【2024年】ストーンアイランド|ミラノ現地取材シリーズ

この記事は約5分で読めます

2024年の1月に開催された、「ピッティ・ウォモ」と「ミラノファッションウィーク」のレポートをシリーズで全10回にわたってご紹介します。

取材は現地在住ライターの田中美貴さんにご協力いただきました。

ファッションをより楽しんでいただけるような、24年〜25年秋冬のコレクションのトレンド情報をお届けします。


ストーンアイランド (STONE ISLAND)

「ストーンアイランド」は1982年にイタリア・モデナ郊外のラヴァリーノで創業し、アイコニックなガーメントダイ、着心地や機能性を追求した革新的な素材研究と製品開発で知られてきたカルト的ブランドだ。

昨年、「モンクレール」の傘下に入り、今後の動向が注目されていたが、今回は、ミラノファッションウィークにてブランド初のプレゼンテーションを発表。とはいえ、今回は買収後の新たなチャプターのスタートを祝う特別なプレゼンテーションで、今後は大々的なイベントを継続する予定はないということだ。

新しいローンチとして、「ストーンアイランド」は新たなマニフェスト 「The Compass Inside」を発表し、2024 年春夏コレクションのキャンペーンビジュアルを公開していたが、今回も同じテーマのプレゼンテーションを行った。これは、2012年に「ストーンアイランド」が創業30周年を迎えたことを記念して、「ピッティ・イマジネ・ウオモ」の際に行ったプレゼンテーションを継承するような演出をしている。

milan-fashion-week-stoneisland01

Courtesy of:Stone Island

その際にはアーカイブモデル200体を壁一面に備えた棚の上にずらりと展示していたが、今回はその時の雰囲気同様、54体のモデル達が一面の棚の上に立ち、そこに音楽と光線のインスタレーションが織りなされるというものだった。

これらのモデルたちが着用していたのは、1999年のコレクションで発表された「ストーンアイランド」が初めて金属素材をフィーチャーしたアーカイブピースである、ブラックナイロン地に 100%ステンレススチールのメッシュが施された「ピュアメタル・シェルパーカ」と、新コレクションの中から今シーズンのキーピースとなる10点を合わせた計11アイテムだ。

milan-fashion-week-stoneisland07

Courtesy of:Stone Island

新コレクションで登場したのは、まずは前出のアーカイブモデル「ピュアメタル・シェルパーカ」を進化させ、特殊なナノテクノロジーを駆使して、強力ナイロンをベースにアルミニウムを練り込んだ 2 層のオーガンザからできた「メタルメッシュPVD ナノテクノロジーダウン」。それから、半光沢の透明ポリウレタン・フィルムで保護されたポリエステル・メッシュ素材をガーメントダイし、衣服の下に液体ガラスの層があるかのような独特の視覚効果を生み出しつつ、適度な防風性と撥水性を備えた「グラスカバーDCガーメントダイド」を、3つのピースで展開。

milan-fashion-week-stoneisland02

milan-fashion-week-stoneisland03

Courtesy of:Stone Island

そしてメタリックな光沢を持つナイロンメタル素材はエコニル®再生ナイロン糸を使用した「ナイロンメタル イン エコニル®リジェネレイテッドナイロン ウィズプリマロフト®」からは、スナップで留めるタイプのライトジャケットと、プリマロフト®-TCでパディングされたボンバージャケット2モデルが登場した。

milan-fashion-week-stoneisland04

milan-fashion-week-stoneisland05

Courtesy of:Stone Island

さらに、「ストーンアイランド」のアイコニックなラインである、完全モノクロームの「ストーンアイランドゴースト」シリーズの新モデルで、ウール95%、カシミア5%の重厚な素材によって作られたピーコートとシングルブレストのジャケットも発表された。

milan-fashion-week-stoneisland06

Courtesy of:Stone Island

 繊維やテキスタイルへの飽くなき研究と染色、仕上げの実験、そしてそれを革新的なデザインで作り上げるカリスマ的ブランド「ストーンアイランド」が、変わらずその姿勢を貫いていることを証明するプレゼンテーションだった。

取材・文/田中 美貴

大学卒業後、雑誌編集者を経てイタリアへ。現在ミラノ在住。ファッションを中心に、デザイン&インテリア、カルチャー、食、旅などの記事を有名紙誌、WEB媒体に寄稿。コレクション取材歴は20年。TV、広告などの撮影コーディネーションや、イタリアにおける日本企業のイベントオーガナイズやPR、カタログ作成や翻訳なども行う。

FABRIC TOKYOのオーダーウェアは、上質なイタリアの生地も取り揃えております。

CANONICO PREMIUM WOOL

世界三大生地産地の一つである、イタリア北部ビエラ地方を本拠とする高級服地の織物メーカー。 1663年にテキスタイル(織物・布地)メーカーとして創業し、350年以上の歴史をもっています。近代的で大規模な設備によって、高いクオリティとコストパフォーマンスの良さを兼ね備えた生地を生産し、世界有数のハイブランドや高級テーラーから多くの信頼を得ています。

¥ 88,000
商品をみる

FRATELLI TALLIA DI DELFINO PREMIUM WOOL

FRATELLI TALLIA DI DELFINO(フラテッリ・タリア・ディ・デルフィノ)は、1903年にイタリアのビエラ地方ストローナで創業した生地メーカー。ビエラ地方は、豊富な水資源に恵まれた地で培った高い技術力と、最新設備で生産される生地は、比類なきものと称賛されています。歴史と伝統に裏打ちされたテーラーテイストのセンスと、現代のマーケットトレンドのアイデアを融合させたコレクションは、まさに、技術力とデザイン性の賜物といえます。

¥ 110,000
商品をみる

オーダーが初めての方は、まずは店舗にお越しください

「FABRIC TOKYO」のカスタムオーダー商品をご購入いただくには、採寸とサイズ登録が必要です。

採寸にかかる時間は約30分。「まずはサイズ登録だけして、家でじっくり商品を検討したい」というご要望も承っておりますので、FABRIC TOKYOでのオーダーが初めての方は、一度お近くの店舗にお越しください。

お近くの店舗を探す

KEYWORDS

ファッションレポート(2024年1月)ミラノファッションウィーク
シェア ツイート LINEで送る

ビジネスファッションの、
すべての答えがここに。

ANSWERは、ビジネスウェアの悩みを解決する情報をお届けし、あらゆる働く人を後押しするサイトです。ライフスタイルにフィットするアパレルブランドのFABRIC TOKYOが運営しています。

ANSWERANSWER