【超基本】ネイビースーツを着こなす4つのポイント&定番コーデ8選。シャツ・ネクタイ・靴はどう合わせる?

この記事は約9分で読めます

ビジネスパーソンが勝負服に選ぶことも多いネイビースーツ。しかし、どのように着こなせばいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。王道のネイビースーツだからこそ、着こなしの基本をしっかりと押さえておきたいですよね。

本記事では、ネイビースーツの与える印象や着こなしの4つのポイント、コーディネート例などを紹介します。


この記事を監修した人襟川 諒佑(FABRIC TOKYO 池袋)

服が好きで、生地や色の合わせ方などは得意なのでぜひご相談ください。カジュアルなスタイルが好きなので、コーディネートの仕方などもご提案させていただきます。 FABRIC TOKYOのおすすめの商品は「CHINOS-COMBAT by.CORDURA」です。かなりしっかりとした生地なのでデニムのようにガシガシ着用できるチノパンです。池袋店でお待ちしております。ぜひご来店ください!

1. ネイビースーツが与える印象とは?

ネイビースーツの色や柄にはさまざまなバリエーションがあります。選ぶデザインによって相手に与える印象が変わるため、色や柄による印象の違いを知っておくことが大切です。

ここでは、ネイビースーツの色や柄によって与える印象の違いについて解説します。

1-1. 色のトーンによって印象が違う

navy-suit900

左からダークネイビー、ネイビー、ライトネイビー

ネイビースーツはビジネスの定番カラーで、はじめて会う人に誠実な印象を与えられるのが魅力です。そのほか、ネイビーのイメージとしては「信頼」や「知的」「まじめ」などといったポジティブな印象があります。

とはいえ、ネイビーには濃いものから淡いものまで幅広い色合いがあります。ネイビーをトーン別に大きく分けると、「ダークネイビー」「ネイビー」「ライトネイビー(ブルー)」の3種類です。

・ダークネイビー

「ダークネイビー」は落ち着いた雰囲気があり、誠実な印象を与える色合いです。ネイビーのなかではもっともフォーマル度が高いため、重要な商談はもちろん、結婚式などにも着用できます。

・ネイビー

一般的なトーンの「ネイビー」には知的で信頼できるイメージがあります。ビジネスシーンではもっとも定番の色合いといえるでしょう。

・ライトネイビー(ブルー)

明るいトーンのライトネイビー(ブルー)は若々しく爽やかですが、ややカジュアルな印象を与えます。職種によってはNGな場合もありますので、不安な場合はネイビーかダークネイビーを選んでおくのが無難です。

1-2. 柄による印象の違い

同じネイビースーツでも、柄によっても与える印象は異なります。ネイビースーツの柄としては、無地やストライプ柄、チェック柄の3種類が挙げられます。

・無地

3種類のうち、とくにフォーマルで無難なのが無地です。クセがないので、幅広いコーディネートに使えるでしょう。少し変化を持たせたい人はヘリンボーンやバーズアイなどの織柄がおすすめ。無地でも織柄によって柄っぽく見えますよ。

・ストライプ柄

ストライプは知的で誠実な印象があり、ネイビーとも相性がよい柄です。ストライプの幅が狭いほど上品でフォーマルな、広いほど華やかでカジュアルな印象になります。

ビジネスシーンではシャドーストライプやピンストライプなど、幅が狭く目立たないストライプを選ぶのがおすすめ。

・チェック柄

チェックはカジュアルで華やかな印象を与える柄です。柄が小さければビジネスシーンでも悪目立ちしませんが、柄が大きく派手な印象を与えるチェック柄はビジネスシーンにはあまり適しません。

2. ビジネスでネイビースーツを着こなすポイント×4

ビジネスシーンで場違いな印象を与えないためにも、ネイビースーツの着こなしのポイントを押さえておきましょう。

ここからは、ビジネスシーンでネイビースーツをおしゃれに着こなすためのポイントを4つ紹介します。

2-1. シンプルな色・柄の「シャツ」を合わせる

ネイビースーツに限りませんが、ビジネスシーンではシンプルなシャツを合わせるのが鉄則です。派手なデザインのシャツはおしゃれですが、カジュアル感が強くなります。コーディネートも難しいので、まずは基本の白シャツを選ぶのがベターです。

navy-suit901

左からピンク、サックス、サックスストライプ

慣れてきたら、華やかさを添えるピンク、爽やかなサックスブルー、パープルなどもおすすめです。柄はシンプルな無地がベストですが、ストライプやチェックもおしゃれで人気です。ただし、ビジネスシーンでは遠目には柄がわからない程度の控えめなものが無難です。

2-2. ブルー系の「ネクタイ」で統一感を

ネクタイはなるべくネイビースーツと同色系、つまりブルー系のものを選びましょう。同色系であれば全体に統一感が生まれ、コーディネートがまとまりやすくなります。

ネイビースーツに合わせるなら、無地やドット柄、ストライプ柄などどんなネクタイでも相性はばっちり。シンプルにまとめたいなら無地を、遊び心を加えたいならドット柄を選ぶとよいでしょう。斜めに太い線が入ったレジメンタルタイも知的でおしゃれです。

2-3. 「靴」はブラックかブラウンを選ぶ

navy-suit23

ビジネスシーンで履く靴はブラックかブラウンを選んでください。これもネイビースーツに限った話ではありません。ブラックまたはブラウン以外の革靴はカジュアルな印象を与えるので避けましょう。

ブラックには落ち着きのある上品な印象が、ブラウンには柔和でおしゃれな印象があります。靴のデザインは、あらゆる場面で使える「プレーントゥ」または「ストレートチップ」が無難です。

【MEMO】

プレーントゥはつま先部分に装飾のないシンプルな革靴です。ストレートチップには切り替えのステッチがつま先部分にまっすぐ入っています。

2-4. 「ベルト」の色は靴と合わせる

スーツを着るときは、ベルトの色を靴の色と合わせるようにしましょう。靴がブラックならベルトもブラックを、靴がブラウンならベルトもブラウンを選びます。

ベルトと靴を同じ色でそろえれば統一感が生まれ、すっきりとした印象を与えられます。

3. ネイビースーツのおすすめコーデ8選

最後にビジネスウェアのオーダー専門店「FABRIC TOKYO」が提案する、ネイビースーツのおすすめコーデを8例紹介します。

3-1. 定番のなかにアイキャッチをプラス

ネイビー無地のスーツにサックスブルーのシャツ、ネイビーのネクタイをセット。落ち着いた印象になりがちなコーデですが、ペイズリー柄のネクタイを合わせることでVゾーンにアイキャッチをプラスしているのがポイントです。

3-2. 若々しさをプラスしたネイビースーツコーデ

ネイビースーツにサックスブルーのボタンダウンシャツを合わせたコーディネート。ネイビー×カーキのレジメンタルタイを合わせて若々しさをプラスしています。

3-3. イエローネクタイでおしゃれな印象

ネイビーチェックのスーツを使った個性的なコーディネート。ウィンドウペーンのチェック柄が控えめなので、発色の良いシャツとネクタイを合わせるのがおすすめ。深みのあるイエローネクタイによっておしゃれ見えさせられますよ。

3-4. きちんと感のなかに遊び心をプラス

どんなシーンにも大活躍してくれるダークネイビー無地のスーツ。フォーマルなイメージがあるため、グレーのクレリックシャツ(+2,000円でカスタマイズ化)と明るいネクタイでカジュアル感をプラス。きちんと感のなかにも遊び心を持たせたスタイルです。

3-5. 定番のネイビーにブラウンをプラス

ネイビーとブラウンを混ぜたブラウンネイビーのスーツ。独特の色味と光沢感のあるこのスーツには、ワインレッドのネクタイが相性ばっちり。華やかかつ柔らかい印象を与えられますよ。

3-6. スリーピースで誠実な印象をプラス

大事な商談のときなどに着ていきたいスリーピーススーツ。さらにキメたいときは、サックスブルーのシャツで爽やかさをプラスするのがおすすめ。小紋柄のネクタイを合わせてVゾーンを華やかに彩っているのもポイントです。

3-7. 上品さと落ち着きで違いをアピール

定番のネイビースーツですが、ベストを合わせたスリーピーススタイルだとこれだけおしゃれに仕上がります。白シャツにベージュの小紋柄ネクタイを合わせることで、上品さと落ち着いた印象に。

3-8. チェックシャツでおしゃれさをプラス

ベストをプラスしたスリーピーススタイルに、チェックシャツを合わせたコーディネート。カジュアルになりがちなチェックですが、全身をネイビーで揃えることで落ち着いた印象にまとまりました。

4. FABRIC TOKYOで、ネイビースーツをオーダーしませんか?

ビジネスシーンで定番のネイビースーツは欠かせないアイテム。だからこそ、着こなしのポイントを押さえることが大切です。

1着用意しておけば、アイテムの合わせ方次第で幅広いおしゃれを楽しめます。ネイビースーツを持っていない人は、ぜひFABRIC TOKYOでオーダーしてみませんか。1着38,000円からおしゃれなネイビースーツをオーダーできますよ。

あなたに合う1着をご提案いたします

FABRIC TOKYOはビジネスウェアのオーダー専門ブランドです。スーツはもちろん、シャツやカジュアルジャケット、カジュアルパンツ、チノパン、セットアップなどもオーダー可能です。20代〜40代のオーダー初心者の方にも多くご利用いただいています。

◎「FABRIC TOKYO」が選ばれている理由

1.スマホでオーダー
店舗で採寸したサイズデータはオンライン上に保管されます。その後はPCやスマホからいつでもオーダーできます。「採寸したら買わないといけない」という心配も必要ありません。

2.スーツが1着38,000円〜
「FABRIC TOKYO」では中間業者を介すことなく最短ルートで工場とお客さまをつなぐことで、品質にも妥協することなく、スーツ1着38,000円から体験できるオーダーメイドを実現しています。

3.お届けから50日間は無料でお直し
着心地やサイズ感に違和感がある場合は、お届けから50日間は無料で1回までサイズのお直しをさせていただきます。オーダー初心者でも安心してオーダーできます。

◎購入の流れ

「FABRIC TOKYO」のカスタムオーダー商品をご購入いただくには、採寸とサイズ登録が必要です。採寸にかかる時間は約30分。「まずはサイズ登録だけして、家でじっくり商品を検討したい」というご要望も承っております。

首都圏や関西エリア、名古屋、福岡にも店舗がございますので、お気軽にお近くの店舗までお越しください。

来店予約はこちら

KEYWORDS

ベルトカジュアルクレリックコーディネートジャケットネイビースーツレジメンタルストライプネクタイ結婚式
シェア ツイート LINEで送る