レジメンタルタイの基本|意味や歴史をスーツのプロがやさしく解説

この記事は約8分で読めます

この記事を監修した人永見 駿介(FABRIC TOKYO秋葉原店)

こんにちは!コーディネーターの永見です!洋服はサイズ感が命。お好みやライフスタイルに合わせたサイズの提案には自信があります。ぜひ気軽に相談にいらしてみてください。また、趣味は海外旅行なので、行って良かった国などのお話ができたら嬉しいです。

目次

斜めストライプ柄が特徴のレジメンタルタイ。就職活動を経験した人や、毎日スーツを着用するビジネスパーソンなら一本は持っているのではないでしょうか。

今回は、ネクタイの王道ともいえるレジメンタルタイの歴史や由来、選び方、コーディネートなどを紹介します。ぜひスーツスタイルの参考にしてください。

1.レジメンタルタイとは?

regimental-tie01

数あるネクタイの柄のなかでも、定番の一つとして知られるレジメンタルタイ。どんなネクタイなのでしょうか。歴史や由来も含めて深堀りしていきます。

1-1.レジメンタルタイの歴史と由来

regimental-tie02

レジメンタル(regimental)は、「軍服」や「連隊の」という意味を表す英語です。

17世紀頃、イギリス陸軍では連隊ごとに異なる色の斜めストライプのネクタイを着用するようになりました。それを「レジメンタルタイ(連隊のネクタイ)」と呼ぶようになったのが始まりです。

19世紀頃になるとイギリスの名門大学でもそれにならい、大学ごとに異なるレジメンタルタイを制定するようになりました。イギリスではレジメンタルタイの色によって出身大学を示す風習は今でも続いています。レジメンタルタイをイギリスのフォーマルな場で着用するには注意が必要です。

1-2.レジメンタルタイの種類

レジメンタルタイには、大きく分けて「英国式」と「米国式」の2種類があります。

regimental-tie03

(左)英国式 (右)米国式

英国式は、ストライプの線が左から右に上がっており、正面から見てカタカナの「ノ」の字になっているのが特徴。

反対に、左から右に下がっていく柄が米国式です。米国式は「リバース」とも呼ばれています。アメリカ・ニューヨーク発祥の衣料ブランド「ブルックスブラザーズ」の社長が、独自に柄を反転させて売り出したのが最初といわれています。

1-3.「レジメンタルタイ」と「ストライプタイ」の違い

ストライプにはレジメンタルのような斜めのほか、縦や横のストライプもあります。結論としては、レジメンタルタイは「ストライプタイ」の一つで、両者に違いはありません。

しかし、縦ストライプや横ストライプのネクタイはあまり多くはなく、斜めストライプ(=レジメンタル)のものが主流です。ストライプ柄のネクタイといったら、ほとんどがレジメンタルタイのことを指します。

2.【シーン別】レジメンタルタイの選び方

ひと口にレジメンタルタイといってもストライプの幅や数はさまざま。シーンにあわせて使い分けることが大切です。どんなシーンにどんなレジメンタルタイを選べば良いのでしょうか。選び方のポイントを紹介します。

2-1.ビジネス

regimental-tie04

レジメンタルタイは、ストライプの幅の広さによって印象が変わります。ストライプの幅が広くなるほどカジュアルな印象に、狭くなるほどフォーマルな印象になります。

かしこまったビジネスシーンでレジメンタルタイを着用する場合は、ストライプの幅が狭いタイプを選ぶのがおすすめです。一方、自由度の高いカジュアルなシーンでは、ストライプ幅が広いレジメンタルタイを選んでおしゃれに着こなすのもおすすめです。

regimental-tie05

柄に使用している色の数が少ないものを選ぶと誠実な印象になります。ビジネスでネクタイを着用する際は、その場の雰囲気に合わせた色柄を選んでください。

2-2.結婚式

従来のブライダルシーンでは白無地やシルバー系のシンプルなネクタイが主流でした。会場やゲストとしての立場にもよりますが、近年では小紋柄やレジメンタルなど柄物のネクタイを選ぶのも選択肢の一つになっています。

regimental-tie06

同僚や友人として参列する場合は、ストライプ幅が狭いレジメンタルタイがおすすめです。お祝いの場にふさわしい華やかな装いになりますよ。二次会やカジュアルウェディングでは、ストライプ幅が広いイエローやピンクなどの華やかなレジメンタルタイも良いでしょう。

結婚式のネクタイ選びについて詳しくは「【結婚式のネクタイ選び】周りと差をつけられる結び方や色柄のマナーとは?」も参考にしてください。

シルクネイビー×ベージュ×イエローパネルレジメンタルタイ

1本の糸から縫製加工まで一貫して行う東京の伝統産業「八王子織物」のシルクタイです。熟練の職人と共同開発で織りあげられた独特の質感のシルクネクタイはどんなラペル幅のスーツにも合わせ易い8cm幅で作られています。

結婚式におすすめのレジメンタルタイを見てみる

2-3.リクルート

レジメンタルタイは爽やかで若々しい雰囲気を演出できるので、リクルートにもおすすめです。色によっても印象は異なり、身につけるだけで以下のような印象を演出できます。

・青系:誠実、爽やか、知性的
・赤系:やる気、情熱
・イエロー系:社交的、親しみやすさ

例えば、一次面接では誠実な印象を与える青系を選び、最終面接では赤系を選んで情熱をアピールしてみてはいかがでしょうか。

就活のネクタイ選びについて詳しくは「就活のネクタイの選び方とは?おすすめの色や柄から結び方までご紹介」も参考にしてください。

3.レジメンタルタイを使ったおすすめコーデ

FABRIC TOKYOにはバリエーション豊富なレジメンタルタイが揃っています。おすすめのレジメンタルタイコーデを紹介します。

3-1.レジメンタルタイ×グレースーツ

regimental-tie08

オレンジとサックスブルーが鮮やかなレジメンタルタイ。グレンチェックのスーツに合わせて誠実さを表現しつつ、親しみやすい雰囲気を演出しているのがポイントです。

柄物のスーツとネクタイを合わせている分、シャツはシンプルな白無地をチョイス。おしゃれでこなれた印象のコーディネートにまとまりました。

シルクオレンジ×サックスパネルレジメンタルタイ

1本の糸から縫製加工まで一貫して行う東京の伝統産業「八王子織物」のシルクタイです。熟練の職人と共同開発で織りあげられた独特の質感のシルクネクタイはどんなラペル幅のスーツにも合わせ易い8cm幅で作られています。

モデル着用のレジメンタルタイを見てみる

3-2.レジメンタルタイ×ネイビースーツ

regimental-tie10

ダークネイビースーツにブルー系のレジメンタルタイを合わせてまとまり感のあるスタイルに。

インナーにライトグレーのクレリックシャツを合わせ、個性的でこなれた印象を演出しています。

シルクブルー×ホワイト×グリーンパネルレジメンタルタイ

爽やかなイメージのレジメンタルタイです。シルク100%の厳選素材を使用しています。

モデル着用のレジメンタルタイを見てみる

3-3.レジメンタルタイ×ブラックスーツ

スタイリッシュで若々しい印象を与えられる7㎝幅のレジメンタルタイコーデ。シンプルなブラックスーツも、レッドのレジメンタルタイを合わせれば存在感のあるスタイルに早変わり。

インナーには定番の白シャツ、足元にはブラウンのシューズを合わせてまとまり感を演出しています。

シルクレッドレジメンタルネクタイB

1本の糸から縫製加工まで一貫して行う東京の伝統産業「八王子織物」のシルクタイです。7cm幅のネクタイはスタイリッシュで若々しい印象を与えてくれます。

モデル着用のレジメンタルタイを見てみる

3-4.レジメンタルタイ×スリーピーススーツ

細い線のストライプが印象的なパープルレジメンタルタイ。グレー系のスリーピーススーツを合わせて落ち着いた大人の印象を演出しています。

インナーにはホワイトダイヤチェック柄のシャツをチョイス。パープルレジメンタルタイの大きめの結び目が存在感を演出します。

シルクパープルレジメンタルネクタイ

1本の糸から縫製加工まで一貫して行う東京の伝統産業「八王子織物」のシルクタイです。熟練の職人と共同開発で織りあげられた独特の質感のシルクネクタイはどんなラペル幅のスーツにも合わせ易い8cm幅で作られています。

モデル着用のレジメンタルタイを見てみる

3-5.レジメンタルタイ×ネイビージャケット

regimental-tie14

ネイビーのジャケットとブラウンのパンツを合わせた大人のビジカジスタイルです。

定番の組み合わせながら、ネイビーにグリーンとブラウンをミックスしたレジメンタルタイをあわせてこなれた印象をプラス。インナーにサックスブルーのシャツを選べば、爽やかな雰囲気も演出できますよ。

シルクネイビー×ブルーパネルレジメンタルタイ

1本の糸から縫製加工まで一貫して行う東京の伝統産業「八王子織物」のシルクタイです。熟練の職人と共同開発で織りあげられた独特の質感のシルクネクタイはどんなラペル幅のスーツにも合わせ易い8cm幅で作られています。

モデル着用のレジメンタルタイを見てみる

3-6.レジメンタルタイ×ホワイトチノ

ダークネイビージャケットを使ったコーディネート。定番のアイテムながら、誠実な印象のレジメンタルタイにカジュアルなホワイトチノをあわせれば、洗練された大人スタイルの完成です。

インナーに淡いブルーのワイドカラーシャツを選んで、爽やかな印象をプラスしているのもポイント。カジュアルな雰囲気のなかにも、きちんと感を取り入れたいときにおすすめのコーディネートです。

シルクネイビーレジメンタルネクタイC

1本の糸から縫製加工まで一貫して行う東京の伝統産業「八王子織物」のシルクタイです。熟練の職人と共同開発で織りあげられた独特の質感のシルクネクタイはどんなラペル幅のスーツにも合わせ易い8cm幅で作られています。

モデル着用のレジメンタルタイを見てみる

4.まとめ

レジメンタルタイは、ビジネスシーンで定番のネクタイの一つ。線の太さや色の組合せなどによって雰囲気が変わるので、カジュアルからフォーマルまで幅広いシーンで活用できるのもレジメンタルタイの魅力です。

FABRIC TOKYOでは、さまざまなデザインのレジメンタルタイを取り揃えています。スーツスタイルに迷ったらぜひ一度ご来店ください。
ネクタイラインナップ

ネクタイのラインアップを見てみる

お近くの店舗を見てみる

KEYWORDS

インナーストライプネクタイ東京
シェア ツイート LINEで送る