30代におすすめのオーダースーツとは?選び方やおすすめの色・柄をプロが徹底解説

この記事は約9分で読めます

「30代になったし、いいスーツが欲しい」
「オーダースーツが気になっているけど、どう選んでいいか分からない……」

スーツをオーダーしようとしている30代の方のなかには、こんな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。せっかくオーダーしようと思っても、知識がないままオーダーすると失敗してしまうこともあります。

そこで、オーダースーツ専門店「FABRIC TOKYO有楽町(銀座)」のコーディネーター・石井龍さんにインタビュー。30代におすすめしたいオーダースーツや、おすすめの色・柄をお聞きしました。オーダースーツが気になっている30代の方は必見です。

1.30代こそオーダースーツがおすすめ。その理由とは?

30-s-recommend05

30代になるとさまざまな業務を経験し、なかには役職がついて部下を率いている方もいるのではないでしょうか。その場合、仕事面だけでなく、身だしなみや服装でも部下の手本にならないといけません。スーツが汚れていたりシワができていたり、はたまたサイズが合っていなかったりすると部下からネガティブな印象を持たれることも……。

とはいえ、どんなスーツを着ればいいのか分からない──そんな人におすすめなのが「オーダースーツ」です。スーツはサイズ感が何よりも重要なので、いくら高額なスーツでもサイズが合っていなければスタイリッシュには着こなせません。

既製品のスーツは標準体型をベースにサイジングされているので、少しでも体型にクセがあるとサイズが合わない箇所が出てくるのも当たり前。一方、オーダースーツなら自身の体型をベースにつくるので、ジャストフィットのスーツを仕立てられます。

30-s-recommend03

「既製品のスーツからオーダースーツに変えるだけで、仕事面だけでなく、服装においても部下から憧れの存在として見られるはずですよ。部下を率いる30代の方は、ぜひオーダースーツを体感してみてください」。

2.30代におすすめのオーダースーツの予算

30-s-recommend08

数万円から100万円以上もするものまで、オーダースーツの値段はじつにさまざま。値段だけが基準になるわけではありませんが、石井さんいわく「30代の方がスーツをオーダーするなら6万〜7万円が目安になります」とのこと。

オーダースーツは大きくふたつの要素によって値段が変わってきます。ひとつは仕立て方で、もうひとつが生地の違い。オーダースーツの仕立て方は大きく「フルオーダー」「イージーオーダー」「パターンオーダー」の3つに分類されます。

semiorder-suit02

「フルオーダー」は一から型紙を作って仕立てるので工程も多く、それに伴って値段も高額になります。一方、「イージーオーダー」と「パターンオーダー」はサンプルのスーツをベースに仕立てるので、価格を抑えられるのがメリットです。それぞれメリットとデメリットがあります。詳しくは「【スーツ】パターンオーダー・イージーオーダー・フルオーダーの違いは?メリットやデメリットも解説!」で紹介していますので、合わせてご確認ください。

FT-yurakucho16

次に生地について。スーツに用いられるのはウールやポリエステルなど素材もさまざま。また、ストレッチや防シワなどさまざまな機能があります。生地によって素材や機能は異なり、それによって値段も変わってきます。

3.30代におすすめのオーダースーツの色・柄

スーツにはさまざまな色・柄があり、それぞれ与える印象は大きく異なります。ビジネスで定番の色といったらやはりネイビーとグレー。30代のビジネスパーソンには、どんな色・柄のオーダースーツがおすすめなのでしょうか。

30-s-recommend06

「30代の方におすすめはネイビーの無地。ビジネスの定番の色・柄なので、どんなシーンでも着用できますからね。『ネイビー無地はすでに持っている』という方には、ストライプをおすすめすることもあります。ただ、職業にもよりますが、線が太いストライプだと悪目立ちしてしまうこともあるので、なるべく線が細く、柄の主張が控えめなストライプをおすすめすることが多いですね」。

なかには、「せっかくスーツをオーダーするなら、定番とは違う色・柄にチャレンジしたい」という方もいらっしゃるかもしれません。しかしオーダースーツなら、定番の色・柄でも他と差別化ができるとのこと。いったい、どういうことでしょうか。

30-s-recommend09

「オーダースーツならサイズが合っているので、それだけでまわりから『いつもとは違う』と思ってもらえるはずです。スーツは色・柄よりもサイズ感が何よりも重要なので、色・柄で主張しなくても、サイズが合っているだけで十分に差別化できますよ。だからこそ、30代の方にはオーダースーツがおすすめなんです」。

ただ、十分な数のスーツを持っている場合、季節に合った生地のスーツを選ぶのもおすすめだそう。

30-s-recommend07

「スーツには通年用の他に、春夏用と秋冬用がありますよね。30代の方でしたら手持ちのスーツも増えてきていると思いますので、通年用ではなく、春夏用や秋冬用にチャレンジしてみるのもありだと思います。たとえば春夏にはサマースーツを着て爽やかに着飾ったり、秋冬にはフランネルなどといった温かみのある生地のスーツで季節感を取り入れてみたり。季節に合った素材のスーツを着ているだけでも、他とは違う雰囲気をまとえますよ」。

4.30代におすすめのオーダースーツ

オーダースーツ専門店「FABRIC TOKYO」にはスーツ用の生地が300近くラインアップしています。どれを選べば良いか分からないという方に向けて、30代の方におすすめのオーダースーツを石井さんに選んでもらいました。

4-1.「COOLMAX WOOL」

ウールの風合いの良さと、ポリエステルの丈夫さ、そして吸水速乾性を兼ね備えた春夏用の1着。汗をかいてもすぐに吸収し、すぐに乾かしてくれる抜群の吸湿速乾性を誇るのが特徴です

汗をかきやすい夏の時期でも1日中さらりと過ごしたい方にとくにおすすめ。季節感のある生地で暑い夏も乗り切りましょう。

4-2.「BALANCA」

起毛感のある素材なので、秋冬の季節感を楽しみたい方におすすめの1着。ウールを特殊な高密度編み機で編んでいるので、シワになりにくく型崩れもしにくいのが特です。

ジャージー素材なので伸縮性に優れているのも「BALANCA」の魅力。ふんわりとした極上の着心地で、FABRIC TOKYOのスタッフからも好評のシリーズです。

5.30代におすすめのオーダースーツのカスタマイズ

せっかくスーツをオーダーするなら、自分仕様にカスタマイズしたいところ。さまざまカスタマイズがあるなかでも、30代の方におすすめのカスタマイズを石井さんに指南してもらいました。

5-1.サイドベンツ

サイドベントの画像

ベントはジャケットの裾に仕立てられた1本、または2本の切れ込みのこと。背中の中央に1本の切れ込みが入ったデザインを「センターベント」。サイドに2本の切れ込みが入ったデザインを「サイドベンツ」。1本も切れ込みが入っていないデザインを「ノーベント」といいます。

side-benz10

左からサイドベンツ、センターベント、ノーベント

なかでも30代の方におすすめなのは「サイドベンツ」。ベントがふたつあるので、複数形の「ベンツ」と呼ばれています。

「既製品のスーツだとセンターベントが主流なんです。せっかくオーダーするなら、既製品とは少し異なった要素を取り入れたいですよね。サイドベンツはビジネスでも失礼にあたることはなく、かんたんに既製品とは異なる要素をプラスできるのでおすすめ。FABRIC TOKYOでは無料でサイドベンツにカスタマイズできますよ」。

5-2.ダブル(ブレスト)

ジャケットには大きくわけて「シングル」と「ダブル」の2種類があります。シングルはボタンの配列が1列、ダブルはボタンの配列が2列に並んでいるジャケットのことです。

suitdouble01

(左)シングル (右)ダブル

主流はシングルですが、石井さんのおすすめはダブルとのこと。なぜ30代の方にはダブルがおすすめなのでしょうか。

「まだまだダブルは少数派ですが、服装の規定が厳しくない会社に勤めている方や、ファッション感度の高い方などはビジネスでも普通にダブルを着こなしていますよ。ダブルは重厚感のあるデザインなので、30代の方ならかっこ良く着こなせるはずです。FABRIC TOKYOではプラス3,000円でダブルにカスタマイズできます」。

5-3.ワンタック

no-tuck01

タックとはパンツのウエスト部分に入っているヒダのことをいいます。タックの数に応じて、「ワンタック」や「ツータック」「ノータック」の3つに分類されます。3種類あるなかでも、石井さんがおすすめするのは「ワンタック」とのこと。その理由とは──。

no-tuck02

左からノータック、ワンタック、ツータック

「20代のころは若々しさや清涼感などといったイメージのあるノータックのパンツを履いていた方が多いと思います。ただ、20代と違って“こなれ感”みたいなものを出していきたいのが30代。そこでおすすめなのが、スーツの色・柄ではなくカスタマイズでこなれ感を出す着こなし方。ノータックではなく、ワンタックにするだけでちょっとしたこなれ感をプラスできますよ。ワンタックにする場合、裾はダブルにするのがおすすめ。タックとダブルの裾は相性がいいので、セットでカスタマイズする方が多くいらっしゃいます」。

30-s-recommend30

(左)シングル (右)ダブル

6.FABRIC TOKYOなら1着38,000円でスーツをオーダーできる

30代になると責任のある仕事を任せられ、なかにはマネジメントを任されている人もいますよね。仕事面はもちろん、身だしなみや服装においても部下の手本にならないといけません。そんな人におすすめなのがオーダースーツです。

オーダースーツならジャストフィットのサイズ感なので、それだけで既製品のスーツとは明らかに異なる雰囲気をまとえます。「いつもとなんか違う」「最近、スーツをかっこ良く着こなしている」と憧れられることもあるはずです。

オーダースーツの専門店「FABRIC TOKYO」では、工場とお客さまを直接つなげることで中間コストをカット。結果、高品質のスーツが1着38,000円からオーダー可能です。店舗で30分ほどの採寸を済ませれば、あとはECサイトからポチッとするだけ。「採寸したら買わないといけない」「長時間拘束されるのが嫌だ」などと心配する必要もなく、30代のオーダー初心者も多くお越しいただいています。お気軽にお越しください。お待ちしています。

お近くの店舗を見てみる

KEYWORDS

ダブルオーダースーツ
シェア ツイート LINEで送る