結婚式のスーツの選び方とは?マナー&おしゃれな着こなしをスーツのプロが徹底解説

この記事は約13分で読めます
目次

結婚式にお呼ばれしたけど、どんなスーツを着ていったらいいのか分からない。でも、せっかくのおめでたい席。どうせならマナーを守ったうえで、おしゃれをして結婚式に参列したい──。

こんな悩みをお持ちの人も多いのではないでしょうか。結婚式のスーツスタイルにはさまざまな決まりがあり、最低限のマナーを守らないと失礼にあたることもあります。

いざ結婚式に参列して恥をかかないために、ビジネスウェアのオーダー専門店「FABRIC TOKYO日本橋店」の鈴木悠也(すずき・ゆうや)さんに、結婚式のスーツの正しい着こなしやマナーについてインタビュー。

スーツだけでなく、シャツやネクタイ、靴、バッグにまつわるさまざまな疑問も聞いてきましたので、結婚式の服装に悩んでいる方は必見です!

1.「結婚式=黒スーツ」はもう古い!?

「どんなスーツを着て結婚式に参列すればいいのだろう」
「ブラックスーツに白いネクタイを付けていけば大丈夫かな……」

結婚式に参列するにあたって、スーツ選びに困っている人も少なくないはずです。悩みの種となっているのが「服装のカジュアル化」が関係しているのではないでしょうか。

ひと昔前までは、結婚式といえばブラックの無地スーツ(+白ネクタイ)が基本でした。

weddingsuit01

しかし最近では、ネイビーやグレーなどブラック以外のスーツを着て参列している人もいれば、無地ではなく、ストライプやチェックなどの柄物のスーツを着て参列している人もいます。

「結婚式の服装がカジュアル化しているのは、結婚式会場のカジュアル化が背景にあるんですよ」

weddingsuit200

そう話してくれたのは、おしゃれな着こなしが印象的な鈴木さん。大手のアパレル企業でスーツの販売員からキャリアをスタートし、現在は「FABRIC TOKYO日本橋店」で日々お客さまのスーツの困りごとを解決している、スーツのプロフェッショナルです。

「昔だと、結婚式はたとえば帝国ホテルなど格式の高い会場で開催されることが多かったですよね。ブラックの無地スーツはもっともフォーマルなスーツですので、これまではブラックの無地スーツを着ていけば間違いないとされていました」

weddingsuit03

「一方、最近はカジュアルなレストランやリゾート地などというように、結婚式の会場が多様化してきました。カジュアルな会場で慣例に従ってブラックスーツに白いネクタイで参列すると逆に浮いてしまいます。そういった理由もあり、スーツをはじめ結婚式の服装もカジュアル化してきてるんです」

服装がカジュアル化して自由度が高くなった反面、選択肢が多すぎてどんなスーツを着て参列すればいいのか分からない……。鈴木さん、どうすればいいでしょうか?

「難しく考えなくて大丈夫ですよ。参列する結婚式のシーンなどによってそれぞれNGのスーツがありますので、NGさえ避けた服装をしていけば、ある程度自由におしゃれを楽しめます。心配しないでくださいね」

2. 結婚式のスーツの色は黒だけ? ネイビー(紺)やグレーはNG?

ビジネスで着用されるスーツの定番カラーは、ネイビーやグレーなどのダークカラー。では、結婚式でも黒以外のスーツを着用していいのでしょうか。

ここからはシーン別のNGな着こなしをピックアップしながら、結婚式のスーツスタイルを鈴木さんに指南していただきます!

weddingsuit 203

「前提として、スーツって色や柄などの装飾品がつくとどんどんカジュアルになっていきます。逆に、何も装飾がないブラックの無地スーツが一番フォーマルなスーツなんです。なので、『ブラックの無地スーツをベースに、会場やシーンに合わせてどこまで色や柄などの装飾品を付けてOKなのか?』。これを考えながらスーツを選べば失敗することはありませんよ」

weddingsuit05

スーツは色や柄によってさまざま

 

2-1. 【シーン1】 親族の結婚式

まずはきょうだいやいとこなど、親族の結婚式に列席するときのスーツについて紹介します。

「たとえばきょうだいの場合、新郎新婦の次に参列者から見られますよね。なので、フォーマル度は高くブラックスーツが基本です。ブラックスーツにシャツやネクタイ、チーフを白(ネクタイはシルバーもOK)で揃えた着こなしがベストですね」

weddingsuit06

「もし複数人のきょうだいがいる場合は、全員で揃えた着こなしをすると横に並んでもサマになります。僕は兄弟が4人いるのですが、全員が同じブラックスーツを持っています。4人が横一列に並ぶと、すごくかっこいいですよ」

2-2. 【シーン2】上司の結婚式

親族の次にフォーマル度の高いシーンといえば、上司の結婚式に参列する場合。上司との関係性などにもよりますが、鈴木さんいわく「黒以外のスーツでもOK」とのこと。

「黒以外にも、ダークネイビー(濃紺)やチャコールグレーなど、ダークトーンのカラーのスーツでしたら問題ありません」

weddingsuit07

weddingsuit08

「無地がベターですが、上司との関係性によってはチェックのような柄物もOKです。ただ、チェックは装飾のひとつなので、無地よりもカジュアルな印象になります。そこまで目立たない同色のチェックがいいと思います。たとえば、チャコールグレーのスーツにグレーのチェック柄が織られているようなものなど。上司の結婚式となると、ほかの参列者が年上の場合が多いので、こういった細かいポイントも押さえるのは重要だと思いますよ」

weddingsuit09

「もし、『チェックがカジュアルすぎる』と不安な方は、ダブルブレスト仕様のジャケットにしたり、ベストを着てスリーピースにしたりするのもありです。スーツの色柄でフォーマル度が薄れた分、フォーマル度の高いダブルブレストやスリーピースで補ってあげる、みたいなイメージですね。ちなみにダブルブレストというのは、ボタンが2列にレイアウトされたジャケットのことを言います」

weddingsuit10

ダブルブレスト

 

「ただ、チェックのスーツを着用するなら、フォーマルなシャツを選んだほうがいいですね。結婚式などのフォーマルシーンにもよく着用される白のブロードがおすすめです。ブロードはつるっとしていて質感の柔らかい生地で織られています。スーツで少しカジュアルになった分、フォーマルなシャツを合わせるなど、全体のバランスを考えるとコーディネートしやすいですよ」

weddingsuit11

「ブロード」とは?
滑らかかつ上品な光沢で、高級感のあるシャツの代表がブロードシャツです。詳しくは「「これを選べば間違いない。メンズブロードシャツ解説」」で詳しく説明しています。合わせてご確認ください。

「一方、オックスフォードはブロードとは逆に硬めの生地で織られていて、こういうのもカジュアルになってしまうので結婚式向きではありません。また、首元にボタンがついたボタンダウンタイプのシャツも結婚式には向いていません。装飾品がなければフォーマルになるとお伝えしましたが、ボタンも装飾品ですよね。ボタンダウンはカジュアルなシャツに分類されますので、上司の結婚式など少しフォーマル度が問われる結婚式にはおすすめしません」

weddingsuit12

オックスフォード

weddingsuit13

ボタンダウン

2-3. 【シーン3】友人の結婚式

参列するシーンとして多いのが友人の結婚式。大勢の友人が集まることも多く、どうせならおしゃれをして臨みたいですよね。

親族や上司の結婚式よりもフォーマル度は低くなるものの、結婚式には変わりありません。どんな着こなしが正解なのでしょうか。教えて、鈴木さーん!

weddingsuit205

「スーツは上司の結婚式に参列する場合と同じで、ダークネイビーやチャコールグレーなどのダークカラー。基本は無地で、あまり目立たないチェックとかなら着てもOKです。ブラウン(茶色)やベージュなどカジュアルなスーツは会場によっては着用してもマナー違反ではありませんが、OKな着こなしの難易度が上がるので、避けるのがベターです」

weddingsuit31

とはいえ、友人の結婚式ならもう少しおしゃれをして参列したいもの……。そんなときは、「ネクタイやポケットチーフで遊びを取り入れるのがおすすめ」だそう。

「結婚式と言えばシルバーグレーのネクタイが主流ですが、仲の良い友人の結婚式には少しフォーマルすぎますよね。なので、ピンクやブルー、イエローなどのネクタイでカジュアルダウンすると、おしゃれも楽しめて華も添えられる。ドット柄のネクタイなどもおすすめですね。あとはポケットチーフ。白のチーフが基本ですが、柄物を取り入れるなどすると華やかさが増しますよ」

weddingsuit32

関連記事
【結婚式のネクタイ選び】周りと差をつけられる結び方や色柄のマナーとは?

「ネクタイとチーフのコーデに悩む方も多いと思うのですが、難しく考えなくて大丈夫です。というのも、スーツをコーデするときに『3色2柄』というルールがあって。コーデに使う色は3色まで、柄は2柄までにするときれいにまとまりますよ。なので、ネクタイに使われている色をもとにチーフを選べば、意外と簡単に着こなせるんです。トライしてみてくださいね」

3. 結婚式にビジネススーツはあり? なし?

weddingsuit14

普段、仕事でスーツを着る人のなかには、仕事用のスーツを着て結婚式に参列している人もいるのではないでしょうか。鈴木さんによると、「結婚式にビジネス用のスーツを着用するのは“条件付きで”あり」とのこと。気になる条件とはいったい?

「たとえばチェックなどの柄物のスーツの場合は、無地のシャツ&ネクタイを選ぶとカジュアルさが薄れて結婚式にも通用する着こなしになります。さらに、ダブルカフスのシャツやシルバーグレーのネクタイだと、よりフォーマルな装いになるのでおすすめです。FABRIC TOKYOの店舗にも『ビジネススーツで結婚式に出席したいから』と、シャツだけオーダーしに来る方がいらっしゃいますよ」

weddingsuit15

ダブルカフス

weddingsuit16

「あとは、普段のビジネス用スーツにベストをプラスしてあげるのもありですね。というのも、ベストを合わせるとフォーマルな着こなしになるんです。なので、たとえばネイビーのビジネス用スーツにネイビーやグレーのベストを追加する。そうすると、いっきにフォーマル度が高まって、ビジネス用のスーツには思えない着こなしになるんです」

weddingsuit17

関連記事
結婚式のスーツにベストはあり?なし?メリットから着こなし方までご紹介!

4. ジャケットのボタンの数は一つ? 二つ? 三つ?

ジャケットには一つボタンや二つボタン、三つボタンがあります。ボタンの数も悩みの種の一つですが、結婚式に最適なボタンの数はいくつなのでしょうか。

weddingsuit18

左から一つボタン、二つボタン、三つボタン

 

「結論としては、一つボタンか二つボタンが正解です。ボタンも装飾品の一つなので、数が増えるにつれてカジュアルになっていくんです。なので、一番フォーマルなのが一つボタン、その次が二つボタン。結婚式にはこのどちらかが良いと思います」

weddingsuit19

「三つボタンは軽快でカジュアルなイメージがあるので避けるのがベターです。ただ、なかには『段返り三つボタン』といって、一番上のボタンが襟で隠れていて、いっけん二つボタンに見える三つボタンのジャケットもあるんです。ビジネスでも兼用できるスーツが欲しいというならこの『段返り三つボタン』でもありですが、おすすめは一つボタンか二つボタンですね」

weddingsuit20

段返り三つボタン

 

関連記事
スーツのボタンの正しい留め方とは?種類によってマナーが違うので要注意!

5. 結婚式用のスーツの生地の正解は? ウール? ポリエステルでもOK?

スーツの色や柄のほかにもこだわりたいポイントがあります。それは生地です。スーツは素材によって見え方が大きく異なります。

とはいえ、普段スーツを着る人でも「そこまでこだわったことはない」という人も少なくないはず。でも、鈴木さんが詳しく解説してくれますので安心してくださいね。

「基本的にはウール100%か、ウールが混紡された生地がおすすめです。ウールは手触りが滑らかで、かつ艶があって見た目も上品なので、結婚式にはぴったりな生地です」

weddingsuit22

weddingsuit21

「ウール以外だと、たとえばポリエステルが混紡されたスーツもありますよね。ポリエステルはシワがつきにくかったり耐久性に優れていたりなど、機能性を高めるといったメリットがあります。機能性を重視するとそれに伴ってカジュアルになる傾向にあるので、結婚式に着ていくならポリエステルではなくウールのスーツがおすすめです」

6. 結婚式にビジネスバッグを持っていってもOK? NG?

結婚式当日、自宅を出るタイミングで迷いがちなのがバッグです。結婚式用にバッグを用意していない人のなかには、普段仕事で使うバッグを結婚式で使っている人もいるのではないでしょうか。では、それがOKなのか、NGなのか。鈴木さんに聞いてみましょう。

「答えはNGです。ビジネスバッグで行くと、どうしても“仕事帰り感”が出てしまうんですよね。せっかくのおめでたい席なので、仕事帰り感が出るビジネスバッグは避けるのがベターです」

weddingsuit201

「結婚式なので荷物と言ってもご祝儀や財布がメインですよね。それくらいならバッグは持たずにジャケットの内ポケットに入れてOKです。くれぐれも腰ポケットには入れないようにしてくださいね。腰ポケットに入れるとジャケットが破れる原因になるだけでなく、せっかくのスーツのきれいなシルエットが乱れてしまいますから。内ポケットでお願いします」

weddingsuit24

「もし荷物が多くてどうしてもバッグが必要な場合はクラッチバッグならOKです。その場合はナイロンなどのカジュアルな素材ではなく、フォーマルな革製のクラッチバッグを選ぶようにしてくださいね」

7. 結婚式にはどんな靴を履いていけばいい? 黒? 茶色? デザインは?

意外とおろそかになりがちなのが靴。せっかくおしゃれなスーツにシャツ、ネクタイを合わせても、靴が正しくコーディネートされていないと残念な着こなしに……。おしゃれは足元からとはよくいうものの、結婚式にはどんな靴を履いていくのが正解なのでしょうか。

「基本はブラックの革靴で、全体のコーディネートによってはダークブラウンの革靴を合わせるのがいいと思いますよ。明るいブラウンの靴を合わせる方もいらっしゃるのですが、明るいブラウンはコーディネートが難しいんです。なので、基本は黒の革靴。少し遊びを取り入れたいならダークブラウンの革靴がおすすめです」

weddingsuit202

「靴のデザインとしては、ストレートチップのプレーントゥが結婚式には適しています。ストレートチップというのは、つま先の部分に一本のラインが入ったデザインの靴のこと、プレーントゥはつま先部分に装飾が施されていないシンプルなデザインのことを言います」

スーツからシャツ、ネクタイ、チーフ、バッグ、靴にいたるまで、結婚式のトータルコーデについて説明していただき、理解が深まったところで取材はお開きに、と思ったら……

「スーツの正しい着こなしやマナーについていろいろご説明しましたが、一番大事なのはサイズだと思います。たとえば、ジャケットの着丈が短すぎてお尻がプリンって出ていたり、スラックスの太もも部分がぱつぱつで窮屈な感じになっていたり。そういうサイズ感がお好きな人もいるとは思いますが、ジャケットが短すぎるよりはお尻が9割くらい隠れる着丈にしたり、スラックスもパツパツよりは足のラインが出ないくらい余裕があってストンって落ちる太さにしたり。サイズ感に気をつけるだけで格好良く着こなしているように見えるんですよね」

weddingsuit204

「スーツって肩幅はもちろん、身幅やお腹周りのサイズなど、すべてのサイズが大事なんですよね。スーツの色や柄、シャツ、ネクタイなどの着こなしももちろん大事ですが、それよりも自分にぴったりのサイズ感のスーツを着ることのほうが大事だと思います。結婚式にはみんな同じようなスーツで参列するので、少しでも周りと差をつけたい場合はサイズ感にこだわってみてはいかがでしょうか」

まとめ

結婚式会場のカジュアル化に伴い、スーツをはじめとした服装もカジュアルな傾向になってきています。しかし、親族や上司、友人など、参列する結婚式のシーンによってマナーは異なります。カジュアル化してきたとはいえ、最低限のマナーを守らないと失礼にあたることもありますので、十分に注意してスーツ選びをするようにしてくださいね。

ビジネスウェアのオーダー専門ブランド「FABRIC TOKYO」では、結婚式に最適なスーツやシャツ、ネクタイを多数ラインナップしています。

店舗で30分〜1時間の採寸を済ませれば、あとはご自宅からネットでオーダーすることも可能。オーダースーツなら、自分にぴったりのサイズ感のスーツをつくれます。「せっかくの結婚式なので、おしゃれをして参列したい」という人は、お気軽に「FABRIC TOKYO」の店舗に足を運んでみてくださいね。お待ちしております!

KEYWORDS

ブラックスーツボタンドレスコード生地礼服インタビュージャケットネクタイ結婚式
シェア ツイート LINEで送る