CONTENTS

【 動きやすい × 洗える × 高級感 】人気のインポート生地「PAULO OLIVEIRA」の魅力を解説

「ストレッチ性が高い」「自宅で洗える」などの機能を備えたスーツは、1着あるとデイリーに、気軽に着回せる便利なアイテムですが、「見た目に高級感がない」「カジュアル感が強すぎる」といった点が少し気になるという声も。

そこで今回は、着心地やお手入れのしやすさだけでなく、見栄えの良さも兼ね備えた、バランス最強のインポート生地「PAULO OLIVEIRA」について詳しくご紹介いたします。

PAULO OLIVEIRAとは

paulo

PAULO OLIVEIRAは1936年に設立された、ポルトガルの老舗生地メーカー。
名だたる有名メゾンでも生地が使用されている、ヨーロッパで3番目に大きな生地メーカーです。糸の染色から仕上げまでを自社工場で一貫して行うことで、品質だけでなくコストパフォーマンスにも優れた生地を生み出しています。

また、ドイツを代表する高級機能素材メーカー「TREVIRA社」のポリエステル糸を使用することで、上質な柔らかさと毛玉になりにくさの両立を実現しています。


"バランス最強"の秘密

PAULO OLIVEIRAの魅力は、「着心地の良さ」「お手入れのしやすさ」「高級感」の3拍子が絶妙なバランスで揃っていること。デイリーに着られて、かつきちんとフォーマルに見えるので、外回りや出張の多い方に特に人気の生地です。

【3つの機能性】

ウールにポリエステルとポリウレタンを混合しているPAULO OLIVEIRAの生地は、ウール本来の質感を十分に残しつつ、「ストレッチ性」「防シワ性」「ウォッシャブル」という3つの機能を備えているのが特徴です。

表

1. ストレッチ性

ウール100%のスーツは特別な加工をしていない限り、そこまでストレッチ性が強くありませんが、ポリウレタンを含んだこの生地は、体の動きに合わせて生地が伸縮し窮屈さを解消してくれます。

2. ウォッシャブル

型崩れしにくい加工を施しているので、汗や汚れもご自宅でケアでき、手軽に清潔さを保てます。

3. 防シワ性

復元性の強い生地のため、着用中にできやすい肘や膝後ろのシワも軽減されるので、出張や長時間の移動が多い方はもちろん、デスクワーク中心の方にもおすすめです。

スタッフおすすめポイント

雨の日の着用がおすすめ。シワになりにくく、スラックスのセンターラインが消えにくいことから、雨でも気兼ねなく着れます。手入れが楽なのも助かっています。


【見栄えの良さ】

インポート生地ならではの高級感と色柄の豊富さも魅力。
現在生地は全部で12種類ご用意があり、カジュアルすぎない上品な質感で、多くの方から選ばれる人気アイテムとなっています。

Paulo beige

スタッフおすすめポイント

PAULO OLIVEIRAの千鳥柄は派手すぎず、さりげないおしゃれが楽しめるのでおすすめ。ジャケット、スラックスどちらも単体として組み合わせしやすく、着こなしの幅が広がりました。

【スタッフ着用アイテム:PAULO OLIVEIRA ベージュ千鳥ツーピーススーツ】


おすすめ色柄 Pick Up

ミドルネイビーツイルツーピーススーツ

middle-navy

ベーシックなネイビーは初対面でも好印象を与える1着としておすすめ。
シワのないスーツは見た目の清潔感や好感度を上げる重要なポイント。特に外回りなど移動が多い方は、防シワ性の高いスーツを着ていると自信を持って仕事相手の方に接することができますよね。

ダークグレー千鳥ツーピーススーツ

grey

千鳥柄はクラシカルで上品な印象を与える1着としておすすめ。
ストレッチ性に優れていて、自宅で洗えることを活かしたスラックス単体での着こなしもしやすく、グレーに相性の良いネイビーのジャケットを組み合わせ、ジャケパンスタイルとしても楽しめます。


いかがでしたでしょうか。
PAULO OLIVEIRAは機能性スーツとして、「ストレッチ性」、「ウォッシャブル」、「防シワ性」の3つの機能だけでなく、インポート生地ならではの発色や見栄えものよさも兼ね備えたとてもバランスの良い生地です。
機能性もおしゃれさも妥協しない1着を、ぜひお試しいただけますと幸いです。


実際に生地をご覧になりたい方へ

店舗、またオンラインにて生地のサンプルをご用意しております。
オンラインではアイテムの商品ページ下部にある「生地カードを追加する」から、生地カードのご注文が可能となっております。
ぜひ生地の質感や肌触りをお確かめください。 2021-03-12