男性のスマートカジュアルってどんな服装?シーン別おすすめコーデ7選も紹介

この記事は約10分で読めます

男性のドレスコードの一つに「スマートカジュアル」があります。結婚式の二次会や同窓会、会社のイベントなど、幅広いシーンで求められるスマートカジュアルですが、一歩間違えると場違いな印象を与えてしまうことも……。

着こなしのポイントを押さえ、おしゃれなスマートカジュアルコーデを目指しましょう。この記事では、男性のスマートカジュアルの基本的な着こなし方やおすすめのコーデ7選などを紹介します。


この記事を監修した人永見 駿介(FABRIC TOKYO 秋葉原)

こんにちは!コーディネーターの永見です!洋服はサイズ感が命。お好みやライフスタイルに合わせたサイズの提案には自信があります。ぜひ気軽に相談にいらしてみてください。また、趣味は海外旅行なので、行って良かった国などのお話ができたら嬉しいです。

1. 男性のドレスコードは基本的に4段階

分け方にもよりますが、男性のドレスコードは大きく4段階に分類できます。フォーマル度の高い順に、「フォーマル」「セミフォーマル」「インフォーマル」「スマートカジュアル」の4つです。

ドレスコードによっては、普段着ているビジネススーツがマナー違反にあたる場合もあるので、注意が必要です。ドレスコードごとのマナーを押さえ、TPOにふさわしい装いを心がけましょう。ここからは、男性の4段階のドレスコードについて解説します。

1-1. フォーマル

smart-casual900

もっとも格式の高いドレスコードがフォーマルです。「正礼装(せいれいそう)」とも呼ばれ、時間帯によってふさわしい服装が異なります。

フォーマルが指定されている場合、昼はモーニングコート、夜は燕尾服(えんびふく)を着るのが基本です。公的行事の参加者や、結婚式の新郎とその父親などがフォーマルの衣服を着用します。

「燕尾服」とは?

燕尾服はテールコートとも呼ばれ、ジャケットの後ろの裾がツバメの尾のようにカットされているのが特徴です。

1-2. セミフォーマル

「セミフォーマル」はフォーマルに続いて格式の高いドレスコードで、準礼装(じゅんれいそう)とも呼ばれます。

結婚式の場合、新郎新婦の親族や上司などの服装がセミフォーマルに該当します。時間帯によって適した服が異なり、昼はディレクターズスーツ、夜はタキシードが正式な装いです。

セミフォーマルについては「男性必見!セミフォーマルな装いとは?基本スタイルやコーデを解説!」で詳しく紹介しています。あわせてご確認ください。

【MEMO】

ドレスコードの「ホワイトタイ」は燕尾服を、「ブラックタイ」はタキシードを意味しています。

1-3. インフォーマル(平服)

略礼装(りゃくれいそう)にあたる「インフォーマル」は、フォーマルやセミフォーマルよりもリラックスしたスタイルです。インフォーマルではブラックやチャコールグレーなど暗いトーンのダークスーツを着用します。

招待状に「平服」と記載されている場合、ダークスーツを選べば間違いないでしょう。結婚式の一般ゲストもインフォーマルで装います。

1-4. スマートカジュアル

「スマートカジュアル」はインフォーマルよりもさらにカジュアルな服装です。厳密な定義はありませんが、スーツではなく「ジャケパンスタイル」が主流となっています。

高級レストランや結婚式の二次会、カジュアルな職場などでスマートカジュアルの服装が求められます。

2. 男性のスマートカジュアルについて徹底解説

スマートカジュアルは幅広いシーンで使えるスタイルなので、着こなしの基本を押さえておくと便利です。

ここからは、スマートカジュアルの着こなし方やスタイルについて詳しく解説します。

2-1. ジャケット

男性のスマートカジュアルでは、ジャケットスタイルが基本です。まず、ウールやコットン、リネンなどのテーラードジャケットを用意しましょう。ジャケットの色は、ダークネイビーやチャコールグレーなどのダークカラーがおすすめです。

柄については無地が無難ですが、シャドウストライプなどそこまで目立たない柄物ならOK。もちろん、シーンによってはチェックのジャケットを着用しても失礼にはあたりません。たとえば、華やかな結婚式の二次会などではガンクラブチェックなどのジャケットで華を添えてみてはいかがでしょうか。

2-2. シャツ

シャツはブルーやピンク、チェックやストライプなど、ビジネス用より華やかなものを選んでも構いません。ジャケットを羽織るのであれば、シーンによってはインナーをTシャツなどのカジュアルなアイテムにしても問題ありません。

2-3. パンツ

パンツはスラックスからチノパン、ジーンズまで幅広い選択肢があります。きちんと感が求められる場合はウールのスラックスやチノパン、カジュアルでも許容されるならジーンズなどでもOK。ただ、ダメージデニムやオーバーサイズのパンツは避けるようにしましょう。

2-4. 靴

smart-casual017-2

スマートカジュアルでは、場にふさわしい品格を求められることがあります。上品さをキープしたいときは、スニーカーではなく革靴を選ぶのが賢明です。ローファーやダブルモンクなど、ややカジュアルな革靴を履いても問題ありません。

「ダブルモンク」とは?

甲にレイアウトされたベルトで留めるタイプの靴を「モンクストラップシューズ」といいます。ベルトが2本あるのが「ダブルモンク」です。ドレッシーにもカジュアルにも使える、汎用性の高い靴として人気を集めています。

3. スマートカジュアルに関するよくある質問

これまでスマートカジュアルについていろいろ解説してきましたが、聴き慣れない言葉だけにまだまだわからないことがありますよね。ここではスマートカジュアルに関するよくある質問を紹介します。

3-1. 「ノーネクタイでもOK?」

スマートカジュアルではネクタイを締める必要はありません。もし締める必要があっても、ビジネスシーンで着用するよりも少し華やかな色柄を選ぶのがおすすめ。もしくは、ニットタイをつけるのもあり。カジュアルでありながら、こなれ感を演出できますよ。

パンツはスラックスからジーンズまで幅広い選択肢があります。足元は革靴が無難ですが、スニーカーなどでカジュアルダウンするのもおしゃれです。シャツはノーネクタイでも違和感のない、ホリゾンタルカラーなどを選ぶといいでしょう。ポロシャツやカットソーを合わせるスタイルもおすすめです。

3-2. 「スマートカジュアルとカジュアルエレガンスの違いは?」

ホテルに併設する高級レストランなどでは、ドレスコードに「カジュアルエレガンス」を指定している場合もあります。スマートカジュアルとカジュアルエレガンスはほぼ同意ですが、厳密にはカジュアルエレガンスのほうがスマートカジュアルよりもすっきりとした装いのことを指します。

もし、カジュアルエレガンスを指定されたら、ジャケットにシャツ、ネクタイ、スラックス(チノパン)、革靴できれいめにまとめたコーデがおすすめです。カラーもダークカラーを選んでおけば間違いないでしょう。

4. シーン別おすすめのスマートカジュアルコーデ7選

ここからは、スマートカジュアルのおすすめコーディネートを7例紹介します。

4-1. ネイビーとブラウンで大人っぽく演出

smart-casual018

ネイビーのジャケットにブラウンのチノパンを合わせた王道のコーディネートです。インナーにはサックスブルーのシャツを選び、爽やかさを演出しています。誰でも簡単にスマートカジュアルを実現できる、初心者にもおすすめの着こなしです。

【おすすめシーン】
  • ホテルディナー、高級レストラン、会社の祭典・パーティ、同窓会

4-2. ダークトーンで落ち着いた雰囲気に

smart-casual06

全体をダークトーンでまとめた、色気を感じさせるスマートカジュアルスタイルです。チャコールグレーのジャケットにカーキのチノパンを合わせ、結婚式の二次会や会社のイベントなど、さまざまなシーンで着用できます。

【おすすめシーン】
  • ホテルディナー、会社の祭典・パーティ、同窓会、結婚式の二次会

4-3. 遊びゴコロのあるカラーでおしゃれ感をプラス

smart-casual07

ベージュのジャケットに明るいブラウンのチノパンを合わせた大胆なコーディネートです。インナーにホワイトを取り入れて清潔感を演出しつつ、ギャップのある配色で遊び心を感じさせるスマートカジュアルコーデです。

【おすすめシーン】
  • 会社の祭典・パーティ、同窓会、結婚式の二次会

4-4. 黒コーデで引き締まった印象に

smart-casual08

デニム風のパンツに黒のジャケットとインナーを合わせて雰囲気を引き締めています。スニーカーではなく黒のタッセルローファーを取り入れ、カジュアル度を抑えているのもポイントです。

【おすすめシーン】
  • 会社の祭典・パーティ、同窓会、結婚式の二次会

4-5. ブルーとブラウンで春らしさアップ

smart-casual09

ブルーのニットにブラウンのチノパンを合わせた、春らしい軽やかな着こなしです。ブルーとブラウンの組み合わせは、イタリアで「アズーロ・エ・マローネ」と呼ばれています。相性がいい色を大胆に取り入れ、洗練されたおしゃれを楽しみましょう。

【おすすめシーン】
  • 会社の祭典・パーティ

4-6. 起毛素材で作る秋冬スマートカジュアルスタイル

チャコールグレーのジャケットにオフホワイトのチノパンを合わせたスマートカジュアルコーデ。起毛感のあるジャケットにコーディロイのチノパンなので、季節感を取り入れたスタイルをしたい人におすすめ。

もし、ホテルディナーなどを想定している場合は、足元をスニーカーから革靴に変えればOK。シーンによってアレンジしてみてくださいね。

【おすすめシーン】
  • ホテルディナー、高級レストラン、会社の祭典・パーティ、同窓会、結婚式の二次会

4-7. ノーカラージャケットで抜け感をプラス

シーンによってはジャケットスタイルだと堅苦しくなることも……。そんなときは、襟のないノーカラージャケットでカーディガンっぽく着飾ってみてはいかがでしょうか。ブラックとグレーのモノトーンコーディネートでシックな雰囲気もプラスできますよ。

【おすすめシーン】
  • ホテルディナー、高級レストラン、会社の祭典・パーティ、同窓会、結婚式の二次会

5. まとめ

スマートカジュアルはプライベートからビジネスまで、幅広い場面で活躍してくれるのが魅力です。高級レストランなどに行くときにも求められるスタイルとして知られています。まずはふさわしいアイテムを揃え、正しい着こなし方を覚えておきましょう。

今回紹介したコーディネートを参考に、自分だけのスマートカジュアルを探してみてください。

「FABRIC TOKYO」でスマートカジュアルをオーダーしませんか?

FABRIC TOKYOはビジネスウェアのオーダー専門ブランドです。スマートカジュアルはもちろん、スーツやシャツ、チノパン、セットアップなどもオーダー可能です。20代〜40代のオーダー初心者の方にも多くご利用いただいています。

◎「FABRIC TOKYO」が選ばれている理由

1.スマホでオーダー
店舗で採寸したサイズデータはオンライン上に保管されます。その後はPCやスマホからいつでもオーダーできます。「採寸したら買わないといけない」という心配も必要ありません。

2.オーダージャケットが1着19,800円〜
「FABRIC TOKYO」では中間業者を介すことなく最短ルートで工場とお客さまをつなぐことで、品質にも妥協することなく、オーダージャケットが1着19,800円から体験できるオーダーメイドを実現しています。

3.お届けから50日間は無料でお直し
着心地やサイズ感に違和感がある場合は、お届けから50日間は無料で1回までサイズのお直しをさせていただきます。オーダー初心者でも安心してオーダーできます。

◎購入の流れ

「FABRIC TOKYO」のカスタムオーダー商品をご購入いただくには、採寸とサイズ登録が必要です。採寸にかかる時間は約30分。「まずはサイズ登録だけして、家でじっくり商品を検討したい」というご要望も承っております。

首都圏や関西エリア、名古屋、福岡にも店舗がございますので、お気軽にお近くの店舗までお越しください。

来店予約はこちら

KEYWORDS

二次会カジュアルチノパンコーディネートドレスコード革靴インナージャケットスマートカジュアルネクタイTシャツ
シェア ツイート LINEで送る