スーツの襟(ラペル)で印象がこんなに違う!知っておきたい種類や選び方を詳しく解説

この記事は約9分で読めます

スーツをスマートに着こなすうえで「襟(ラペル)」はとても重要なポイントです。スーツの襟(ラペル)にはさまざまな種類があり、全体の印象を大きく左右する部分でもあります。

襟(ラペル)の種類や違いを知ることは、イメージにぴったりなデザインのスーツを選ぶことにも関係します。

この記事では襟(ラペル)の種類からそれぞれが与える印象、選び方などについて詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。


この記事を監修した人瀧田 真弓(FABRIC TOKYO 池袋)

趣味は映画鑑賞やファッションに関すること、美味しいお酒とおつまみを食すことです。最近は外食がなかなか難しい世の中になってしまいましたが、お取り寄せやネットスーパーを利用して新鮮な海鮮を取り寄せ、最高の晩酌を楽しんでいます。直近では生牡蠣をお取り寄せし、お家でオイスターバー気分を味わいました。ぜひ食に関心ある方はグルメな話で盛り上がりましょ〜!

1. スーツの襟(ラペル)で重要な「ゴージライン」と「ノッチ」とは?

スーツの襟の種類を知る前に、「ゴージライン」と「ノッチ」について把握する必要があります。まずは、ゴージラインとノッチについて詳しく説明していきます。

1-1. ゴージライン

collar01

ゴージラインとは、上襟と下襟をつなぐ縫い目のことです。ゴージラインの位置や角度によって、ジャケットの印象が大きく変わります。

例えばゴージラインが高い位置にあるジャケットは、スマートな印象になります。一般的にスタイリッシュな細身のスーツは、ゴージラインが高く襟幅も細めの「ナローラペル」が採用されています。

反対にゴージラインが低い場所にあるジャケットは、落ち着いた印象になります。スタンダードでゆったりしたスーツは、ゴージラインが低く襟幅は太めの「ワイドラペル」が多く用いられます。

ナローラペル
  • 最大幅が8㎝未満の襟幅です。細身のスーツにみられ、一般的にスタイリッシュな印象になります。
ワイドラペル
  • 最大幅が9㎝以上あるような太めの襟幅です。クラッシックな印象になります。
    ※ナローラペルとワイドラペルの中間の襟幅もあり、レギュラーラペルと呼ばれています。

1-2. ノッチ

collar02

ノッチは「切り込み」や「刻み目」という意味で、ゴージラインの先端にある「く」の字になっている部分のことです。襟型によってさまざまな形状のノッチがあるので、襟(ラペル)を理解するためにも知っておきましょう。

2. スーツの襟の種類

スーツの襟(ラペル)には、さまざまな種類があります。イメージにぴったりなデザインのスーツを選ぶために、それぞれの特徴とおすすめのシーンを解説します。

2-1. ノッチドラペル

collar03

広く一般的に知られている定番の襟型が「ノッチドラペル」です。ノッチドラペルは、シャープでスッキリした印象の襟型です。

ビジネスシーンから冠婚葬祭まで幅広く活用できます。ノッチドラペルは流行に左右されることがなく、どのようなシーンでも活躍するため、迷った時は定番スタイルとしてノッチドラペルがおすすめです。

「ノッチドスリム」という、ノッチドラペルより1cm細いタイプの襟型もあります。スリムな襟(ラペル)に合わせて、細いネクタイ(ナロータイ)との相性が良い襟型です。ノッチドラペルに比べてノッチドスリムはモード感や若々しい印象が特徴。定番を避け、少し印象を変えたい場合におすすめです。

collar04

ノッチドスリム

2-2. ピークドラペル

collar05

ピークドは「先の尖った」という意味で、「ピークドラペル」は下襟の先が鋭角で上に向かって尖った襟型です。

フォーマルスーツやダブルブレストのジャケットに多く採用される襟型で、「華やかさ」や「力強さ」といった印象があります。個性を出したい場合におすすめの襟型です。

ピークドラペルよりも幅を1㎝細くした「ピークドスリム」という襟型もあります。ノッチドスリムよりモードな印象にしたい場合におすすめの襟型です。

collar06

ピークドスリム

2-3. セミピークドラペル

「セミピークドラペル」は、ピークドラペルより下襟の角度を若干水平にカットした襟型で、剣先部分も少し丸みを帯びています。

ピークドラペルに比べて柔らかい印象で、フォーマルな印象とスタイリッシュな雰囲気を兼ねそろえています。ビジネスシーンはもちろん、結婚式などのフォーマルシーンでも活用しやすいデザインです。

ピークドラペルでは少し派手すぎると感じる人は、セミピークドラペルのスーツを選んでみてくださいね。

2-4. フィッシュマウスラペル

襟先の形状が魚の口に似ていることから名づけられた襟型が「フィッシュマウスラペル」です。一見するとノッチドラペルと似ている襟型ですが、ノッチドラペルは下襟の先が下に向いているのに対して、フィッシュマウスラペルは下襟の先が横になっていて切れ込みも浅くなっています。

優雅で優しい印象のフィッシュマウスラペルは3つボタンスーツとの相性がよく、ビジネスシーンにおすすめの襟型です。

2-5. クローバーリーフラペル

ノッチドラペルの上襟と下襟の角がとれた襟型の「クローバーリーフラペル」は、クローバーの葉っぱのように「丸くカットしたもの」というのが名前の由来です。

角がとれたデザインは柔らかくやさしい印象があり、レディーススーツにもよく用いられます。カジュアルシーンはもちろんビジネスシーンにもおすすめで、コンテンポラリースーツに用いられることもあります。

「コンテンポラリースーツ」とは?

1960年代にアメリカの西海岸で流行ったスーツで、肩パッドがなく着丈は短め、襟(ラペル)が細めのデザインです。

2-6. ローリングダウンラペル

「ローリングダウンラペル」は、段返りボタンとも言われている襟型です。第1ボタン部分が反りかえった状態で、ジャケットのボタンの数は通常3つあります。

ローリングラペルのスーツは、基本的に第1ボタンは閉めずに着用します。かしこまりすぎず上品な印象で、ビジネスシーンだけでなくカジュアルシーンにもおすすめの襟型です。

トラッドスーツのなかでは主流の襟型で、スーツの他にもステンカラーコートやチェスターコートなどに用いられていることでも知られています。

「トラッドスーツ」とは?

トラッドはトラディッショナルの略で「伝統的な」という意味があります。ウエストラインが絞られ、肩は丸みを帯びているシルエットが印象的なスーツです。

2-7. ショールカラー

上襟と下襟がつながっていて、ゴージラインがないことが最大の特徴です。曲線的なデザインが印象的で、首にショール(肩掛け)をかけたような「へちま状」の襟であることから、「ショールカラー」と呼ばれています。

ショールカラーは上品で格式が高い印象があり、フォーマルシーンにおすすめです。主にタキシードなどにも用いられています。

2-8. ノーカラー

collar07

ラペルがなく、カーディガンのようにも着用できる襟型が「ノーカラー」です。カジュアルな印象でありながらモード感のあるシャープな印象がおしゃれで、最近ではノーカラージャケットの人気が高まっています。

ノーカラーはTシャツなどカジュアルなインナーとも相性が良く、セットアップやカジュアルジャケットにおすすめのデザインです。

3. スーツのデザインに合わせた襟型おすすめコーデ

スーツの襟について理解が深まったところで、実際のコーディネートを見ながらどんなスーツにどんな襟がマッチするか確認していきましょう。おしゃれなスーツの着こなしの参考にしてください。

3-1. ノッチドラペル×チェックスーツ【HARD TWIST WOOL】

collar09

さりげないグレンチェックがおしゃれさを演出してくれる1着です。襟(ラペル)は、定番の「ノッチトラペル」で仕立てています。シャープでスッキリとした印象なので、ビジネスシーンはもちろんカジュアルシーンにも活躍すること間違いありません。

このコーデのように、襟(ラペル)とネクタイの幅を合わせれば全体のバランスも整いますよ。

HARD TWIST WOOL

HARD TWIST WOOLのスーツは強撚糸(強い撚りを施すことで復元性が高いもの)のウールを100%を使用しているため、シワになりにくいことが特徴。

¥ 59,800
商品をみる

3-2. ピークドラペル×スリーピーススーツ【KUZURI PREMIUM SILK WOOL】

collar11

光沢感のある素材が印象的なパーティースタイル。華やかでドレッシーな印象の「ピークドラペル」は、パーティースタイルにマッチします。

結婚式やパーティーなどのシーンにおいて、周りと差を付けたい方におすすめのコーディネートです。

KUZURI PREMIUM SILK WOOL

シルクウールの他にはない光沢感と、パープルグリーンの独特な色使いが印象的なスーツです。

¥ 135,000
商品をみる

3-3. ノッチドラペル×チャコールグレースーツ

collar13

初めてオーダースーツを購入する人におすすめの、スタンダードなチャコールグレースーツです。定番の「ノッチドラペル」で仕立てれば、ビジネスシーンにも安心して着用できます。

落ち着いた印象のチャコールグレーは、どんなシャツやネクタイにも合わせられるなど着回し力の高さも人気の理由です。

4. オーダーならスーツのデザインに合わせて襟型も選べる!

スーツをスマートに着こなすうえでとても重要な「襟(ラペル)」の種類やそれぞれの特徴、与える印象などを詳しく解説しました。

既製品のスーツだとスーツによって襟型が決まっていますが、ビジネスウェアのオーダー専門店「FABRIC TOKYO」のオーダースーツなら、お好みに合わせて襟のデザインを選べます。

スーツのデザインによって「ノッチドラペル」「ノッチドスリム」「ピークドラペル」「ピークドスリム」の4種類からカスタマイズが可能です。

FABRIC TOKYOのオーダースーツで、お好みに合わせた自由な着こなしを楽しんでくださいね。

「FABRIC TOKYO」でスーツをオーダーしませんか?

FABRIC TOKYOはビジネスウェアのオーダー専門ブランドです。スーツはもちろん、シャツやカジュアルジャケット、カジュアルパンツ、チノパン、セットアップなどもオーダー可能です。20代〜40代のオーダー初心者の方にも多くご利用いただいています。

◎「FABRIC TOKYO」が選ばれている理由

1.スマホでオーダー
店舗で採寸したサイズデータはオンライン上に保管されます。その後はPCやスマホからいつでもオーダーできます。「採寸したら買わないといけない」という心配も必要ありません。

2.スーツが1着38,000円〜
「FABRIC TOKYO」では中間業者を介すことなく最短ルートで工場とお客さまをつなぐことで、品質にも妥協することなく、スーツ1着38,000円から体験できるオーダーメイドを実現しています。

3.お届けから50日間は無料でお直し
着心地やサイズ感に違和感がある場合は、お届けから50日間は無料で1回までサイズのお直しをさせていただきます。オーダー初心者でも安心してオーダーできます。

◎購入の流れ

「FABRIC TOKYO」のカスタムオーダー商品をご購入いただくには、採寸とサイズ登録が必要です。採寸にかかる時間は約30分。「まずはサイズ登録だけして、家でじっくり商品を検討したい」というご要望も承っております。

首都圏や関西エリア、名古屋、福岡にも店舗がございますので、お気軽にお近くの店舗までお越しください。

来店予約はこちら

KEYWORDS

ボタンカジュアルジャケット
シェア ツイート LINEで送る