ジャケットのインナーはこの4種類!すぐにマネできるおしゃれコーデ10選も紹介

この記事は約8分で読めます
目次

ジャケットといえば、今やビジネスやカジュアルなどオンオフ問わず活躍するアイテムです。ジャケットのインナーに何を選び、どう着るのかは、ジャケットスタイルをカッコよく着こなす重要なポイント。

今回は、ジャケットのインナーの種類や着こなしのポイント、おすすめコーディネートについて詳しく紹介します。ジャケットスタイルをおしゃれに着こなすための参考にしてください。

1. ジャケットにおすすめのインナー

ジャケットに合わせるおすすめのインナーは、「シャツ」「Tシャツ」「ポロシャツ」「ニット」の4種類です。

それぞれアイテムごとの特徴や選び方のポイント、おすすめコーディネートを紹介していきます。

1-1. シャツ

まず、ジャケットのインナーとして活躍するのはシャツです。

jacket-inner01

シャツといえば、スーツに合わせることが多い印象ですが、人気のテーラードジャケットのインナーとしてもおすすめ。

「テーラードジャケット」とは?
テーラードは「仕立ての」という意味で、スーツのジャケットと同様、しっかりと仕立てられたジャケットのこと。日本では「ジャケパンスタイル」によく活用されています。

たくさんの種類があるシャツは、生地感や襟の形によってノーネクタイでも自然なおしゃれが楽しめます。

それでは、ジャケットのインナーとしてぴったりなシャツの生地や襟の形について詳しく見ていきましょう。

選び方のポイント

全体的に洗練されたキレイめスタイルに仕上げるなら、ブロード生地のシャツがおすすめ。ブロードは、柔らかな肌心地(肌触り+着心地)で、上品な光沢感が特徴です。

もともとは羊毛を使用していましたが、現在はコットンを使用した綿ブロードが主流です。ブロードシャツを選べば、ワンランク上のおしゃれな雰囲気になります。

jacket-inner03

関連記事
「これを選べば間違いない。メンズブロードシャツ解説」

もう少しカジュアル感を出したい場合は、オックスフォード生地を選ぶといいでしょう。オックスフォードは目が少し粗い厚手の生地で、生地の目の粗さがカジュアルさを演出します。通気性が高く肌触りがいい点もポイントです。

jacket-inner04

ノーネクタイでジャケットスタイルを着こなすなら、シャツの襟型がポイント。ジャケットスタイルには「ボタンダウン」や「ホリゾンタル」がおすすめです。

ボタンダウンはボタンで襟足を固定するタイプ、ホリゾンタルは襟足の開きが大きく180度に近いタイプ。

迷ったときは、このどちらかをチョイスすればノーネクタイ×ジャケットスタイルもおしゃれに着こなせます。

jacket-inner06

jacket-inner07

ジャケット×シャツおすすめコーデ

jacket-inner08

全体的にダークトーンに仕上げた大人のビジネスカジュアルスタイルです。

ジャケットの定番カラーであるチャコールグレーにインディゴカラーのボタンダウンシャツ、カーキチノを合わせて落ち着いた雰囲気に。ジャージー素材のシャツは、ストレッチ性に優れているため長時間着用してもストレスフリーで、オンでもオフでも大活躍間違いなしです。

1-2. Tシャツ

jacket-inner09

Tシャツは、カジュアルスタイルに欠かせないアイテムですが、ジャケットのインナーとしてもおすすめ。Tシャツのラフさとジャケットのカッチリとした雰囲気が合わさって、こなれたおしゃれを楽しめます。

ただし、Tシャツをジャケットのインナーにする場合は、ジャストサイズを選んでスッキリと着こなしましょう。また、カジュアルになりすぎないように、靴やパンツでも「きちんと感」を出すこともポイントです。

選び方のポイント

Tシャツ選びのポイントは、ジャケットの襟にフィットする美しい形の襟元を選ぶこと。

jacket-inner10

透けない素材で光沢感があるものがベストです。ただし、ジャケットの中でもたつかないシルエットのモノを選びましょう。

ホワイトとブラックのシンプルなTシャツはジャケットスタイルにぴったりなので、持っておきたいアイテムです。

jacket-inner15

ジャケット×Tシャツおすすめコーデ

爽やかなネイビージャケットにクルーネックの白いTシャツを合わせたシンプルなコーデ。じめじめとした季節にもおすすめのスタイルで、休日のお出かけや通勤時などにもピッタリです。

Tシャツはデニムジャケットにもよく似合います。シンプルな白Tシャツと合わせることで、清涼感と機能性の両方を兼ね備えたコーディネートとなります。真夏の暑さに負けない爽やかなスタイルです。

1-3. ポロシャツ

jacket-inner17

ポロシャツはクールビズ定番のアイテムとなりましたね。

シャツに比べてお手入れが簡単なうえに機能性が抜群なところがポロシャツの強み。なおかつ、襟があることで「きちんと感」も演出できるので、ジャケットスタイルとの相性も抜群です。

ただ、おしゃれ感を出すにはいくつか押さえておきたいポイントがあります。

選び方のポイント

ポロシャツはシンプルなアイテムだからこそ、ディテールにこだわる必要があります。たとえば、ジャケットに合わせてシャープな印象にしたいなら、コンパクトな襟を選ぶといいでしょう。

jacket-inner18

機能性という点では、生地にこだわったものを一つ選んでおくと、長く活躍してくれます。おすすめの生地は、速乾性や吸湿性が高く暑い夏でも快適に過ごせるコットン素材です。

jacket-inner19

カラーバリエーションはシーンレスに使える「ベージュ」「黒」「グレー」「ネイビー」などを持っておくと便利です。

jacket-inner20

ジャケット×ポロシャツおすすめコーデ

jacket-inner21

ネイビージャケットとグレーチノのスタイルに、ダークトーンのポロシャツをセレクトしました。モダンな印象ながらもアクティブで爽やかなスタイルです。

この組み合わせが1着あれば、どんなシーンにも着回せますよ。

jacket-inner16

ネイビーのジャケットにブラックのポロシャツを合わせたコーディネート。

ポロシャツのカラー次第でガラリと印象が変わります。ネイビーやブラックをインナーにするとシャープで引きしまった印象に。一方、グレーを合わせれば柔らかく落ち着いた印象になります。

シーンに合わせてカラーを選びましょう。

関連記事
「ビジネス用のポロシャツは着こなし方でこんなに変わる!ビズポロを徹底分析」

1-4. ニット

jacket-inner23

秋冬に活躍するのがニットです。ジャケットのインナーとして、クルーネックセーターやVネックカーディガンを合わせると、寒い季節もおしゃれに過ごせます。気軽に着脱できるニットカーディガンなら、オフィスでの体温調節もしやすいでしょう。

ジャケットのインナーにするならシンプルな無地がおすすめです。ただし、ボリュームがありすぎるニットは、ジャケットのシルエットが崩れやすいので注意しましょう。

選び方のポイント

ニットはジャケットとの摩擦に強い物を選ぶことが大切です。

ウール100%でも毛羽立ちや毛玉がつきにくいものを選びましょう。できれば自宅で洗えるウォッシャブル仕様がおすすめです。

自分のサイズに合ったニットを選ぶことも、おしゃれに着こなすうえで重要なポイントです。

カラーは「グレー」「ネイビー」「チャコール」などを定番として持っていると便利。加えて、明るめの「ブルー」があると完璧です。

jacket-inner26

ジャケット×ニットおすすめコーデ

jacket-inner27

ネイビージャケットにアイボリーチノの組み合わせで全体的に洗練されたスタイルに。ホワイトチノに抵抗がある人でも、アイボリーチノなら取り入れやすいでしょう。

グレーニットは、明るい色のパンツと暗めのジャケットカラーの架け橋になるアイテム。ニットのごわごわ感を感じさせないフィット感もオシャレに着こなすポイントです。

2. ジャケットのインナーの注意点をチェック!

ジャケパンスタイルは組み合わせ方次第で雰囲気を変えられる便利なコーデです。ただし、フォーマルなシーンでは、インナーにシャツを選ぶようにしましょう。TPOに合わせてインナーを使い分けることが大切です。

また、襟周りの汗や汚れに気を付けましょう。たとえばグレー系のインナーは、汗ジミが目立ちやすいので注意が必要です。インナーだけでなくジャケットの汚れにも気を配って清潔感のある着こなしをしましょう。自分にあったサイズを選ぶことも大切なポイントです。

jacket-inner28

3. ジャケットのインナーを使い分けてオンもオフもおしゃれに!

ジャケットスタイルはインナーを替えるだけでも新鮮なコーディネートができます。季節やシーンに合わせたインナーを選んで、おしゃれなジャケットコーディネートを楽しみましょう。

FABRIC TOKYOでは、ジャケットやインナーのオーダーもあります。自分のイメージやスタイルにピッタリのアイテムが必ずみつかります。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

この記事を監修した人: 佐野 緑(FABRIC TOKYO吉祥寺店)

KEYWORDS

ボタンコーディネート生地インナージャケットニットポロシャツTシャツ
シェア ツイート LINEで送る