結婚式二次会の服装の正解は?会場別マナーとおすすめコーデ9選【男性編】

この記事は約8分で読めます
目次

main3

「どんな服装で結婚式の二次会に行けばいいのかわからない」

「せっかくだからおしゃれをして二次会に参加したい」

結婚式の二次会にお呼ばれして、服装に悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

挙式や披露宴と違い、二次会の服装には決まったルールがありません。とはいえ、お祝いの場なので新郎新婦に失礼がなく、会場で浮かない装いが求められます。

この記事では、結婚式の二次会における服装のマナーやおしゃれをするときのポイント、会場別のおすすめコーディネートを紹介します。


1.結婚式二次会で押さえるべき服装マナー

wedding-nijikai-fukusou01

結婚式二次会の服装はスーツが基本ですが、「スーツを着ていれば何でもOK」なわけではありません。

「かっちりキメすぎて悪目立ちしてしまった……」

「カジュアルに着崩しすぎて注目を浴びてしまった……」

このように、服装によって苦い経験をしたことのある人も少なくないはずです。

ここからは、結婚式の二次会で押さえておきたい服装のマナーをポイントごとに解説します。

定番はダークカラー&無地のスーツ

結婚式の二次会では、黒やネイビー、グレーなどダークカラーのスーツが基本です。

とくに黒いスーツは定番で、深みのある黒を使用した「ブラックスーツ」は、結婚式の二次会でも多くの参加者が着用しています。礼服用として1着は持っておきたいスーツのひとつです。

wedding-nijikai-fukusou02

「__ブラックスーツ__」とは?

ビジネスシーンだけでなく、結婚式などのフォーマルなシーンでも活躍するのがブラックスーツです。ビジネスとフォーマル、それぞれのシーンにおける使い分けなど、詳しくは「ブラックスーツの超基本|シーン別に正しい着こなしをスタッフが解説」を参考にしてくださいね。

ホテルや高級レストランなどの華やかな会場なら、少し光沢のある素材のスーツでエレガントさを強調してもOK。柄はベーシックな無地がおすすめです。

wedding-nijikai-fukusou03

サイズ感にも注意が必要

スーツはややゆったり目のシルエットだとエレガントな印象を与えられます。

ジャケットの長さはお尻が隠れるくらい。スラックスの股下は定番の「ハーフクッション」がよりスタイリッシュでおすすめです。

「__ハーフクッション__」とは?

ズボンの裾部分が靴の甲に少しだけ乗るくらいの長さを「ハーフクッション」といいます。一方、裾部分が靴の甲に乗り、シワができるくらいの長さを「ワンクッション」。靴の甲に当たらないくらいの長さを「ノークッション」といいます。

ピタピタすぎるシルエットやくるぶしが見えてしまうようなスラックス丈はカジュアルな会場には合っているかもしれませんが、ホテルや高級レストランではふさわしくないので注意しましょう。

シャツでおしゃれ度をアップ

結婚式二次会の定番のシャツといえば白の「ブロード生地」です。ブロードはフォーマルシャツのなかでももっとも一般的なシャツ生地といわれています。

適度に光沢感があるので、フォーマルな場面にもぴったりです。

wedding-nijikai-fukusou04

「__ブロード__」とは?

縦横に同じ太さの糸を使い、よこ糸の倍のたて糸を織り込んだ平織の生地です。滑らかな光沢と丈夫さがあり、シャツやスカートなど洋服に使われる事が多いです。詳しくは「これを選べば間違いない。メンズブロードシャツ解説」で紹介しています。

会場によってはカラーシャツや柄シャツを着ても問題ありません。

カラーシャツの場合、セミフォーマル会場なら無地で淡めのパステルカラー、カジュアル会場ならストライプやギンガムチェックで適度にドレスダウンするのがおすすめです。

wedding-nijikai-fukusou05

ボタンダウンシャツや派手すぎる色・柄、カジュアルなチェック柄、半袖シャツ、シワシワなシャツは結婚式の二次会にはふさわしくないので控えましょう。

ネクタイでアクセントをプラス

wedding-nijikai-fukusou06

二次会は、披露宴よりもある程度ネクタイの色柄に自由度が生まれます。ただ、それでもやはりマナーはあるので、その範囲内で自分らしさを出せたらすてきですよね。

フォーマルな会場ならシルバーが定番ですが、セミフォーマルな会場やカジュアルな会場ならピンクやブルーなどパステル系のネクタイ選んでも良いでしょう。

結婚式の二次会でNGな服装マナー

たとえば白や明るいグレー、赤などといった新郎新婦より目立つ服装は避けたほうが良いでしょう。

その他、殺生を連想させるアニマル柄のアイテムなどもNGマナーの例として挙げられます。

wedding-nijikai-fukusou07

ジーンズやTシャツなどのカジュアルすぎる服装もNGマナーとされています。

【MEMO】

招待状に「平服でお越しください」と記載されていても、普段着で二次会に参加するのは失礼にあたるので控えましょう。

これらのNGマナーに気を付け、失礼のない装いを心がけくださいね。


2.結婚式二次会におすすめの服装。会場別コーデ9選

結婚式の二次会の会場には、ホテルのパーティー会場や高級レストランから、バーや居酒屋までさまざまあります。

会場と服装の雰囲気が合わないと浮いてしまうので、それぞれの会場の雰囲気に合わせた服装をするように心がけましょう。

ここからは、「フォーマル」「セミフォーマル」「カジュアル」のそれぞれの会場別に適した服装を確認していきましょう。

(1)フォーマルな会場

ホテルのパーティー会場や高級レストランなど、フォーマルな会場では「スーツ+ネクタイ」のスーツスタイルが基本です。

黒やグレー、ネイビーのダークスーツに、白いワイシャツとシルバーのネクタイを合わせるのが良いでしょう。

ですが、せっかくの二次会。華を添えたい場合には、ネクタイを蝶ネクタイに変えるのもあり。特別感のあるシルバーの蝶ネクタイや、スーツと同じカラーをベースにした蝶ネクタイがおすすめです。

wedding-nijikai-fukusou08

その際、襟が「ウイングカラー」のワイシャツを合わせると、より蝶ネクタイが引き立ったおしゃれなコーディネートになります。

「__ウイングカラーシャツ__」とは?

結婚式などの正装時の服装に広く用いられているのが「ウイングカラーシャツ」です。詳しくは「ウィングカラーシャツの超基本|結婚式の着こなしをわかりやすく解説」でご紹介しています。

⚫︎間違いないブラックスーツ

wedding-nijikai-fukusou10

ブラックスーツに白シャツのコーディネート。

シルバーのネクタイを合わせれば、結婚式二次会の定番スタイルの完成です。

おしゃれなポケットチーフで、個性の演出もお忘れなく。

⚫︎スリーピースで落ち着いた雰囲気を演出

wedding-nijikai-fukusou11

ベストを合わせたスリーピーススーツで着こなすと、フォーマルな装いになるのでおすすめです。

ベストはスーツと同色で合わせてもOKですが、ブラックスーツならグレーのベストを合わせるとよりおしゃれに着こなせますよ。

⚫︎蝶ネクタイでこなれ感を演出

wedding-nijikai-fukusou12

個性をアピールしたいなら、蝶ネクタイがおすすめです。

ブラックスーツ+白シャツの定番なスタイルでも、蝶ネクタイがおしゃれな雰囲気を演出してくれます。

(2)セミフォーマルな会場

レストランやダイニングバーなどのセミフォーマルな会場でも、フォーマルな会場と同じように「スーツ+ネクタイ」が基本です。

フォーマル会場に比べ、シャツとネクタイの「色」や「柄」にある程度の自由度を求めても良いでしょう。

たとえばサックスストライプのシャツに大きな柄のネクタイでカジュアルダウンしたり、ブルーやイエロー、ピンクなどのパステル系のネクタイを身に着けたりすれば、ぐっと華やかな装いにできますよ。

⚫︎ブルーのネクタイが結婚式にぴったり

wedding-nijikai-fukusou13

グレースーツにストライプのシャツを合わせたスタイル。

ベーシックななかにも、明るいブルーのネクタイが華やかな印象をプラスしてくれます。

⚫︎ブラウンスーツでおしゃれさアップ

wedding-nijikai-fukusou14

セミフォーマル会場ならブラウンのスーツもあり。

シンプルな白シャツを合わせることで、まとまりのあるコーディネートが完成。ネイビーをベースにブラウンの柄が入ったネクタイを合わせば、こなれ感も演出できますよ。

(3)カジュアル会場

居酒屋などのカジュアルな会場では、スーツスタイルの他、「ジャケット+パンツ」のジャケパンスタイルもおすすめです。

ジャケットのインナーにはシャツはもちろん、夏ならTシャツやポロシャツ、冬ならニットを合わせたコーディネートも良いでしょう。

フォーマルすぎる装いだと、カジュアルな場には合わず逆に浮いてしまうこともあります。

事前に二次会の会場をインターネットで調べるなどし、それぞれの会場に合った服装をするように心がけましょう。

⚫︎ダークトーンでまとめた大人ビジカジスタイル

wedding-nijikai-fukusou15

チャコールのジャケットとカーキのパンツでまとめたビジカジスタイル。

落ち着いた色味のカーキなので大人っぽさを演出できるだけでなく、相性のいいデニムシャツを合わせればおしゃれにキメられます。

⚫︎ポロシャツを合わせた都会派スタイル

wedding-nijikai-fukusou16

ネイビージャケットに相性のいいグレーのチノパンをセット。

インナーにはポロシャツを合わせることで爽やかな着こなしに。全体的にはシンプルなスタイルながら、スタイリッシュな都会派ビジカジスタイルの完成です!

⚫︎遊びゴコロのあるカラーで二次会会場に華を

wedding-nijikai-fukusou17

ウォルナットブラウンのチノパンにベージュのジャケットを合わせた遊びゴコロ満点のスタイル。

会場の雰囲気に合わせてTシャツをシャツに変えてもOK。清潔感はもちろん、ちょうど良いゆるさも演出できますよ。

⚫︎ニットを合わせたリラックスカジュアルスタイル

wedding-nijikai-fukusou18

ブラウンのチノパンにネイビーのカーディガンを合わせるだけで落ち着いた大人の雰囲気を演出。

スタンドカラーのシャツと白いスニーカーを合わせることで、リラックス感をプラスできます。


3.まとめ

結婚式二次会の服装で抑えるべきポイントは3つです。

・会場に合わせて選ぶ

・スーツなら黒、ネイビー、グレーのベーシック

・シャツやネクタイはマナーの範囲内でおしゃれをする

普段より少し華やかなイメージで雰囲気を変えてみてはいかがでしょうか。

当日は会場にふさわしい服装で新郎新婦をお祝いしましょう。


おしゃれな服装で結婚式二次会に出席しませんか?

「FABRIC TOKYO」はビジネスウェアのオーダー専門店です。

商品をご購入いただくには、30分ほどの採寸をし、サイズ登録をしていただく必要があります。

クラウド上にサイズの採寸データを登録しますので、店舗では買わず、ご自宅で「ゆっくり検討したい」という方にもぴったり。

新宿や有楽町、秋葉原、横浜などの首都圏、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡など全国に店舗があります。お気軽に店舗までお越しくださいませ。

この記事を監修した人: 佐野緑(FABRIC TOKYO吉祥寺店)

KEYWORDS

二次会ブラックスーツコーディネートドレスコード礼服ジャケットネクタイ結婚式
シェア ツイート LINEで送る