おしゃれなネイビースーツの着こなし画像

ネイビースーツを格好よく着こなすたった4つの方法!ネクタイや靴はどう合わせる?

ビジネスパーソンが勝負服に選ぶことも多いネイビースーツ。汎用性も高いため、ビジネスシーンではマストな存在です。

しかし、どのように着こなせばよいのかわからないスーツ初心者も多いのではないでしょうか。王道のネイビースーツだからこそ、着こなしの基本をしっかりと押さえておくことが重要です。

本記事では、ネイビースーツの与える印象や着こなしの4つのポイント、コーディネート例などを紹介します。

1. ネイビースーツが与える印象とは?

ネイビースーツの色や柄にはさまざまなバリエーションがあります。選ぶデザインによって相手に与える印象が変わるため、色や柄による印象の違いを知っておくことが大切です。

ここでは、ネイビースーツの色や柄によって与える印象の違いについて解説します。

1-1. 色による印象の違い

濃いものから淡いものまで、ネイビーには幅広い色合いがあります。ネイビーをトーン別に大きく分けると、「ダークネイビー」「ネイビー」「ライトネイビー(ブルー)」の3種類です。

・ダークネイビー

「ダークネイビー」は落ち着いた雰囲気があり、誠実な印象を与える色合いです。ネイビーのなかではもっともフォーマル度が高いため、重要な商談や結婚式などに向いています。

navy-suit01

・ネイビー

一般的なトーンの「ネイビー」には知的で信頼できるイメージがあります。ビジネスシーンではもっとも普遍的な色合いだといえるでしょう。

navy-suit02

・ライトネイビー(ブルー)

明るいトーンのライトネイビー(ブルー)は若々しく爽やかですが、ややカジュアルな印象を与えます。オフィスカジュアルやプライベートでの着用に向いています。

navy-suit03

1-2. 柄による印象の違い

ネイビースーツの柄としては、無地やチェック柄、ストライプ柄の3種類が挙げられます。

・無地

3種類のうち、とくにフォーマルで無難なのが無地です。クセがないので、幅広いコーディネートに使えるでしょう。

navy-suit04

・チェック柄

チェックはカジュアルで華やかな印象を与える柄です。柄が小さければよりフォーマルになりますが、ビジネスシーンにはあまり適しません。

navy-suit05

・ストライプ柄

ストライプは知的で誠実な印象があり、ネイビーとも相性がよい柄です。ストライプの幅が狭いほど上品でフォーマルな、広いほど華やかでカジュアルな印象になります。

ビジネスシーンではピンストライプなど、幅が狭いストライプを選ぶとよいでしょう。

navy-suit06

総合すると、もっともフォーマルなデザインが無地のダークネイビースーツです。対して、チェック柄のライトネイビースーツ(ブルースーツ)がもっともカジュアルなデザインといえます。

2. ビジネスシーンでネイビースーツをおしゃれに着こなすポイント

ビジネスシーンで場違いな印象を与えないためにも、ネイビースーツの着こなしのポイントを押さえておきましょう。

ここからは、ビジネスシーンでネイビースーツをおしゃれに着こなすためのポイントを4つ紹介します。

2-1. シンプルな柄・色のシャツを合わせる

ネイビースーツに限りませんが、ビジネスシーンではシンプルなシャツを合わせるのが鉄則です。

navy-suit07

派手なデザインのシャツはおしゃれですが、カジュアル感が強くなります。コーディネートも難しいので、まずは基本の白シャツを選ぶようにしましょう。その他、爽やかなサックスブルーや華やかさを添えるピンク、パープルなどもおすすめです。

navy-suit08

柄はシンプルな無地がベストですが、ストライプやチェックもおしゃれで人気です。ただし、ビジネスシーンでは遠目には柄がわからない程度の控えめなものが無難です。

2-2. ネクタイは同色系がおすすめ

ネクタイはなるべくネイビースーツと同色系、つまりブルー系のものを選びましょう。同色系であれば全体に統一感が生まれ、コーディネートがまとまりやすくなります。ネクタイの色味は、スーツよりも淡く、シャツよりは濃いものがおすすめです。

navy-suit19

ネイビースーツに合うネクタイの柄には、無地やドット柄、ストライプ柄などがあります。シンプルにまとめたいなら無地を、遊び心を加えたいならドット柄を選ぶとよいでしょう。

斜めに太い線が入った「レジメンタルタイ」も知的でおしゃれです。

navy-suit10

「レジメンタル」とは?
斜めにデザインされたストライプのことをレジメンタルといいます。詳しくは「レジメンタルタイの基本|意味や歴史をFABRIC TOKYOがやさしく解説」で紹介しています。

2-3. 靴はブラックかブラウンを選ぶ

ビジネスシーンで履く靴はブラックかブラウンを選んでください。これもネイビースーツに限った話ではありません。ブラックまたはブラウン以外の革靴はカジュアルな印象を与えるので避けましょう。

ブラックには落ち着きのある上品な印象が、ブラウンには柔和でおしゃれな印象があります。靴のデザインは、あらゆる場面で使える「プレーントゥ」または「ストレートチップ」が無難です。

【MEMO】
プレーントゥはつま先部分に装飾のないシンプルな革靴です。ストレートチップには切り替えのステッチがつま先部分にまっすぐ入っています。

2-4. ベルトの色は靴と合わせる

スーツを着るときは、ベルトの色を靴の色と合わせるようにしましょう。靴がブラックならベルトもブラックを、靴がブラウンならベルトもブラウンを選ぶということです。

ベルトと靴を同じ色でそろえれば統一感が生まれ、すっきりとした印象を与えられます。

3. ネイビースーツのおすすめコーデ

ここからは、FABRIC TOKYOが提案するネイビースーツのおすすめコーデを紹介します。

3-1. ネクタイがおしゃれな定番スタイル

navy-suit11

ダークネイビーのスーツにブルーシャツを合わせた定番スタイルに、個性的なネクタイでアクセントを加えています。スーツは光沢があり、高級な雰囲気を漂わせています。

 

首元に凛々しさを演出するホリゾンタルカラーのシャツもポイントの一つです。ネクタイのストライプ柄は、ネイビーとベージュとイエローの3色で構成されています。明るいイエローが目を引きますが、ネイビーが配置されることでスーツの色合いとうまく調和しています。

秋冬はジャケットの下にニットセーターを着用し、上品にスタイリングするのもよいでしょう。

3-2. まとまり感のある落ち着いたスタイル

navy-suit13

通気性やストレッチ性に優れた夏用スーツでシンプルにまとめたコーディネートです。

おしゃれなパープルシャンブレーのクレリックシャツを合わせ、爽やかさを演出しています。スーツと同系色の小紋柄ネイビータイを選ぶことで、統一感だけでなく色気も漂わせています。

3-3. 会議にもぴったりなスマートスタイル

navy-suit14

ダークネイビースーツにストライプシャツを合わせた知的なコーディネートです。

 

ネイビースーツは無難な印象を与えやすい一方で、「ロンドンストライプ」のブルーシャツを合わせることで、個性たっぷりなスタイルに仕上がります。

 

ブラウン無地のネクタイも、ブルーシャツと相まってVネックをおしゃれに引き立てています。
「ロンドンストライプ」とは?
ストライプが1対1の配分になっているトラディショナルなパターンです。

4. ネイビースーツはカジュアルやフォーマルシーンにもおすすめ!

ネイビースーツはビジネスシーンだけではなく、カジュアルやフォーマルシーンでも大活躍してくれます。

ここでは、カジュアルやフォーマルでネイビースーツを着るときのコツを紹介します。

4-1. 週末などカジュアルなシーンで着るときのコツ

プライベートでネイビースーツを着るときは、カジュアルなアイテムで抜け感を出すのがポイントです。派手なネクタイや白スニーカー、Tシャツなどを合わせ、休日にふさわしいリラックススタイルを作りましょう。

navy-suit16

カジュアルシーンにおすすめのコーディネートは以下のとおりです。

  • ネイビースーツ×大きめドット柄のネクタイ
  • ネイビースーツ×白スニーカー
  • ネイビースーツ×白Tシャツ

navy-suit17

4-2. 結婚式などフォーマルなシーンで着るときのコツ

navy-suit18

フォーマルなシーンでネイビースーツを着るときは、上品な着こなしを心がけましょう。

結婚式におすすめなのが、ベストを合わせてスリーピースで着飾るスタイルです。ベストを着用すれば着こなしに気品が漂い、結婚式にふさわしい華やかな装いとなります。なお、フォーマルな場ではポケットチーフを忘れずに挿してください。フォーマルシーンにおすすめのコーディネートは以下のとおりです。

  • ネイビースーツ×ベスト
  • ネイビースーツ×ペイズリー柄ネクタイ
  • ダークネイビースーツ×ポケットチーフ

 

「ペイズリー柄」とは?
柄の一種で、曲線や草花などがある一定の規則でデザインされた柄をペイズリー柄と言います。別名「勾玉(まがたま)模様」とも言われています。

5. まとめ

オーソドックスなネイビースーツはビジネスシーンに欠かせないアイテム。だからこそ、着こなしのポイントを押さえることが大切です。

また、ネイビースーツはカジュアルやフォーマルなシーンでも大活躍してくれます。1着用意しておけば、アイテムの合わせ方次第で幅広いおしゃれを楽しめるでしょう。

ネイビースーツを持っていない人は、ぜひFABRIC TOKYOをチェックしてみてください。

この記事を監修した人: 襟川 諒佑(FABRIC TOKYO秋葉原店)