?夏はどうする?マナーや疑問を解説!

葬儀や告別式の服装には迷わないものの、「一周忌」といわれるとどんな服装で出席していいかわからない人は多いのではないでしょうか。ほかの参列者と服装があまりにも違うと、居心地の悪い思いをしてしまいます。

今回は、一周忌にふさわしい男性の服装や、案内状に「平服」と記載されている場合の服装について説明します。また、気をつけたいマナーや注意点についても紹介していますので参考にしてください。

1.一周忌の意味

一周忌は、正しくは「一周忌法要」といい、故人の一年目の命日に執り行う法要のことです。一般的には、亡くなってから満一年目の当日ではなく、参列者の都合がつきやすく、かつ命日に近い週末に執り行われることがほとんどです。

一周忌に似た言葉で「一回忌」がありますが、一回忌は亡くなって初めての法要のこと。つまり葬儀のことを指していますので、一周忌とは明らかに違います。一周忌法要では、故人の親族や親しい友人など、関係の近い人のみが集まって故人をしのびます。

2.一周忌の服装のマナー

一周忌の服装は故人との関係、法要の規模や場所、地域の風習などによって異なります。いずれにしても、故人や遺族に失礼がないように服装に気をつけなければなりません。ここでは、故人との間柄や立場による服装の違い、マナーについて説明します。

2-1.親族として出席する場合

故人の配偶者や両親、子ども、兄弟姉妹などの場合、施主や遺族として出席することになります。この場合は、葬儀と同じように喪服である「ブラックスーツ」を着用するのが基本です。

first-anniversary01

親戚として出席する場合も、遺族に合わせてブラックスーツに白いシャツ、黒ネクタイ、黒の革靴、黒の靴下を着用しましょう。ただし、一周忌法要の案内状に「平服で」と指定がある場合はこの限りではありません。「平服」の服装については後述します。

「ブラックスーツ」とは?
ブラックスーツとは、結婚式でも葬儀でも準礼装として着用できるスーツのこと。黒のビジネススーツよりも深い黒色(漆黒)が特徴です。詳しくは「ブラックスーツの超基本|シーン別に正しい着こなしをスタッフが解説」で紹介しています。合わせてご確認ください。

2-2.知人として出席する場合

一周忌法要は、遺族や親族のほかに、故人の生前に親しかった人たちが集まるケースもあります。この場合も、ブラックスーツを着用するのが一般的です。正式な喪服ではなく、黒や濃紺(ダークネイビー)、チャコールグレーなどのダークスーツ(無地)に地味なネクタイを合わせれば問題ないケースもあります。

ただし、一周忌法要をする会場や規模、故人の亡くなった当時の年齢、出席する人数、地域の風習などによって正しい服装が異なるケースが多いため、服装に迷ったときは事前に確認しておいたほうが安心です。

明るい色のスーツや派手なストライプ柄のスーツは、法要の場にふさわしくないため避けましょう。

3.夏の一周忌に参加する場合

夏の暑い季節に執り行う一周忌法要の場合、スーツの下に着るワイシャツは白なら半袖でも問題ありません。一周忌の法要が正式に始まるまではスーツの上着を脱いでいても構いませんが、準備が整って法要が始まる頃には上着を着用しましょう。

ブラックスーツは通年着用できるものがほとんどですが、通気性や速乾吸水性に優れているなど、機能性の高い生地で作られた夏用のブラックスーツもあります。暑い地域や暑さに弱い場合は、夏用の生地で作られたスーツやワイシャツを選ぶのがおすすめです。

first-anniversary02

※こちら(↑)のシャツは襟の開きが大きい「ホリゾンタル」ですが、一周忌法要などの弔事には定番の「レギュラーカラー」が無難です

first-anniversary03

レギュラーカラー

 

4.一周忌の服装で「平服」と指定されたら?

一周忌法要の案内状に「平服でお越しください」という一文がある場合、どのような服装が失礼に当たらないのか迷う人もいるでしょう。ここでは、「平服」の意味や具体的な服装について説明します。

4-1.暗めの色のスーツを選ぶ

「平服」を普段着のような服装と思う人も多いようですが、実際はそうではありません。「平服でお越しください」と書いてあっても、普段着で出席すると失礼にあたりますので注意が必要です。

冠婚葬祭の招待状などで使用される「平服」は、“正礼装や準礼装ではなく、略礼装に近い服装”を指します。つまり、一周忌法要における「平服」は、黒や濃紺(ダークネイビー)などの暗い色合いの「ダークスーツ」を選ぶのが正解です。ダークスーツはブラックスーツよりも格式を下げつつもあらたまった装いであるためです。

普段着のカジュアルな服装とは異なりますので注意してくださいね。

関連記事
ダークスーツとは?ブラックスーツとの違いからおすすめコーディネートまで徹底解説!

4-2.ネクタイ・ベルトなどの小物は黒を選ぶ

「平服」は男性の場合スーツ着用ですので、ネクタイやベルトは必ず身に着けるようにしてください。

一周忌なら、葬儀の服装に準じてネクタイやベルト、靴、靴下などの小物は、黒無地やダークカラーの地味なものを選ぶようにしてください。

first-anniversary04

5.一周忌の服装Q&A

一周忌の服装マナーに関して、よくあるQ&Aを紹介します。ほとんどが葬儀や告別式などの弔事のマナーと共通することも多いため覚えておくとよいでしょう。

5-1.鞄(バッグ)は持たないほうがいい?

男性の場合、基本的に鞄は必要ありません。

スーツのポケットに香典やハンカチ、数珠などを入れておきます。着替えや大きめの荷物がある場合は、クロークやコインロッカーなどに預けましょう。

どうしても必要な場合は、光沢のない布素材の小さなバッグか、黒のセカンドバッグなど目立たないものにしましょう。小さいからといって、肩掛けのボディバッグやウエストバッグ、派手なカラーやデザインの鞄は避けてください。また、ヒョウ柄やワニ革など、動物の殺生を連想させるような小物もNGです。

5-2.どんな靴を選べばいい?

靴は「ビジネスシューズ」と呼ばれる黒の革靴で問題ありません。

余計な装飾や金具などのアクセサリーが付いていない、シンプルな革靴を選びましょう。おすすめのデザインは、つま先に1本のステッチラインが入った「ストレートチップ」か、切り替えラインのない「プレーントゥ」です。

first-anniversary05

ストレートチップ

 

first-anniversary06

プレーントゥ

 

ちなみに、靴下もフォーマル用の黒が無難です。スラックスの下からくるぶしやすねが見えない、長めの丈の靴下を選んでください。

5-3.持たないほうがいい小物は?

故人をしのぶ法要では、男女ともにおしゃれに着飾る必要はありません。男性の場合、ネクタイピンやカフスボタンなど、装飾系の小物は身に着けないほうがよいでしょう。

腕時計は実用的な小物アイテムなのでマナー違反には当たりませんが、派手なデザインやカジュアルなベルトのスポーツウォッチなどは法事の場にふさわしくありません。

腕時計を見る仕草が、時間を気にしているように見えて印象を悪くする可能性もあるため、癖で時間を確認してしまう人はあらかじめ外しておくのが無難です。

6.一周忌におすすめのスーツ

一周忌にふさわしいスーツはどのようなものがあるか、オーダースーツ専門店「FABRIC TOKYO」のおすすめ商品を紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

6-1.夏でも涼しく【BLACK FORMAL サマーウール 】

first-anniversary07

季節を問わずに着られるように通年着用可能なブラックスーツを選ぶ人も多いでしょう。しかし猛暑や酷暑のなか、スーツにネクタイを着用しなければならないこともあり、暑さに弱い人や汗かきの人は苦痛に感じることもあります。

こちらの春夏向けのブラックスーツなら、通気性のよい平織りのサマーウールを使っているため、ジメジメした炎天下でも、蒸れずに体の熱を発散してくれます。

6-2.年間通して着用できる【BLACK FORMAL super 100s】

first-anniversary08

通年着用できる深いマットな黒色で、上品に着こなせる定番のブラックスーツです。

フォーマル用に染色した生地は、単なる黒とは深みが違います。フォーマル生地の定番とされている「ドスキン」と呼ばれる織り方で、かつ高級原料のsuper100sで生地に仕上げることで、ビジネス用の黒いスーツにはない深みのある黒に仕上がります。通年着用できるブラックスーツとしておすすめです。

6-3.平服着用に間違いなし!【SILK WOOL by KUZURI ブラック無地ツーピーススーツ】

first-anniversary09

ウールとシルクの混紡のため、上品な光沢が素材の良さを際立たせ高級感のある一着に仕上がりました。上質な高級素材が、黒無地ながら地味にならずおしゃれかつドレッシーに、組み合わせ次第でさまざまな着こなしが楽しめます。

案内状や招待状に「平服で」と指定されている場合、こちらの「SILK WOOL by KUZURI」のブラック無地ツーピーススーツがぴったり。冠婚葬祭における平服としても着こなせます。

7.まとめ

一周忌法要は、葬儀や告別式よりは簡略化した形で執り行うことが多く、服装に悩む人も少なくありません。ここでは一般的なマナーを紹介しましたが、遺族の考えや地域によっても形式が異なることがあるので事前に確認しましょう。

家族や親族なら服装の格を合わせて、知人として出席するならブラックスーツやダークスーツから選ぶことになります。いざというときに慌てないために、自分の体に合ったブラックスーツやダークスーツは余裕をもって準備しておきたいですね。

「FABRIC TOKYO」では、ブラックスーツのオーダーも承っています。自分のサイズにぴったり合ったブラックスーツをお手軽に仕立てられます。ビジネススーツやシャツ、ネクタイなどのアイテムも豊富です。ぜひ、お気軽にご来店ください。

この記事を監修した人: 瀧田 真弓(FABRIC TOKYO池袋店)