ブロードシャツとは?着こなし方やおすすめ商品も紹介!

この記事は約9分で読めます

数あるシャツのなかでもポピュラーなブロードシャツ。ビジネスシーンはもちろん、カジュアルにも着こなせる万能アイテムです。

しかし、そもそもブロードシャツがどんなシャツで、着こなし方や着用シーンなどについて、よくわからない人もいるのではないでしょうか。

今回は、ブロードシャツの基礎知識や着こなし方、着用時の注意点、おすすめの商品などを紹介します。定番アイテムのブロードシャツだからこそ、おしゃれにかっこよく着こなしましょう。


この記事を監修した人赤川 圭(FABRIC TOKYO 表参道)

表参道店の赤川と申します。スーツに限らず、カジュアルやジャケパンの着こなし全般について、自信を持ってご案内させていただきます!FABRICTOKYOのオーダーを通して、今までと違う自分を発見するお手伝いができればと思います。どうぞお気軽にお立ち寄りお持ちしております。

1. ブロードシャツとは?

broad-shirt00

ブロードシャツをおしゃれに着こなすために知っておきたい基礎知識を紹介します。比較されることの多い「オックスフォードシャツ」との違いも説明しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

1-1. ブロードの意味

broad-shirt01

ブロードシャツの「ブロード」とは、生地の種類のこと。縦横に同じ太さの糸を使用して、よこ糸の倍の密度でたて糸を織り込んだ平織の生地です。お店によっては、厚手のブロードを「ポプリン」と呼び分けることもあります。

ブロード生地は、表面に適度な光沢感があるのが特徴です。きれいめな印象のため、ビジネスから冠婚葬祭などのフォーマルまで、さまざまなシーンで着用されます。

1-2. ブロードシャツの定番の色

broad-shirt02

ブロードシャツの定番の色は、白やサックスブルー(淡いブルー)などです。どちらの色も主張が少なく、スーツやネクタイなど、合わせるアイテムの色を選びません。さまざまな着こなしに対応できます。

ブロードシャツの色選びで迷ったら、まずは定番の白やサックスブルーを選ぶのがおすすめです。定番色を選べば、ビジネスでもプライベートでも幅広く着こなせますよ。

1-3. ブロードシャツの定番の柄

broad-shirt03

ブロードシャツといえば、まず定番なのは無地のタイプ。無地以外では、ストライプやチェック柄も人気があります。

ストライプなら、鉛筆で描いたような細いストライプ柄の「ペンシルストライプ」や、一見無地に見える「シャドーストライプ」などがおすすめ。どちらも控えめな柄で、上品な印象のブロードシャツによく合います。

カジュアルにブロードシャツを着こなしたい人には、ギンガムチェックもおすすめ。縦横が同じ太さの縞模様でできたシンプルなチェック柄で、コーディネートに取り入れやすい点がおすすめする理由です。

1-4. オックスフォードシャツとの違い

ブロードシャツと比較されることが多いシャツに、オックスフォードシャツがあります。どちらの生地も平織で、丈夫で摩擦に強く、通気性が高いのが特徴です。

ブロードがたて糸をよこ糸の倍ほどの密度に織るのに対して、オックスフォードの場合、たて糸、よこ糸をどちらも2本ずつ引きそろえて織っています。

broad-shirt04

オックスフォード

オックスフォードシャツは立体感があり、ふんわりとした肌触りが特徴です。滑らかな光沢感があるブロードシャツに比べると、生地の表面の織り目が目立ちます。

オックスフォードシャツについて詳しくは「オックスフォードシャツとは?コーデのポイントやおすすめ商品を紹介!」を参考にしてください。

ブロードシャツがダサくなる…
その秘密とは?

2. 【シーン別】ブロードシャツの着こなし方

ビジネスからカジュアル、フォーマルまでさまざまなシーンで活躍するブロードシャツ。シーン別の着こなしのポイントを紹介します。

2-1. ビジネス

かしこまったビジネスシーンでは、光沢感のある上品な印象のブロードシャツがおすすめです。白やサックスブルーの無地など、ジャケットやネクタイに合わせやすいシンプルな色柄が重宝します。

ノンアイロンで着用できるシャツを選べば、お手入れも簡単ですよ。

2-2. ビジネスカジュアル

オフィスやリモートでのビジネスカジュアルスタイルには、ノーネクタイのブロードシャツに、ジャケットを羽織ったコーディネートがおすすめ。

シャツの襟の形をワイドカラーやボタンダウンにすれば、ノーネクタイでもブロードシャツをカジュアルかつスタイリッシュに着こなせます。

FABRIC TOKYOのオーダーシャツなら、生地の色柄を選んで好みの襟型にカスタマイズできますよ。

broad-shirt05

(左)ワイドカラー (右)ボタンダウン

ワイドカラー
  • 定番の「レギュラーカラー」よりも襟の開きが大きいデザインの襟型
  • ジャストサイズのシャツなら、ノーネクタイでも大人の男性らしい色気を演出できる
ボタンダウン
  • シャツの襟先をボタンで留めたデザインの襟型
  • 襟先がシャツの身頃に留まっているため、ノーネクタイでも襟が左右に崩れない

2-3. カジュアル

カジュアルシーンで着用するなら、光沢感をおさえた生地のブロードシャツがおすすめ。光沢が弱いブロードシャツはしわになりにくく、ノーアイロンで着用できるのも魅力です。

Tシャツ1枚のコーディネートがちょっと寂しく感じるとき、ブロードシャツをさらっと羽織るだけでこなれ感のあるスタイルになります。着丈が長すぎないブロードシャツなら、パンツの外に裾を出し、タックアウトで着こなすのもおすすめです。

2-4. フォーマル

broad-shirt06

冠婚葬祭などのフォーマルなシーンでは、白無地のシンプルなブロードシャツを選びましょう。

ブロード生地のほどよい光沢感が上品な印象になります。オックスフォードシャツだとカジュアル感が出てしまうため、冠婚葬祭ではブロードシャツが無難です。

お葬式では、白のブロードシャツを着用するのがマナー。喪服用として1枚持っていると安心です。

3. ブロードシャツの着こなし注意点

幅広いシーンで活躍するブロードシャツですが、ちょっとしたことに気を配るかどうかで、着こなしの印象は大きく左右されます。ブロードシャツを着用するときに注意したいポイントを2つ紹介します。

3-1. ジャストサイズを選ぶ

broad-shirt08

ブロードシャツに限った話ではありませんが、自分の体型に合ったジャストサイズのシャツを選びましょう。サイズ感は全体の印象を決める重要なポイントです。大きすぎるとだらしない印象に、小さすぎると窮屈な印象になってしまいます。

シャツのサイズに関して詳しくは「ワイシャツのサイズ感の目安は?オーダースーツ専門店が詳しく解説!」を参考にしてください。

3-2. メンテナンスして清潔感を心がける

broad-shirt09

ブロードシャツには綿やポリエステル、シルクなどの素材があります。なかでも綿素材のブロードシャツは、シワになりやすいという特徴があります。

シャツのシワは「清潔感がない」「だらしない」などのマイナスイメージにつながるため、メンテナンスが欠かせません。シワになりにくいタイプのブロードシャツなら、お手入れが楽になりますよ。

自宅で洗濯をしても、クリーニングに出してもどちらでも構いません。必ず洗濯表示を確認し、自宅で洗濯をする場合はネットに入れて洗いましょう。

洗濯表示は、ワイシャツの前身ごろ(お腹部分)の内側のタグに書かれているのが一般的です。

襟や袖に皮脂汚れがある場合、食器用洗剤を塗って汚れを浮かせてから洗濯すると落ちやすくなります。

普段の洗濯では落ちない襟や袖の汚れについては、「シャツを長持ちさせる、上手な汚れの落とし方|襟編」で詳しく紹介しています。参考にしてください。

NON IRON EASY CARE

コットンとポリエステルが混紡された定番素材で、通気性と吸水速乾性に優れている為、様々なシーンで着用できるのが特徴です。

¥ 7,500
商品をみる

4. おすすめホワイトブロードシャツ2選

ブロードシャツのなかでも、持っていて困らないのがベーシックなホワイトブロードシャツです。FABRIC TOKYOの豊富なシャツのラインアップから、おすすめのホワイトブロードシャツを紹介します。

4-1. NON IRON EASY CARE

NON IRON EASY CARE

コットンとポリエステルが混紡された定番素材で、通気性と吸水速乾性に優れている為、様々なシーンで着用できるのが特徴です。

¥ 7,500
商品をみる

コットンとポリエステルを混紡した定番素材のホワイトブロードシャツ。冠婚葬祭からビジネスまで、さまざまな場面で幅広く着用できます。

通気性と吸水速乾性に優れ、形態安定性が高い点も魅力。アイロンなしでもシワがほとんど目立たないため、面倒なお手入れの必要がありません。基本のブロードシャツとして重宝します。

4-2. THOMAS MASON PREMIUM COTTON

THOMAS MASON PREMIUM COTTON

イギリスのスーツスタイルに合う、豊かな光沢感とハリとコシが強いシャツ生地を作りだすことで、世界中のテーラーやビジネスマンに愛されています。

¥ 19,800
商品をみる

1796年にイギリスで創業した老舗ブランド「THOMAS MASON」の生地を使用したホワイトブロードシャツ。コットン100%の生地はイタリア産で、光沢感とパリッとした質感が特徴です。

上質な素材感で、普段のコーディネートを格上げしてくれるアイテム。ビジネス、ビジネスカジュアルに着用したい一着です。

5. ブロードシャツが1着7,500円からオーダーできる

幅広いシーンに対応できるブロードシャツは、ワードローブに欠かせないアイテムです。着る機会の多いシャツだからこそ、お気に入りの1着をオーダーしてみませんか。

FABRIC TOKYOでは、好きな生地や色柄を選んで、自分のサイズにぴったりのシャツをオーダーできます。ブロードシャツなら7,500円からオーダーできますよ。

さらに、襟の形やカフスなど、デザインのカスタマイズも可能ですので、ぜひお気軽にご来店ください。

「FABRIC TOKYO」でブロードシャツをオーダーしませんか?

FABRIC TOKYOはビジネスウェアのオーダー専門ブランドです。シャツはもちろん、スーツやカジュアルジャケット、カジュアルパンツ、チノパン、セットアップなどもオーダー可能です。20代〜40代のオーダー初心者の方にも多くご利用いただいています。

◎「FABRIC TOKYO」が選ばれている理由

1.スマホでオーダー
店舗で採寸したサイズデータはオンライン上に保管されます。その後はPCやスマホからいつでもオーダーできます。「採寸したら買わないといけない」という心配も必要ありません。

2.シャツが1着6,500円〜
「FABRIC TOKYO」では中間業者を介すことなく最短ルートで工場とお客さまをつなぐことで、品質にも妥協することなく、シャツ1着6,500円から体験できるオーダーメイドを実現しています。

3.お届けから50日間は無料でお直し
着心地やサイズ感に違和感がある場合は、お届けから50日間は無料で1回までサイズのお直しをさせていただきます。オーダー初心者でも安心してオーダーできます。

◎購入の流れ

「FABRIC TOKYO」のカスタムオーダー商品をご購入いただくには、採寸とサイズ登録が必要です。採寸にかかる時間は約30分。「まずはサイズ登録だけして、家でじっくり商品を検討したい」というご要望も承っております。

首都圏や関西エリア、名古屋、福岡にも店舗がございますので、お気軽にお近くの店舗までお越しください。

来店予約はこちら

KEYWORDS

ブロードシャツボタンカジュアルアイロンコーディネート生地ストライプネクタイ結婚式
シェア ツイート LINEで送る