ワイドカラーとは?おしゃれな着こなし方についても徹底解説!

この記事は約7分で読めます

シャツの襟の形は何種類もあり、一般的に多いのが「レギュラーカラー」「セミワイドカラー」「ワイドカラー」です。襟の形によって印象がガラッと変わることから、なかには間違ったコーディネートをしている人も……。

この記事ではワイドカラーだけでなく、さまざまな襟の特徴を詳しく説明します。ワイドカラーシャツをおしゃれに着こなすポイントも紹介しますので、参考にしてみてくださいね。


この記事を監修した人久保 裕映(FABRIC TOKYO 秋葉原)

秋葉原店コーディネーターの久保です!私生活では二児の父で日々、育児・家事・仕事に奔走中です。 New normalな時代に沿ったビジネスウェアの提案を心掛け、日々ニーズ以上のものをお客様に体験していただけるよう努めております。店舗では体型の特徴からコーディネートのおすすめまで幅広くご提案させていただきます。ぜひお気軽にご相談ください。

1. ワイドカラーとは?

「ワイドカラー」は襟の開きが100度~140度くらいと広くなっているのが特徴です。一方、定番である「レギュラーカラー」の襟の開きは75度~90度、「セミワイドカラー」はワイドカラーとレギュラーカラーの中間で、90度~100度くらいの襟の開きとなります。

wide-color12

(左)ワイドカラー (右)レギュラーカラー

ワイドカラーシャツは首周りがすっきりと見えるため、肩幅の広めな人やがっちり体型の人にとくに似合います。また、ワイドカラーは小顔効果も期待できます。

20世紀初頭に、男性のファッションに大きな影響を与えたイギリスのウィンザー公は、ワイドカラーシャツを好んで着ていました。そのためワイドカラーのことを、別名「ウィンザーカラー」ともいいます。

ワイドカラーやセミワイドカラー、レギュラーカラーのほかにも、シャツの襟の種類にはさまざまなものがあります。いくつかの襟の種類について、以下で説明します。

まずご紹介したいのが、「ホリゾンタルカラー」です。

wide-color04

ホリゾンタルカラー

ホリゾンタルカラーは小襟が特徴的で、襟の開きはワイドカラーをさらに超える180度ほど。ノーネクタイで着用すると、さらっと着こなせます。

ホリゾンタルカラーについては、「ホリゾンタルシャツの着こなし徹底解剖」で詳しく紹介しています。合わせてご覧ください。

また、「ボタンダウンカラー」も有名です。

wide-color05

ボタンダウンカラー

ボタンダウンカラ―はワイドカラーに比べると、ややカジュアルな印象です。襟の先に開けられたボタンホールに、身ごろについたボタンを通して留めます。

アメリカのファッションブランド「ブルックスブラザーズ」が発表し、またたく間に世界各国で大人気となりました。

「ウイングカラー」は、襟先が前に折れた形状の襟のこと。

wide-color06

ウイングカラー

タキシードスタイルに代表される、フォーマルなイメージが強いウイングカラー。近年では結婚式などの際、スーツにウイングカラーシャツをコーディネートする人も増えてきています。

2. シーン別|ワイドカラーシャツを着るときのポイント

ビジネスからフォーマル、カジュアルまで幅広く対応できるシャツの襟の形がワイドカラーです。ワイドカラーシャツを着るときのポイントをシーン別に説明します。

2-1. 職場などのビジネスシーン

wide-color07

ワイドカラーシャツは、ビジネススーツとの相性もばっちり。ビジネスシーンで着るためのワイドカラーシャツは、ぜひ1枚は持っておきたいアイテムです。

職場でワイドカラーシャツを着る場合は、ノーネクタイではなくネクタイをきちんと締めたスタイルが無難です。真面目で誠実な印象を与えられるでしょう。

2-2. 結婚式や披露宴などのフォーマルシーン

wide-color08

結婚式や披露宴、パーティーなどのフォーマルシーンでは、ワイドカラーシャツやレギュラーカラーシャツがふさわしいとされています。首元にボリュームを与えて華やかな印象を演出したい人は、ワイドカラーがおすすめです。

お葬式や法要などの場ではレギュラーカラーが定番ですが、ワイドカラーシャツを着ても問題ありません。ただし、おしゃれはマナー違反になるので、無地の白シャツなどシンプルなデザインのワイドカラーシャツを選びましょう。

2-3. 休日などのカジュアルシーン

ワイドカラーシャツはスーツスタイルに合わせるだけではなく、休日のカジュアルシーンにも着回せます。

レギュラーカラーシャツと比べてクラシックな印象を与えるワイドカラーシャツは、カジュアルなコーディネートの中にも大人の気品を感じさせてくれる、とても優秀なアイテムです。

たとえば、シンプルな白いワイドカラーシャツと黒チノパンを合わせると、さりげなくおしゃれな雰囲気を演出できます。

3. ワイドカラーシャツをおしゃれに着こなすコツ

シャツの襟の中で定番デザインともいえるワイドカラーですが、さらにおしゃれに着こなすためのコツが2つあります。

3-1. ネクタイありの場合は、ウィンザーノットがおすすめ

wide-color09

イギリスのウィンザー公が愛用したシャツがワイドカラーシャツであることは前述したとおりです。そのウィンザー公が好んでしていたネクタイの結び方があります。それが「ウィンザーノット」といわれる結び方です。

ウィンザーノットは結び目がやや横に広がったような大きめな形になり、見た目にボリュームを与えてくれます。しっかりとした結び方なので、型崩れしにくいのもポイントです。ワイドカラーシャツにネクタイを合わせる場合は、やはりこのウィンザーノットが似合います。

3-2. ノーネクタイの場合は、体にフィットしたワイドカラーを選ぼう

ワイドカラーシャツはノーネクタイで着用してもOK。ワイドカラーシャツをノーネクタイで着こなすと、大人の男性らしい色気も醸しだせます。レギュラーカラーは襟が長く、下に落ちてだらしない印象を与えてしまいますが、ワイドカラーは襟の開きが大きくノーネクタイに向いていると言われています。

wide-color13

ワイドカラーシャツをノーネクタイで格好よく着こなしたいなら、サイズ感が最重要ポイントになります。体型にフィットしたワイドカラーシャツなら、ビジネスシーンにおいてもだらしなく見られることはありません。

なかなか自分の体型にぴったりくるワイドカラーシャツを見つけられない人におすすめなのが、オーダーメイドでワイドカラーシャツを作ってもらうこと。

最近ではお手頃な価格で、自分の体型にフィットするシャツをオーダーメイドする、おしゃれで若いビジネスパーソンが増えています。

4. FABRIC TOKYOでは、ワイドカラーシャツが6,500円からお仕立ていただけます

一枚持っておくといろいろなシーンに着回しができる、便利なワイドカラーシャツ。せっかく購入するなら、自分の体型や好みにぴったり合ったワイドカラーシャツを所持しておきたいですよね。

ビジネスウェアのオーダー専門店「FABRIC TOKYO」では、ジャストフィットのシャツが1着6,500円からオーダーでき、ワイドカラーには無料でカスタマイズできます。

さまざまなシーンに適したシャツをご用意しておりますので、お気軽にお越しください。

「FABRIC TOKYO」でシャツをオーダーしませんか?

FABRIC TOKYOはビジネスウェアのオーダー専門ブランドです。シャツはもちろん、スーツやカジュアルジャケット、カジュアルパンツ、チノパン、セットアップなどもオーダー可能です。20代〜40代のオーダー初心者の方にも多くご利用いただいています。

◎「FABRIC TOKYO」が選ばれている理由

1.スマホでオーダー
店舗で採寸したサイズデータはオンライン上に保管されます。その後はPCやスマホからいつでもオーダーできます。「採寸したら買わないといけない」という心配も必要ありません。

2.シャツが1着6,500円〜
「FABRIC TOKYO」では中間業者を介すことなく最短ルートで工場とお客さまをつなぐことで、品質にも妥協することなく、シャツ1着6,500円から体験できるオーダーメイドを実現しています。

3.お届けから50日間は無料でお直し
着心地やサイズ感に違和感がある場合は、お届けから50日間は無料で1回までサイズのお直しをさせていただきます。オーダー初心者でも安心してオーダーできます。

◎購入の流れ

「FABRIC TOKYO」のカスタムオーダー商品をご購入いただくには、採寸とサイズ登録が必要です。採寸にかかる時間は約30分。「まずはサイズ登録だけして、家でじっくり商品を検討したい」というご要望も承っております。

首都圏や関西エリア、名古屋、福岡にも店舗がございますので、お気軽にお近くの店舗までお越しください。

来店予約はこちら

KEYWORDS

ボタンカジュアルコーディネートノーネクタイネクタイ
シェア ツイート LINEで送る